Canonレンズ Canon中・望遠レンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

RF70-200mm F2.8L IS USMは優れた性能の小型軽量デザインでEFレンズに戻れなくなる

【価格情報】Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー開催中

Digital Camera Worldがキヤノン「RF70-200mm F2.8L IS USM」のレビューを掲載。テレコン非対応・高価と欠点を挙げつつ、EF版より優れた光学性能・AF・手ぶれ補正、そして小型軽量で一眼レフに戻れなくなると評価しています。

全体的にEFより優れた性能

Digital Camera World:anon RF 70-200mm f/2.8L IS USM review

  • キヤノンRF 70-200mm f/2.8L IS USMは、潜在的にEOS Rシステムの命運を左右するレンズだ。70-200mmはプロ、アマチュアを問わず必須のレンズとなっている。ポートレート、結婚式、イベント、スポーツ、アクション撮影まで、全ての状況で有用な道具となる。
    費用対効果を期待できるプロフェッショナルは、バッグに70-200mmを携帯し、ほとんどのアマチュアも、同じことを夢見ている。
  • キヤノンRF 70-200mm F2.8L IS USMは、最新EFバージョンの約2倍の価格で販売されている。
  • 長さ(70mmで)は4分の3、重さは3分の2で、EFマウントアダプターの余分な長さと重さは含まれていない。これは新しいRFレンズにとって大きな利点である。70-200mm F2.8の中では最も短いレンズだ。
  • 焦点距離70mmまでズームダウンすると、全長は146mmとなり、EF版の199mmよりもはるかに短い。200mmでEF版よりもわずかに長くなるものの、旅行時や携帯性を考慮すると、カメラバッグの中で直立することもできる、信じられないほどコンパクトな選択肢だ。
  • 重量はEF版の1,480gと比較して、1,040gである。そして、一日このレンズを持ち歩くとき大きな違いとなるはずだ。デジタル一眼レフカメラに比べて軽量なカメラボディも考慮すると特に顕著な違いとなる。
  • 手ぶれ補正は、5段分の光学式手ぶれ補正を搭載しており、EFレンズの3段分を凌駕している。
  • さらに、2つのナノUSM駆動を搭載した新しい電子式フローティングフォーカスシステムのおかげで、従来モデルの最短撮影距離「1.2m」から「70cm」へと大きく改善している。
  • 伸びるズーム方式は、レンズをコンパクトに収納するだけでなく、持ち運びも簡単だ。しかし、いくつかの重要な欠点がある。
    まず第一に見た目だ。正直に言うと、伸びるズームレンズは高価なLレンズとしてはどうなのか?
  • 第二に密閉性の問題もある。他のLレンズと同様、最上級のシーリングが施されているものの、水や微粒子が混入するのでは無いかと不安になる。
  • キヤノンは可動式インナーバレルに空気の移動を可能にするシーリングを採用し、埃や水滴の侵入を防いでいる。とは言え、可動機構が無い鏡筒と比べると危険性は高いはずだ。
  • 第三に、テレコンバーターとの互換性が無く、焦点距離を伸ばしたい人にとっては大きな欠点である。(おそらく70-200mm F4は対応するのだろう)
  • このレンズには距離指標が無い。
  • レンズフードの小窓はフィルターを操作するのに便利である。
  • フォーカスリングとズームリングの位置がEFレンズと異なり、フォーカスリングは幅が狭いことに注意する必要がある。
  • ISスイッチに3つ目の手ぶれ補正機能が追加されている。モード1は一般的な撮影用、モード2はパン撮影用、モード3は露光時のみ補正する新しい機能だ。
  • シャープネスやコントラスト、あらゆるカテゴリでEF版より僅かに優れたパフォーマンスを備えている。疑う余地はない。
  • シャープネスはF4でピークに達するが、絞りに関係なく、素晴らしい結果を得ることが可能だ。
  • オートフォーカスはEF版と比べて見違えるように速く、機敏に動作する。被写体を素早く、そして静かにロックする。フローティング方式のナノUSMはまるで忍者のようなAFだ。
  • リリース当初は前ピンに悩まされたが、ファームウェアアップデートで改善している。もし問題を感じたらファームウェアを確認してみるべきだ。改善後は他のRFレンズと同様、堅実で信頼性の高い動作である。EOS R5・R6に装着するととんでもないことになる。
  • 手ぶれ補正のパフォーマンスも本当に良好だ。EOS Rのようにボディ側の補正が無くても、一眼レフ用より遥かに安定する。200mmで利用するとすぐに違いが分かるはずだ。
  • 最短撮影距離は短くなっているが、最大撮影倍率はそれほど変わらない。これは本レンズのフォーカスブリージングが関係している。このためマクロ撮影での使い勝手は期待しない方が良い。
  • ラボテスト
    ・中央シャープネスは全ての焦点距離・絞り値で優れた結果である。F2.8の絞り開放でさえ、ズームレンジ全域で優れている。
    ・四隅は中央ほどでは無いが、ズームレンジ全域・絞り値全域で一貫して非常に良好だ。
    ・「RF24-70mm F2.8L IS USM」を完全に補完している。
    ・色収差は焦点距離が短い場合、高コントラストな領域で目立つ。135mm以上では問題とならない。
    ・歪曲収差は70mmで目立つ樽型だ。90mm以上で糸巻き型に変化するが、200mmでも大きな問題とはならない。

キヤノンRF 70-200mm F2.8L IS USMは驚異的なレンズであり、EF版よりわずかにシャープで鮮明な描写性能を備え、非インナーズーム設計のおかげで、デジタル一眼レフ版と比較して27%短く、28%短い。

費用は約100%高く、キヤノンのRFテレコンバーターとの互換性が無い点が大きな弱点だが、他の全ての点は優れている。

小型軽量設計のため、カメラバッグの中で直立収納が可能だ。、腕を痛めずに一日中振り回すのに十分なほど軽く、オートフォーカスはより高速、より静かだ。手ぶれ補正は遥かに優れている。

他のRF F2.8ズームと同様、EFレンズより全体的に優れたパフォーマンスである。EOS Rシステムのポテンシャルを引き出すのであれば、欠点は覚悟して受け入れることをおススメする。高価なレンズだが、使えば大きなEFレンズに戻りたくないと感じるはずだ。

長所:3/4短く2/3軽い・5段分の手ぶれ補正・静かで滑らかなAF

短所:非常に高価・伸びるズームレンズ・テレコン非対応

とのこと。
一眼レフ用と比べて小型軽量なレンズにも関わらず、優れた光学性能・AF・手ぶれ補正を備えたズームレンズに仕上がっているみたいですね。その反面、高価でテレコンにも非対応ですが、妥協してでも手に入れる価値がありそうです。

DCWは伸縮ズームレンズであることを指摘しており、確かに防塵防滴性がインナーズームと比べてどれほど差があるのか気になります。ただし、Lensrentalsはこのレンズを分解し、堅牢性や防塵防滴仕様を非常に高く評価しています。個性的な外観ですが、流石のLレンズと言ったところでしょうか。

EOS R5・R6の盛況ぶりを反映しているのか、2020年8月現在はやや品薄状態が続いています。今年の秋冬で使いたい場合は早めに注文しておいたほうが良いかもしれません。

RF70-200mm F2.8L IS USMの最新情報を集めるページはコチラ

RF70-200mm F2.8L IS USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

EFマウント

関連記事

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER