【セール情報】DXOがPureRAW2など最大50%OFF
【セール情報】Amazon BLACK FRIDAY
【ブラックフライデー特集記事】 Amazon / DXO / まとめ

Panasonicレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

LUMIX S 35mm F1.8は欠点が全体的によく抑えられている

Amateur Photographerがパナソニック「LUMIX S 35mm F1.8」のレビューを公開。大きく高価なLUMIX S Proレンズと比べて小型軽量で、手ごろな価格ながら開放からシャープで使いやすいレンズと評価しています。

Amateur Photographer:PANASONIC LUMIX S 35MM F1.8 REVIEW

外観・構造:

  • 24mm F1.8・50mm F1.8・85mm F1.8に加わる4本目のF1.8レンズだ。
  • 9群11枚構成は3枚の非球面レンズと3枚のEDガラスを使用している。
  • シンプルな外観だが、頑丈で防塵防滴仕様だ。

携帯性:

  • 他のF1.8レンズと同じサイズ・重さだ。ジンバルに搭載する際にバランスを取りやすい。

操作性:

  • キヤノンやニコン、ソニーに見られるボタンやリング、情報パネルなどは無い。
  • フォーカスリングは応答性をリニア・非リニアに切り替えることが出来る。
  • リニアなレスポンスの場合、フォーカスリングは90度から360度の中で30度ごとの調整が可能だ。
  • フォーカスリングは幅広く、適度な力で滑らかに回転する。
  • 鏡筒にAF/MFスイッチがあるものの、LUMIX Sシリーズはカメラ側で切り替えることも可能だ。

フォーカス:

  • リニアモーター駆動で高速かつ静かに動作する。
  • 大分部の状況で素早く被写体を捕捉可能だ。ただし、撮影距離が近い場合にハンチングする。このような場合にAFリミッターがあると良かった。
  • 目立つフォーカスブリージングが無い。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は非搭載だ。
  • ボディ側に手ぶれ補正があり、広角レンズであることを考えると深刻な問題ではない。

解像性能:

  • 絞り開放ではフレーム隅でシャープネスの低下が見られるが許容範囲内だ。
  • F5.6まで絞るとフレーム全体で最もシャープな結果を得ることが出来る。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • ボケは心地よい描写だが、ハイライトの縁が色収差で少し粗く見える場合がある。
  • また、フレーム隅は口径食の影響を受けて玉ボケが変形する。

色収差:

  • 良好な補正状態だが、拡大するといくつか穏やかな色収差が見られた。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 歪曲収差は補正の有無があるのか不明だが直線的だ。

周辺減光:

  • F1.8では周辺減光が見られるが、レンズ補正を適用することで緩和する。しかし、それでも解消はしない。
  • F2.8まで絞ると無視することが可能だ。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光時はフレアが発生する場合もあるが、きちんと抑えられている。

総評

パナソニックは軽量かつ頑丈で、耐候性のあるF1.8単焦点レンズを4本用意している。799ポンドのS 24mm F1.8が最も高価で、他のレンズは200ポンド以上も安い。S 24-105mm F4 Macro OIS (1,299.99ポンド)やS Pro 24-70mm F2.8 (2,149ポンド)よりも大口径な選択肢であり、合計2,406ポンドで素晴らしいレンズコレクションとなる。もちろん、すべてを購入する必要はなく、お好みの焦点距離を選ぶことが可能だ。

この新しいS 35mm F1.8は、ストリートフォトやドキュメンタリー、環境ポートレートや風景写真に最適であり、私の中では優先順位が高い。一般的な写真撮影のための「日常的な」レンズとしても最適だ。どの絞り値で撮影しても、シャープなディテールをよく捉え、光学的な欠点が全体的によく抑えられているので、躊躇なく撮影ができる。しかし、最良の結果はF2.8からF11の範囲で得られる。

比較的コンパクトなレンズなので、S35mm F1.8はパナソニックのS1やS1Rによく似合うが、より小型のS5との相性も良好だ。また、ズームレンズの半分以下の重さなので、カメラに装着してストラップで一日中持ち歩くのにも魅力的なレンズだ。

  • 長所
    ・コンパクト
    ・防塵防滴
    ・優れた画質
  • 短所
    ・手ぶれ補正なし
    ・AFリミッターなし
    ・接写時のAF

とのこと。
35mm F1.8レンズとしては少し高めですが、防塵防滴の頑丈な外装を備え、35mm F1.8では目立ちやすいフォーカスブリージングを良く抑えている模様。ソニーやキヤノンの35mm F1.8でフォーカスブリージングが目立ちやすいことを考えると、確かに動画向けと感じるレンズですね。ストロークを調整できるリニアレスポンスのMFリングにも対応しているのは便利そう。ただし、絞りリングが無いので、これはカメラ側で操作する必要があります。光学性能は全体的に欠点を潰した良好なレンズのようですね。完璧ではないものの、レンズ補正を含めて使い勝手のよいレンズに仕上がっているようです。

パナソニック LUMIX S 35mm F1.8 最新情報まとめ

LUMIX S 35mm F1.8
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
  キタムラで中古品を探す

関連レンズ

関連記事

-Panasonicレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-