「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SIGMAの情報 SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報

16mm F1.4 DC DN | Contemporary データベース【評価・作例】

更新日:

  • 2018.1.17:レビューにDustin Abbottを追加しました。
  • 2018.1.9:レビューにFstoppersを追加しました。
  • 2018.1.7:作例にDpreview MFTを追加しました。

データベース

管理人レビュー

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
16mm F1.4 DC DN | Contemporary SonyE 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
16mm F1.4 DC DN | Contemporary MFT 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
花形フード LH716-01(付属品) 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
FRONT CAP LCF Ⅲ 67mm 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
REAR CAP LCR Ⅱ SonyE 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
REAR CAP LCR Ⅱ MFT 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
フィルター購入早見表
プロテクト C-PL ND ソフト
X-CAP

レンズデータ

レンズ仕様

レンズ構成枚数 13群16枚
画角 (DC) 83.2°
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
最小絞り F16
最短撮影距離 25cm
最大撮影倍率 1:9.9
フィルターサイズ φ67㎜
最大径 × 長さ φ72.2mm × 92.3mm
質量 405g

MTFチャート

レンズ構成図

競合レンズ

E16mm F2.8(Sony Eマウント APS-C)

E16mm F2.8

レンズ構成 (群-枚) 5群5枚
画角 (APS-C) *1 83゚
開放絞り (F値) 2.8
最小絞り (F値) 22
絞り羽根 (枚) 7
円形絞り
最短撮影距離 (m) 0.24m
最大撮影倍率 (倍) 0.078倍
フィルター径 (mm) 49
外形寸法 最大径x長さ (mm) 62.0 mmx 22.5mm
質量 約 (g) 約67g
レンズの特徴
中央解像力 良好
ピーク F5.6ーF8
周辺解像力 絞り開放の四隅が甘い
ピーク F5.6-F8
軸上色収差  問題無し 倍率色収差 非常に目立つ
球面収差 大きな問題は無し コマ収差 良好
非点収差 目立つ 歪曲 とても良好
周辺減光  目立つ
F4以降はあまり改善しない
逆光耐性 強くない
AF 問題無し 手ぶれ補正
ボケ傾向 後ボケがやや騒がしいが、この画角としては一般的
備考  専用コンバージョンレンズ
購入早見表
楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
E 16mm F2.8 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU1
(ECU2で20mmF2.8にも対応)
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
フィッシュアイコンバーター VCL-ECF1
(ECF2で20mmF2.8にも対応)
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズフロントキャップ ALC-F49S 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズリヤキャップ ALC-R1EM 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
ソフトキャリングケース LCS-FEA1 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

16mm F2.0 ED AS UMC CS(APS-C用)

マウント 楽天市場 Amazon Yahoo KenkoTokina
16mm F2.0 ED AS UMC CS NikonF(AE) 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品情報
CanonEF 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品情報
PentaxK 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品情報
SonyA 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品情報
CanonEF-M 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品情報
Fuji X 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品情報
SonyE 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品情報
MFT 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品情報

LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.(マイクロフォーサーズ)

レンズの特徴
中央解像力  とても良好
ピーク F2.8-F5.6
周辺解像力  とても良好
ピーク F4-F5.6
軸上色収差 開放で色づきあり
1段絞れば解消
倍率色収差 良好-中程度
球面収差  問題なし コマ収差 開放で少し発生
非点収差  並 歪曲 無補正で巨大な樽型
普通は自動補正される
周辺減光
F4で解消
逆光耐性 非常に良好
AF  無音・高速 手ぶれ補正
ボケ傾向  この画角としては良好
備考  絞りリング・金属鏡筒・金属フード
購入早見表
楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
 LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. ブラック 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
 LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. シルバー 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8(マイクロフォーサーズ)

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

焦点距離 17mm(35mm判換算34mm相当)
最大口径比/最小口径比 F1.8/F22
レンズ構成 6群9枚(DSAレンズ、非球面レンズ2枚、HRレンズなど)
画角 65°
AF方式 ハイスピードイメージャAF(MSC)
最短撮影距離 0.25m
最大撮影倍率 0.08倍(35mm判換算 0.16倍)
最近接撮影範囲 216 x 162mm
絞り羽枚数 7枚(円形絞り)
フィルターサイズ Ø46mm
マウント規格 マイクロフォーサーズシステム規格
大きさ 最大径×長さ Ø57.5mm x 35.5mm
質量 120g
主な同梱品 レンズキャップ LC-46、レンズリアキャップ LR-2、取扱説明書、保証書
レンズの特徴
中央解像力  良好
ピーク F2.8-F5.6
周辺解像力  良好
ピーク F2.8-F5.6
軸上色収差 良好 倍率色収差  中程度
球面収差  問題無し コマ収差  僅かに発生
非点収差 非常に目立つ 歪曲 未補正で巨大
(通常は補正される)
周辺減光 大きい 逆光耐性 とても良好
AF  非常に高速 手ぶれ補正
ボケ傾向  この画角のレンズとしては非常に滑らか
備考 スナップショットフォーカス機構
購入早見表
楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 ブラック 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 シルバー 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
LH-48B 金属レンズフード ブラック 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
LH-48B 金属レンズフード シルバー 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

