VILTROX レンズ 機材の噂情報・速報 海外機材情報

VILTROX AF 33mm F1.4 STM 交換レンズデータベース

2020年4月8日

【広告】オリンパス直営店でPEN-F+12mm F2レンズキットの在庫復活!

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「VILTROX 33mm F1.4 STM」の情報を収集しています。

最新情報

レンズデータ

レビュー

作例

参考サイト

購入早見表

VILTROX AF 33mm F1.4 STM
(今のところ簡易リンクです)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

レンズデータ

レンズ仕様

  • 対応フォーマット:APS-C
  • 焦点距離:33mm
  • 開放F値:F1.4
  • 9群10枚(EDレンズ1枚)
  • 電磁絞り・インナーフォーカス
  • 金属構造
  • STM駆動
  • 270g
  • ソニーE・富士フイルムX・キヤノンEF-M

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

海外の評価

Optical Limits

Viltrox AF 33mm f/1.4 XF (Fujifilm) - Review / Test Report

  • 以前に紹介した「VILTROX AF 23mm F1.4 STM」とよく似た外観のレンズだ。どちらも280ドル未満で手に入る興味深い選択肢である。
  • ビルドクオリティもAF23mm F1.4 XFと同様だ。手ごろな価格だが全体的にとても良好な作りである。
  • 金属製の大きなフォーカスリングとプラスチック製の無段階絞りリングを備えている。無段階の絞りリングは静止画で理想的な仕様とは言えないが、大きな問題では無い。
  • 金属製の花形レンズフードが付属している。
  • X-Pro3と物理的な干渉がある。
  • オートフォーカスはステッピングモーター駆動だ。高速でノイズレスな動作である。マニュアルフォーカスも通常通りバイワイヤで機能する。
  • レンズ補正用のプロファイルが格納されていないので、JPEG出力でも光学的な補正に依存している。
  • 歪曲収差は0.6%の糸巻き型だ。驚いたことにAF23mm F1.4よりも少し強めだ。劇的な収差量では無いが、目立つこともあるだろう。現像ソフトにて手動でプロファイルを適用すると完全に補正できる。
  • 周辺減光の特性は他の大口径レンズと同様だ。F1.4で0.9EVの目立つ減光が発生する。ただし、フルサイズのように2EVを超える減光では無い。F2まで絞ると緩和するが、しっかりと減光を抑え込みたい場合はF2.8まで絞りたいと感じるかもしれない。
  • 絞り開放の中央解像はとても良好だが、周辺部はソフトな描写でコントラストも低下する。F2.8まで絞ると大幅に改善し、中央の広い領域はとても良好、端や四隅も良像と言える水準だ。さらに絞っても中央は向上しないが、F5.6のピークに向かって端や四隅は改善し続ける。
    回折はF8から始まるが、中央のみ低下するだけだ。F11で全体的に低下する。
  • 像面湾曲は僅かだ。テストした個体の偏心は問題無い。
  • 倍率色収差はF1.4で平均1ピクセルを僅かに上回る程度である。絞ると少し低下する。
  • ボケはとても優れている。中央の玉ボケは美しい描写で縁取りが無く滑らかな描写だ。絞り羽根の形状はF2まで絞ると目に見える。
    口径食はハッキリと現れるが、このような大口径レンズとしては平均より良好だ。
  • 前後のボケは前景がとても滑らかだが、後景はいくらか騒がしい描写だ。
  • 軸上色収差はF1.4とF2で確認でき、F2.8で減少する。非APOレンズとしては一般的な傾向だ。

約280ドルのレンズで(完璧からは程遠い)「XF35mmF1.4 R」の半値以下だ。絞り開放の四隅は甘いが、F5.6に向かって徐々に改善する。色収差に問題は歪曲収差は僅かに目に付くかもしれない。周辺減光は目立つがこのレンズに限った問題では無い。四隅で劣化するもののボケは良好だ。ビルドクオリティは驚くほど良好でAFはノイズレスだ。

「大口径のシャープなレンズ」としては改良の余地があるものの、古くなったXF35mm F1.4 Rに代わる選択肢となるだろう。

Optical Limits:Viltrox AF 33mm f/1.4 XF (Fujifilm) - Review / Test Report

サイト案内情報

VILTROX関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-VILTROX, レンズ, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報
-,

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.