PENTAX PENTAX APS-C最上位モデル PENTAX 一眼レフ PENTAX関連の情報 噂情報 機材の噂情報・速報

PENTAX APS-C 最上位モデル 最新情報まとめページ

このページではリコーイメージングが開発を発表しているAPS-C最上位モデルに関する最新情報・噂情報を収集しています。

参考リンク

最新情報

リコーイメージングがD FA21mm Limited・HD DA★16-50mm F2.8を開発発表

  • 中止となったCP+2020で参考展示するはずだったレンズ3本を紹介
  • D FA★85mm F1.4は50mmに次いで要望が高かった
    ・スターレンズの基準を見直し、新世代となっている
    ・開放から周辺までシャープ
    ・3枚のスーパーEDレンズ(蛍石のような色収差補正が可能な高価な特殊レンズ)
    ・望遠では珍しい凹レンズ(非常に難しいレンズ設計)
    ・後ボケを意識した球面収差(+バランスの良いボケ)
    ・最高の85mmを目指して妥協しない設計
  • D FA21mm Limite
    ・名称決まっていない
    ・D FA初のLimitedレンズ
    ・FAlimitedユーザーが多く違う焦点距離のレンズを出したかった
    ・スナップ撮影に適した超広角=21mm
    ・DCモーター駆動
    ・WR
    ・かぶせ式レンズキャップ
    ・アルミ削り出し鏡筒
    ・2021年を目標に開発中
    ・F4~F22?
  • HD DA★16-50mm F2.8
    ・APS-C一眼レフ用
    ・新世代基準のスターレンズ
    ・PLM=パルスモーター駆動
    ・最高レベルの標準ズームを目指す
    ・特殊レンズを贅沢に使用
    ・新型APS-Cボディにマッチするようにデザイン
    ・KAF4マウント
    ・2021年を目標に開発中
  • 新型フラッグシップAPS-Cモデル
    ・2019年9月に開発発表
    ・持てる技術を余すことなく投入
    ・光学ファインダーの見え味に拘っている(高屈折率の硝材を利用、ファインダー倍率大)
    ・ファインダー倍率 1.05倍(K-1と同等の広い視野)
    ・ファインダー下部にアイセンサーを搭載
    ・ファインダーを突出させ、鼻がモニターに当たらないように工夫
    ・PENTAX K-1と似たデザインだが、微妙にデザインが異なる
    ・駆動制御系・システムも見直している
    ・前回からジョイスティックの形状を少し見直している
    ・新開発の縦位置グリップ対応(ジョイスティック搭載)

PENTAX Kマウントレンズロードマップ

2020-1-2:新型APS-Cは夏過ぎとなる?

写真家「田中希美男」氏が、PENTAXの新型APS-C機に関するスケジュールの情報を発信しています。

とのこと。夏ごろと言った話もありましたが、少し遅くなりそうな雰囲気となってきましたね。ただし、この方の言動をどこまで信用して良いのかは悩ましいところ。個人的には話半分以下と見ておいたほうが良いでしょう。開発発表では「2020年」としか記述していませんので、あまり期待し過ぎないほうが良いかもしれません。生え抜きのPENTAXユーザーならこの程度誤差の範(略

ちなみに現行のAPS-Cは「KP」と「K-70」のみ。上位機種の操作性を備えた「K-3 II」は数年前にディスコンとなっています。遅くとも2020年には登場して欲しいところですねえ。

2019-9-20:リコーイメージングが新型PENTAX APS-C一眼レフを開発発表

リコーイメージングが開発中のAPS-C一眼レフカメラを各地で予定しているファンイベントで参考展示すると告知しました

リコーイメージング株式会社(代表取締役社長:高橋忍)は、9月21日から世界各地で順次開催を予定しているファンイベント「PENTAXミーティング 100周年スペシャル」において、現在開発中のKシリーズデジタル一眼レフカメラを参考展示いたしますのでお知らせいたします。また、東京・大阪での「PENTAXミーティング」開催後、1週間の期間限定でリコーイメージングスクエア新宿(9月23日~9月29日)、リコーイメージングスクエア大阪(9月29日~10月5日)においても参考展示をおこないます。

参考展示製品の概要

●デジタル一眼レフカメラ

製品名:未定

  • ・APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載した当社Kマウントデジタル一眼レフカメラの最上位モデル
  • ・発売時期:2020年中をターゲットに開発中
  • ・価格:未定

※上記製品の仕様・外観等は最終決定ではありません。

ついに新型PENTAX APS-C一眼レフが開発発表されましたね。外観や操作性は現行のフルサイズ一眼レフ「PENTAX K-1 Mark II」と似ていますが、新しくAFジョイスティックのようなものが追加されています。スマートファンクションも健在(追記:ファンクションダイヤルだったダイヤルはLVボタンや動画レバーの代わりとなる模様)で、前後の赤外線受光部も確認できますね。

背面モニタは今まで通り固定式らしく、K-1のようにフレキシブルチルトは採用していない模様。個人的にあのモニタ使いやすくて気に入っているのですが、さすがに小型APS-Cでは採用が難しかったのでしょうか?(まだ開発段階なので、最終的に可動機構が備わるかもしれませんが)

同社のコンパクトデジタルカメラ「RICOH GR III」はインターフェースを大きく改修して、非常にレスポンスの良いタッチパネルシステムを導入しています。同じように新型APS-Cにもタッチ操作が導入されると良いですねえ。従来機と比べて飛躍的に操作性が向上しそうです。

ただし、登場は2020年中頃とまだ先の模様。PENTAXなので期待しつつのんびり待っておいたほうが良さそうですね。

サイト案内情報

APS-C最上位モデル関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-PENTAX, PENTAX APS-C最上位モデル, PENTAX 一眼レフ, PENTAX関連の情報, 噂情報, 機材の噂情報・速報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~