海外の評価

PhotographyBlog

  • F1.4の明るさを持ち405g、9.23センチとコンパクトなレンズである。パナソニック G9のようなカメラに良く似合う。
  • 手頃な価格だがビルドクオリティは優れている。
  • フォーカスリングの幅はとても広い。
  • オートフォーカスはとても高速だ。G9との組み合わせでは約0.10秒で合焦する。暗所でも良光でもフォーカシングは迷わなかった。ステッピングモーターによるAF駆動はとても静かなので動画撮影に適している。
  • 色収差はコントラストのある縁でかなり量が発生する。これはこのレンズにおける弱点の一つだ。
  • 周辺減光は絞り開放で僅かに発生している。F4まで絞ると解消する。
  • ボケは我々の見解でとても良好だ。
  • 中央のシャープネスはF2-F11まで高く、F16で回折の影響を受ける。隅のシャープネスは中央ほどシャープでは無く、F2.8-F11でピークの性能を享受できる。

このレンズはソニーEマウントで24mm相当の画角として、マイクロフォーサーズで32mm相当の画角となる。スタンダードな画角である35mmに近い使い勝手とF1.4の明るさ、素敵なボケ、高速で静かなAFを持ち合わせている。

中央はF2以降でとてもシャープだが、フレーム隅で許容できる結果を得るにはF2.8まで絞る必要がある。驚くべきことに30mm F1.4 DC DNと同じく絞り開放で明らかな色収差の影響を受けている。

絞り開放の描写にやや問題を抱えている。しかし、価格や明るさなどを考慮すると本レンズをオススメすることに変わりはない。

総評…4・デザイン…4.5・機能性…4・操作性…4・画質…4・VFM…4

ePHOTOzine

  • このレンズはフード無しで380gと軽い。レンズには花形フードが付属する。
  • フォーカスリングはとても滑らかに動作する。しかし、鏡筒の大部分がフォーカスリングなので誤操作する可能性がある。しかしオートフォーカスはとても静かで高速、そして正確だ。
excellent very good
中央解像 F2.8-F8 F1.4-F2,F11-F16
隅の解像 F4-F5.6 F1.4-F2.8,F8-F11
  • 明るいレンズから絞り開放は少しソフトと予想したが、このレンズの中央解像は絞り開放からF2まで非常に良好、そしてF2.8からF8までは優れた性能を発揮する。それ以降は回折の影響を受け始めるが、F11やF16でさえ非常に良好なパフォーマンスだ。隅の解像はF1.4からF2.8まで非常に良好、F4からF5.6まで優れた性能を発揮し、F8からF11まで非常に良好なパフォーマンスに戻る。
  • 色収差は絞り値全域で中央はとても抑えられている。隅は少し目立つが、最もシビアな状況以外では問題になることはまずないだろう。
  • 歪曲は-0.08%の樽型で実質的にパーフェクトだ。これは内部的に補正が入っているのかもしれないが、いずれにせよ優れている。
  • 逆光耐性はたとて太陽をフレーミングしたとしてもフレアを発生させるのは難しいほどだ。
  • ボケはとても滑らかだ。高解像レンズによくある騒がしいボケではない。

このレンズは優れた性能とお手頃な価格、そしてF1.4の明るいレンズだ。ソニーEマウント・マイクロフォーサーズマウントのどちらでも魅力的な選択肢である。

長所
  • 優れたシャープネス
  • 非常に低い色収差
  • 無視できる歪曲収差
  • 良好な価格設定
  • 明るいF1.4
  • 動画で便利な静音AF
  • 簡易防塵防滴
短所
  • 距離指標無
  • 被写界深度指標無

Lenstip

長所

  • 良好なクオリティの鏡筒
  • センセーショナルな中央画質
  • まずまずなフレーム隅の画質
  • 僅かな倍率色収差
  • 穏やかな周辺減光
  • 素敵なボケ
  • 静かで高速なAF
  • コストパフォーマンス

短所

  • 軸上色収差がやや大きすぎる
  • 球面収差が完璧に補正されていない
  • 歪曲収差が大きすぎる
  • コマ収差がマイクロフォーサーズでも目立つ
  • 目立つ非点収差

