「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONY SONY関連の情報 αE シリーズ カメラ 機材の噂情報・速報

ソニーは作りたいレンズがまだ何十本も存在する

日刊工業新聞の「ニュースイッチ」がソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ シニアゼネラルマネジャー・長田康行氏へのインタビュー内容を記事として発信しています。

  • もともと成長領域にあったフルサイズミラーレス市場は前年から大きく伸びている。デジタルカメラ市場全体は縮小しているが、付加価値の高い領域は拡大している。
  • 一眼レフからミラーレスへの移行が進めばミラーレス市場はまだ盛り上がるだろう。ハイエンド層の増加によりレンズ購入の増加も期待できる。あと3年はこの流れが続くのではないか。
  • 既にミラーレス用レンズは60本近くあるが、作りたいレンズはまだ何十本もある。ターゲットを的確に絞り、ユーザー拡大に繋げたい。FE200-600は予想以上の反響を得ており、初領域の製品でユーザー層が広がる感覚を強く感じた。
  • 1マウント戦略でAPS-Cサブカメラの需要は意外と大きい。
  • 現時点でレンズラインアップは多い。現在のレンズラインアップを外側へ広げるというよりは今ある領域を横方向へ広げることになるだろう。
  • 交換レンズの研究開発費は要求レベルの向上によりコストが増えている。
  • 大きなスマートフォン市場から少しでも需要を取り込めると、デジタルカメラ市場の大きな役割を果たすことが出来る。
  • 高級コンパクトデジタルカメラの需要は大きく減っていない。むしろ伸びている製品もある。

ニュースイッチ:成長のミラーレス市場狙う、ソニーが作りたいレンズたち

とのこと。

フルサイズミラーレス市場で大きなシェアを占めるソニーは既に多くのレンズをラインアップしています。しかし、まだまだ色々なレンズを計画しているようですね。「横方向へ拡大する」は今月発売した「FE 35mm F1.8」のようなレンズを投入していくことを意味しているのかもしれません。個人的には20mm F1.8や24mm F1.8などを期待したいところ。

サイト案内情報

ソニー関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-SONY, SONY関連の情報, αE シリーズ, カメラ, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.