Tamronの情報 Tamronレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 機材レビュー 管理人レビュー 解像力チャート

タムロン 24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 Model F051 徹底レビューに解像力テスト結果を追加

タムロンのフルサイズミラーレス用交換レンズ「24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 Model F051 」のレビューページに解像力テストの結果を追加しました。

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:α7 III
  • 交換レンズ:24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 Model F051
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • α7 IIIのRAWファイルを使用
  • ISO 100 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
    ・格納されたレンズプロファイルオフ
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェックしています)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証しています。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性があります。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

テスト結果

24mmで解像力チャートを撮影する場合、撮影距離は非常に短くなります。

基本的にレンズは無限遠側でパフォーマンスが高くなるため、「マクロ」と言って過言では無い撮影距離の解像力テストは非常に相性が悪い。

それにも関わらず、絞り開放から四隅まで良像を維持しています。これはなかなか凄い。

特に中央領域はα7 IIIの解像限界に突き当たっているのがハッキリと分かります。4200万画素や6100万画素のRシリーズでさらに伸びる可能性あり。

絞ってもあまり改善しませんが、F8-F11で四隅まで含めた解像性能のピークに到達。最大絞り値のF22まで絞っても良好な画質を維持しています。マクロ撮影時は被写界深度が足りないことも多々あると思うので躊躇せず絞っていけばOK。

F値 中央 周辺部 四隅
F2.8 3592 2880 2656
F4 3555 2913 2922
F5.6 3703 3120 2834
F8 3516 3373 2922
F11 3586 3307 2981
F16 3281 3157 2688
F22 2759 2670 2512

実写で確認

実写で確認すると、接写では中央と四隅で1グレードほど画質に違いがあることが分かります。これを改善するためにはF8~F11まで絞りたいところ。’(一般的な撮影距離では大きく改善します。)

歪曲収差のレビューで詳細を公開しますが、このレンズは光学的な歪曲収差が大きい。このため、RAW現像時にデジタル補正を抜くと四隅のチャートが変形しているのが分かります。

17-28mm F2.8 Di III RXDとの比較

24mm F2.8 Di IIIは絞り開放付近の周辺画質で有利。

明らかに差が出るのは絞り開放のF2.8から1段絞ったF4まで。F5.6まで絞ると17-28mmも良好な画質となるので差をあまり感じません。

レンズサイズに大きな違いは無いので、2400万画素のα7 IIIなら「17-28mm F/2.8 Di III RXD 」の解像性能でも十分。

コレ1本でF2.8 Di IIIが3本まとめて買えちゃいそうな価格差ですが、広角好きならおススメのレンズ。

17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

FE28mm F2との比較

ソニー製FEレンズの中でも比較的設計の古いFE28mm F2。中央解像性能は遜色ないものの、四隅へ向かうにつれ、タムロンとの画質差を感じます。絞って何とか追いつくのはF11と遅い。

価格差は大きく無いので、「28mm F2のボケ」を選ぶのか、「24mm F2.8の画角と解像性能と接写性能」を選ぶのかはアナタ次第。

ぼかぁ好きですよ、FE28mm F2のボケ描写。

FE 28mm F2
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

雑感

「買い方次第で3万円チョイの広角単焦点」と考えるとコストパフォーマンスの高い解像性能。

他の光学特性や仕様に欠点が無い訳では無いのですが、解像性能に関して言えばおススメの24mm。

タムロン24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 Model F051徹底レビューページはコチラ

新品・中古を探す

24mm F/2.8 Di III OSD M1:2(Model F051)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25

-Tamronの情報, Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 管理人レビュー, 解像力チャート
-,

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER