【価格情報】BLACK FRIDAY「Amazon」「SmallRig」「PERGEAR

Panasonicレンズ Panasonic広角レンズ Panasonic関連の情報 カメラ ファームウェア レンズ 新製品情報 機材の噂情報・速報

パナソニックが「LUMIX S 35mm F1.8」「LUMIX S 18mm F1.8」を発表

パナソニックが「LUMIX S 35mm F1.8」を正式発表し、同時に「LUMIX S 18mm F1.8」の開発発表や既存レンズの手ぶれ補正強化に関するファームウェア公開を告知しています。
海外先行で正式発表されています。国内発表の段階でこのページを更新予定

LUMIX S 35mm F1.8

DPReview:Panasonic announces Lumix S 35mm F1.8 standard prime

パナソニックは、ライカ/パナソニック/シグマLマウント用のフルサイズ単焦点レンズの最新モデル、LUMIX S 35mm F1.8を発表した。

35mm F1.8は、同種の単焦点レンズシリーズ第4弾となり、24、35、50、85mm F1.8のLUMIX S単焦点レンズを選ぶことができ、すべてのレンズが同等のエルゴノミクスと寸法を共有している。パナソニックは、ジンバルに取り付けて使用する際に、バランス調整を最小限に抑えて交換できると述べている(重量は同じではない)。

35mm F1.8は、非球面レンズ3枚、EDレンズ3枚を含む9群11枚のレンズを採用。他のSレンズと同様に防塵・防滴設計となっている。9枚の絞り羽根を持ち、0.24mまでの近接撮影が可能だ。

パナソニックはまた、18mm F1.8レンズを開発中であることを発表している。超広角の焦点距離であることと、パナソニックが35mmレンズを「4本シリーズの4本目」と表現していることから、18mm F1.8がサイズ的にF1.8レンズのシリーズに収まるとは考えられない。

また、同社は動画撮影用のフルサイズ用ズームレンズ4本について、新ファームウェアで手ブレ補正の性能を向上させるとしている。70-200mm F2.8、70-200mm F4、70-300mm F4.5-5.6、24-104mm F4の4本がアップデートされる(訳注:下部にリンクを掲載)。また、24-105mm F4の新ファームウェアでは、レンズとボディ内手ぶれ補正を組み合わせた「Dual IS2」システムの効果を高め、カメラボディ「S1」「S1R」「S1H」との組み合わせで7.0EVの補正効果を実現している。

主な仕様

  • 焦点距離:35mm
  • 絞り値:F1.8-F22
  • 絞り羽根:9枚
  • レンズ構成:9群11枚 ASPH 3枚・ED 3枚
  • 最短撮影距離:0.224m
  • 最大撮影倍率:0.22倍
  • フィルター径:67mm
  • サイズ:φ73.6×82.0mm
  • 重量:295g
  • 防塵防滴:対応
  • AF:リニアモーター
  • 手ぶれ補正:-
  • その他機能:
    ・リニアMF制御に対応
  • 699.99ドル
LUMIX S 35mm F1.8
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
  キタムラで中古品を探す

ファームウェアアップデート

手ブレ補正の補正性能を向上させました。
DUAL I.S.2 補正性能 シャッター速度6.5段 → 7.5段※※DC-S1/DC-S1R/DC-S1Hに装着時 (2021年11月9日時点)CIPA規格準拠。(Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=105mm)

動画撮影時の手ブレ補正動作の安定性を向上させました。

動画撮影時の手ブレ補正動作の安定性を向上させました。

関連レンズ

関連記事

-Panasonicレンズ, Panasonic広角レンズ, Panasonic関連の情報, カメラ, ファームウェア, レンズ, 新製品情報, 機材の噂情報・速報
-