VILTROX カメラ レンズ 機材の噂情報・速報

VILTROX AF 56mm F1.4 STM 交換レンズデータベース

このページではVILTROX製ミラーレス用交換レンズ「VILTROX AF 56mm F1.4 STM」に関する情報を収集しています。

データベース

最新情報

  • 2020-09-19:VILTROXが「AF 56mm F1.4 STM」の予約販売を開始したので専用の情報収集ページを作成しました。329ドルと手ごろな価格設定ですが、富士フイルムでは社外製の貴重なF1.4中望遠AFレンズですね。国内でも需要高そう。

管理人のレビュー

レビュー

参考サイト

購入早見表

レンズデータ

レンズ仕様

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

関連記事

海外の評価

Sony Alpha Blog

Sony Alpha Blog:Viltrox 56mm F1.4 STM

  • レンズの紹介
    ・VILTROXのAPS-C用大口径レンズの1つだ。フルサイズで言うところの85mmに相当する焦点距離をカバーしている。
    ・AFに対応しており、EXIFに情報が記録される。
    ・重量:290g
    ・価格:280ユーロ
    ・絞り:F1.4-16
    ・全長:71mm
    ・フィルター:52mm
    ・絞り羽根:9枚
    ・クリックレス絞りリング
    ・最短撮影距離:0.6m
    ・レンズフード付属
    ・ステッピングモーター搭載
    ・レンズポーチ付属
    ・Micro USBポートあり
  • ビルドクオリティ
    ・レンズは総金属製でビルドクオリティはとても良好だ。
  • 携帯性
  • 操作性
    ・絞りリングはクリックレスだが、Aポジションが存在する。
    ・絞りリングのAとF16の間には弱めのクリックストップがある。誤操作でAポジションになることが多いため、もう少し抵抗量があると良かった。
    ・フォーカスリングは十分に滑らかでとても使いやすい。
  • オートフォーカス
    ・AFは高速かつ正確だ。
    ・低ノイズだが、完全に無音ではない。動画では音を拾う可能性が有る。
    ・瞳検出やトラッキングは完全に機能する。
    ・目立つブリージングは無い。
  • マニュアルフォーカス
    ・記載なし。
  • 手ぶれ補正
    ・記載なし。
  • 解像性能
    ・α6600でテストした。
    ・中央はF1.4から非常に良好だ。F2.8からF5.6で際立った性能となる。
    ・四隅は期待外れで、絞り開放は平凡、F5.6で優れた結果となる。
    ・レンズは絞り開放で一貫した性能では無いが、ポートレートで問題とはならない。全体的にとても良好な結果を得ることが出来る。
  • 像面湾曲
  • ボケ・色
    ・玉ボケは良好だ。F1.4で円形だが、F2に絞ると角ばる。
    ・等倍でチェックするとボケの縁取りが見られる。
    ・後ボケはとても良好だ。騒がしい背景でも非常に柔らかい描写となる。
    ・色表現はとても良好で自然な描写だ。ポートレート向けの暖色傾向が少し見られる。
    ・肌の色調はとても優れている。
  • 色収差
    ・とても目立つが、後処理で簡単に補正できる。
  • 球面収差
    ・記載なし。
  • 歪曲収差
    ・歪曲は僅かな糸巻き型だ。
  • 周辺減光
    ・F1.4で目に付くが、F2.8付近で解消する。
  • コマ収差
    ・記載なし。
  • 逆光耐性
    ・平凡な性能だ。
    ・絞っても明らかな光条とならない。
  • 動画
    ・シャープネス・玉ボケ・後ボケは動画でも非常に良好な結果を得られる。
    ・逆光や色収差は動画で問題となる可能性が有る。
    ・クリックレスの絞りリングは便利だ。
    ・AFは大部分の場合にうまくいくが、まれにハンチングする。
    ・フォーカスブリージングは見えない。
  • シグマ56mm F1.4 DC DNとの比較
    ・シグマはVILTROXよりも高価だ。
    ・シグマには絞りリングが無い。
    ・ビルドクオリティはVILTROX有利だが、最短撮影距離が長く、防塵防滴仕様でもない。
    ・中央のシャープネスはF1.4とF2でシグマが1グレード優れている。絞ると同程度だ。
    ・四隅はシグマがF4まで遥かに優れている。
    ・どちらもE 50mm F1.8 OSSやYN50mm F1.8 DA DSMより遥かに優れている。
    ・玉ボケはほぼ同じだ。
    ・最短撮影距離はシグマのほうが短く、大きなボケを得ることが出来る。
    ・VILTROXは少し暖色系、シグマは少し寒色系だ。
    ・シグマはコントラストが高すぎ、シャドウが暗くなりすぎる可能性がある。
    ・ポートレートはVILTROXが適している。
    ・シャープネスはシグマのほうが間違いなく優れている。
    ・どちらもAFにはいくつか問題がある。10%はミスショットがあった。
    ・どちらも歪曲収差は目立たない。
    ・色収差はVILTROXの主な弱点だ。
    ・周辺減光は同程度である。
    ・逆光耐性はシグマが少し優れている。
    ・光条はシグマ有利だ。
  • 作例集

総評

α6xxxに最適な単焦点レンズだ。中央は非常に優れたシャープネスを得ることができ、とても柔らかい後ボケと優れた玉ボケ、優れた色表現と心地よい肌のトーンが得られる。大部分の状況でAFは良好で効果的だ。VILTROX 23mm F1.4・33mm F1.4と一貫性があり、レンズサイズも統一されている。

シグマと比べて動画撮影やポートレートでの撮影に適していると言えるだろう。F1.4におけるフレーム全体のシャープネスや一貫性が必要な場合はシグマを選ぶと良い。

長所:中央の非常に良好なシャープネス・滑らかな後ボケ・良好なコントラスト・良好な玉ボケ・とても良好な色・ポートレートに適した描写・小型・良好な価格設定・優れたビルドクオリティ・フォーカスブリージングなし・クリックレスの絞りリング・歪曲収差が目立たない・同シリーズで一貫したレンズサイズ

平凡:周辺減光・四隅のシャープネス・逆光耐性・絞りリングの抵抗量・AFの稀な問題

短所:色収差が目立つ・最短撮影距離・光条・耐候性が無い

サイト案内情報

VILTROX関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-VILTROX, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER