Canonレンズ Canon中・望遠レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

「RF100mm F2.8 L MACRO IS USM」レンズレビュー SAコントロール編

キヤノン「RF100mm F2.8 L MACRO IS USM」のレビュー第四弾を公開。今回はこのレンズの特徴の一つである球面収差を調整する機能「SAコントロール」について操作性と機能性をチェックしています。

まえがき

2021年4月に正式発表されたキヤノンRFシステム初となる本格的なマクロレンズ。EFマウントの「EF100mm F2.8L IS Macro USM」に相当するレンズであり、比較して「×1.4の撮影倍率」「SAコントロール」「NanoUSM駆動のフローティング構造」に対応しているのが特徴。

概要
レンズの仕様
マウント キヤノンRF 最短撮影距離 0.26m
フォーマット フルサイズ 最大撮影倍率 1.4倍
焦点距離 100mm フィルター径 67mm
レンズ構成 13群17枚 手ぶれ補正 5.0段
ハイブリッドIS
開放絞り F2.8 テレコン -
最小絞り F32 コーティング フッ素
絞り羽根 9枚
サイズ・重量など
サイズ φ81.5mm×148mm 防塵防滴 対応
重量 約730g AF NanoUSM
フローティング
その他 SAコントロールリング
付属品
レンズキャップ・ポーチ・フード

撮影倍率が1.0倍を超えるマクロレンズでAFに対応している珍しいモデル(MFレンズではいくつか存在します)。特にミラーレス用のAFレンズとしてはこのレンズとオリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」くらいでしょうか。

インナーフォーカスにはフローティング構造を採用しており、撮影距離に応じた適切な収差補正を実現。これにより、×1.4倍のマクロ撮影で収差変動を抑えた高い光学性能を期待できそうですね。
2つのフォーカスレンズ群は駆動系にナノUSMを使用。振動エネルギーを使って直進運動を実現した革新的なAFアクチュエーターであり、静止画・動画での滑らかで静かなAFを実現しているものと思われます。

操作部は従来通りのコントロールリングやフォーカスリングを搭載しつつ、新機能である「SAコントロールリング」を搭載。球面収差を調節することでピント面の滲みや後ボケの描写を変えることが出来ます。過去にニコンが「DC NIKKOR」をリリースしてから久しく新製品を見ていなかったテクノロジーであり、まさか令和の時代にミラーレス用レンズで復活するとは思っていもいませんでした。どのように機能するかは、実際にレンズを使って試してみたいと思います。

フルサイズミラーレス用の100mmマクロレンズとしては珍しく、公式三脚座に対応。別売りなうえに機能性のわりに少し高めですが、三脚座が用意されているのは嬉しいですね。

EFレンズと比べて若干のサイズ・重量増ではあるものの、小型軽量なEOS Rシステムと組み合わせることで総合的なシステムサイズは抑えられていると思われます。基本仕様が似ているものの、最短撮影距離はより短くなり、撮影倍率が向上しています。

RF100 EF100
焦点距離 100mm 100mm
レンズ構成 13群17枚 12群15枚
開放絞り F2.8 F2.8
最小絞り F32 F32
絞り羽根 9 9
最短撮影距離 0.26m 0.3m
最大撮影倍率 1.4倍 1.0倍
フィルター 67mm 67mm
サイズ φ81.5×148mm φ77.7mm×123mm
重量 730g 625g
手振れ補正 5.0段 4.0段
AF NanoUSM×2 リングUSM
エクステンダー 非対応 非対応

価格のチェック

売り出し価格はネット最安値で「163,350円」。EF100mm F2.8L IS Macro USMの売り出し価格が「113,398円」だったことを考えると1.5倍近く高価なレンズです。もちろん、×1.4の撮影倍率やSAコントロール、最新の光学設計を考慮すると避けられない値上がりかもしれませんが、これからRFシステムを導入しようとしている人は手を付けにくい価格設定と言えそうです。(ニコンやソニーの同クラスよりも高い)

このレンズに1.5倍近い価格上昇ぶんの価値があるかどうか、これからじっくりと確認してみたいと思います。

SAコントロール

操作性

外観・操作性の項目でも解説したように、このレンズは球面収差(Spherical Aberration)をコントロールすることが可能です。球面収差は主に「前後のボケ質」「ピント面のシャープネスやコントラスト」に影響する収差であり、高解像なレンズは球面収差を徹底的に補正しているレンズが多い。この場合は前後のボケ質に偏りが無く、安定した描写となる。
この収差を良好に補正した状態から敢えて収差を大きくすることで前後のボケ質に変化を付けるのがSAコントロール。
「ー」方向にリングを回転すると、後ボケが柔らかくなり、前ボケが硬くなる。
「+」方向にリングを回転すると、後ボケが硬くなり、前ボケが柔らかくなる。

SAコントロールリングはニュートラルで軽いクリックが発生する以外は無段階で滑らかに回転します。メカニカルな構造であり、収差に影響するレンズをリング操作でダイレクトに操作することが可能。

