「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Canon中・望遠レンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報

キヤノンRF70-200mm F2.8L IS USM交換レンズデータベース

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「RF70-200mm F2.8L IS USM」の情報を収集しています。

更新履歴

データベース

RF70-200mm F2.8L IS USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

レンズデータ

レンズ仕様

 

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

EFマウント

レンズサイズ比較

海外の評

Digital Camera World

伸びるレンズだが、小型軽量

  • 一眼レフ用と異なり、望遠側にズームすると内筒が伸びる。このため、従来の70-200mm F2.8と使い勝手が異なる感じがする。
  • 正直に言うと、ズームでレンズが伸びるのは安いレンズの特徴であると思っていた。しかし、RF70-200mm F2.8Lは一眼レフ用と比べて遥かに小さく軽量だ。しかも格納時は収納性が高い。
  • EOS Rと組み合わせて使ったところ、思っていた以上に軽いレンズだった。ただし、外装の直径が大きく、望遠端で伸びる内筒は比較して直径が小さい。望遠側で内筒を手で支える場合に違和感を覚える。
  • スイッチは「AFリミッター」「手ぶれ補正」「手ぶれ補正モード」「AF/MF切替」を備えている。さらにコントロールリングも搭載している。
  • 三脚座は取り外し可能だ。
  • オートフォーカスは高速だが、瞳AF検出の精度はがっかりすることもあった。

ズーミングで内筒が伸びる機構に対する是非は永遠に紛糾するに違いない。このレンズが小型軽量で収納性に優れる点で議論の余地はないが、従来の70-200mm F2.8ユーザーの一部は拒絶反応を示すだろう。

限られた時間でのハンズオンでは瞳AFの精度で失望することもあったが、撮影したイメージには驚くものがあった。そして5段分の光学手ぶれ補正も印象的だ。このレンズをしっかりテストできる日が待ち遠しい。

長所:F2.8ズーム・素晴らしいサイズと重量・光学手ぶれ補正

短所:ズーム操作で内筒が伸びる

Digital Camera World:Hands on: Canon RF 70-200mm f/2.8L IS USM review

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.