このレンズは完璧ではなく、いくつかの光学的な欠点を持っている。しかし、それらは僅かに絞るだけで解消するものが多く、画質は素早く良好となることを付け加えておく必要がある。

どちらのマウントでも解像性能は絞ることでレコードに近い性能を発揮する。このレコードはより高価なレンズで達成されている数値だ。

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」は比較して暗く、光学性能が劣り、より高価である。「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」はまだテストしていないが、価格が違い過ぎてライバルとならないだろう。さらに「E 16mm F2.8」は焦点距離こそ同じだが2段も暗いため直接の比較はできない。他のシステムで「XF16mmF1.4 R WR」と言うシグマと似た良いレンズがあるものの、2倍ほど高価である。

Artレンズの登場を期待しているが、それでも価格面での優位性は残るはずである。

  • フォーカスリングは滑らかに動作する。
  • M4/3での解像性能:
    中央:絞り開放で55lpmmであり良像の基準値を僅かに上回るにとどまる。しかし、F2まで絞ると急速に改善し83lpmmととても高い数値となる。さらにF2.8では90.2lpmmとなり、レコードに匹敵する性能だ。
    四隅:中央ほど良い状況ではなく、絞り開放で僅かに良像の基準値に達していない。さらに絞っても大きく改善はせず、良好ではあるがF5.6で65lpmmを超える数値にとどまっている。
  • ソニーEでの解像性能:
    中央:絞り開放は54lpmmと高密度のM4/3センサーと比べて僅かに劣る程度だ。良像の基準値はM4/3よりも低いため、54lpmmという数値は実写でよりシャープに見えるということだ。絞った時の傾向はM4/3用と同じであり、F2で68lpmm、F2.8で78.5lpmmとなりフォクトレンダー65mm F2に匹敵する数値となる。これには拍手喝采だ。
    四隅:M4/3と同傾向で開放は良像の基準値スレスレである。絞ると徐々に改善し、F5.6で53lpmmとなる。
  • 軸上色収差は称賛に値しないが、F2まで絞るとどちらのマウントでも解消する。
  • 倍率色収差はどちらも低い数値であり実写で問題とはならないだろう。
  • どちらのマウントでも僅かな球面収差の残存を確認した。
  • 歪曲はM4/3でー2.39%、ソニーEでー3.55%と非常に大きく、陣笠状である。
  • コマ収差はM4/3でも中程度に近い高い数値となり、さらにF2まで絞っても残存している。ソニーEマウントでも収差が大きくF2でも残存する。
  • 非点収差は我々の測定でM4/3が17.5%、ソニーEで13.1%だ。この数値はやや悪い結果だが絞ることで素早く改善する。
  • 玉ボケは玉ねぎボケと口径食の影響を受けているが重大な問題とは言えず、ボケに関して特に心配することは無いだろう。
  • 周辺減光はM4/3はとても良好で、ソニーEでも1.62段の減光だ。このカテゴリのレンズとして減光が大きすぎることはない。
  • 逆光耐性は良いとは言えないものの、レンズ構成枚数を考慮すると悪く無い性能だ。
  • オートフォーカスは静かで高速だ。ピント距離全域を0.2-0.3秒で移動する見事な結果である。しかし、α7R IIとの組み合わせではAF速度が0.5-0.7秒まで低下した。

更新履歴

  • 2018.1.3:作例にDpreview Sony Eを追加しました。
  • 2017.12.29:デジカメwatch 交換レンズレビューを参考サイトに追加しました。
  • 2017.11.30:レビューと作例を数点追加しました。
  • 2017.11.18:作例にフォトヨドバシ・KASYAPA・お写ん歩を追加しました
  • 2017.11.18:作例を数点追加しました。
  • 2017.11.9:シグマより発売日決定の公式アナウンスがありました。JANコードが公開されたので購入早見表に適用しました、キタムラでは既に4万3千円(税込)で予約開始されていますね
  • 2017.11.7:11月9日より予約販売、11月22日販売開始されるとのこと。
  • 2017.10.31:The Phoblographerをレビューに追加しました。
  • 2017.10.28:DPREVIEWにてハンズオン画像が掲載されています。やはり広角大口径だけあってデカいですねえ
  • 2017.10.24:シグマが開発中の16mm F1.4を公式発表しました。価格と発売予定は未定とのことですが、レンズ構成や仕様表は公開されているのでほぼほぼ完成しているのかもしれません。
  • 2017.10.24:画像を数点追加
  • 2017.10.23:突如として国内リークサイトがシグマの新製品について情報を発信しました。そこでひとまずページを作成し情報収集を始めました。まだ価格やマウントについての情報はありません。画像を見る限りではマイクロフォーサーズ用はあるっぽいですね。

 サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SIGMAの情報, SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報