SAコントロールリングはフォーカスリングと隣接しており、不意に誤操作してしまうことがある。これを防ぐために、レンズ右側面にはSAコントロールリングの誤操作を防ぐロック機構を搭載。ロック機構はSAコントロールリングがニュートラルな状態でのみ動作します。

ブリージングの発生

SAコントロールリングを操作すると画角に大きな変化があります。

  • 「ー」方向にリングを回転すると画角が広くなります。
  • 「+」方向にリングを回転すると画角が狭くなります。

ニュートラルでピントを合わせてからSAコントロールリングを操作すると意図しない物体がフレームに入る可能性があります。

ピント面の移動

ニュートラルな状態でピントを合わせて固定。この状態でSAコントロールリングを操作したのが以下の通り。

「ー」では後ボケが柔らかくなり、「+」では前ボケが柔らかくなっているのが分かります。逆に「ー」は前ボケが硬くなり、ピント面が手前に移動したかのように錯覚してしまいます。しかし、じっくり確認してみると、ピントの芯はニュートラルな状態のピント位置で固定され、大きく移動していないように見えます。

ピント面のにじみ

「ー」「+」どちらも同程度の滲みが発生します。これと言った差はありませんが、どちらもニュートラルな状態と比べてコントラストが大幅に低下しています。

SAコントロールの影響量

後ボケ

後ボケはマイナス方向へ調整することで滑らかな質感へと変化。玉ボケを確認すると、アポダイゼーション光学素子を使ったかのようにグラデーションを描いていることが分かります。1目盛り程度で大きな変化はありませんが、2~4目盛りで徐々に影響が強くなる。
プラス方向へ調整すると縁取りを強調するようなボケ質へと変化し、特に目盛り2~4では非常に騒がしいボケ質となる。玉ボケはいわゆる「シャボン玉」と呼ばれる独特な描写となるので、これはこれで面白い。

前ボケ

基本的に後ボケとは真逆の傾向を示し、マイナス方向にリングを回転させるとボケが騒がしくなり、プラス方向に回転すると滑らかなボケとなる。目盛りごとの影響は後ボケと同様。

絞りの影響とフォーカスシフト

「ー」

前述したように、ピントの芯はニュートラルな状態と変わらない。SAコントロールリングによって前ボケが硬くなると、ぱっと見のピント位置は手前側にありますが、絞ると徐々に通常のピント位置に収束する。概ねF5.6までにSAコントロールリングの影響は解消し、F8以降で前後のボケ質差は最小限となる(ゼロではない)。

「+」

基本的に「ー」とは逆方向に作用し、絞り値ごとの影響は同じ。やはりF8以降もわずかにSAコントロールリングの影響を受ける。

解像性能への影響

SAコントロールリングを使用すると、絞り開放でピント面が低コントラストとなり、ぱっと見のピント位置が手前・奥へ移動する。絞るとF5.6までに球面収差がほぼ収束するものの、フレーム周辺部・隅の解像性能はニュートラルな状態まで戻ることは無い(最小絞り以外)。風景撮影など、全体的な解像性能を重視する場合はニュートラルで固定しておくのがおススメ(誤操作を予防するためにスイッチで固定したほうが良い)。
ただし、これはあくまでもSAコントロールリングの調整幅を目いっぱいに使った際の結果であり、ニュートラルに近いほど全体的な影響量は少なくなる。

今回のおさらい

球面収差をコントロールできる珍しいレンズですが、その特性を使いこなすには慣れが必要。「撮影距離による絶対的なボケ量」「SAコントロールによるピント面とボケ質の変化」「絞りの影響」などを考慮する必要があり、どのような仕上がりとなるのかイメージが難しい。特にEOS Rシステムのライブビューは基本的に絞り開放で動作しているため、絞りの影響を確認するには「絞りプレビュー」を使う必要があります。カメラに割り当てておくと便利ですが、個人的にレンズに割り当てるようなL-Fnボタンが欲しかったところ。

ボケ質を変化させることで、ピント面の被写体以外を表現を絞り以外で操作できるのは面白い。例えば上の写真のように前景を滑らかなボケで主張しないように調整することも出来るし、敢えて輪郭を強調することで前景に何が写っているのか分かりやすくするのも一つの手。

敢えてボケ質を硬くすることで「バブルボケ」を楽しむのも面白い。
とは言え、かなり癖の強い写真となるので、一通り楽しんだら飽きてくるはず。これは極端な使い方なので、SAコントロールに慣れてきたら「撮影距離」「絞り値」「調整量」を意識して使うと面白いかなと。

もちろん、SAコントロールを使い過ぎるとピント面のコントラストが低下しやすく、周辺の解像性能にも影響を及ぼす点には注意が必要。球面収差のコントロールについて特に魅力を感じないのであれば、右側面のロックスイッチでニュートラル固定で使うのがおススメ。

購入早見表

SAコントロールリングを使った作例

作例

関連レンズ

一眼レフ用(アダプター必須)

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
ZV-1 1万円 -2021/8/1 2021/8/16
α7 Series&レンズ 最大5万円 -2021/8/1 2021/8/16
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-, , ,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER