【告知】10月21日 23時にソニー新製品発表会(19時に情報収集ページ開設予定)

Canonレンズ Canon広角レンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 価格情報 機材の噂情報・速報

キヤノン「RF14-35mm F4 L IS USM」正式発表

キヤノンが「RF14-35mm F4 L IS USM」を正式発表しました。2021年9月下旬発売予定、2021年7月2日10時 予約受付開始とのこと。

“RF14-35mm F4 L IS USM”は、焦点距離14mmの超広角撮影を実現し、描写性能や操作性、堅牢(けんろう)性などで最高水準の性能を追求した「L(Luxury)」レンズです。「RFレンズ」のラインアップに、ズーム全域で開放F値4の高画質と携帯性を両立した広角ズームレンズを加えることで、広角・標準・望遠からなる「F4 L IS USM ズームレンズシリーズ」としてユーザーの多様なニーズに応えます。

■ 表現の幅を広げる焦点距離14mmから35mmの広角ズームレンズ
焦点距離14mmの超広角撮影を実現しています。現行のEFレンズ(※1)と比較して焦点距離が2mm広角化することで、より広がりのある映像表現や、遠近感を強調した撮影が可能です。14mmから35mmの焦点距離をカバーすることで、風景や建築、スナップ、ポートレートなど多様な撮影シーンに対応します。

■ ズーム全域での高画質と小型・軽量を両立
「UDレンズ(※2)」2枚、「UD非球面レンズ」1枚、「ガラスモールド非球面レンズ」2枚を含む12群16枚の光学設計により、画質劣化の原因となる諸収差を低減し、ズーム全域で中心部から周辺部までの高画質を実現しています。さらに、カメラ側の電子歪曲収差補正(※3)を生かした小型・軽量設計により、全長約99.8mm、質量約540gの優れた携帯性を実現しています。

■ シャッタースピード換算で7.0段の手ブレ補正
「EOS R5」(2020年7月発売)装着時は、ボディー内の手ブレ補正機構と協調制御することで、静止画撮影時に7.0段(※4)の手ブレ補正効果を実現し、動画撮影時も高い手ブレ補正効果を発揮します。また、ボディー内手ブレ補正機構を搭載していない「EOS R」(2018年10月発売)装着時も、レンズ内光学式手ブレ補正機構により5.5段(※4)の手ブレ補正効果を実現しています。

製品名 希望小売価格 発売日
RF14-35mm F4 L IS USM オープン価格 2021年9月下旬

主な仕様

  • 焦点距離:14-35mm
  • 絞り値:F4
  • 絞り羽根:F22
  • レンズ構成:12群16枚
  • 最短撮影距離:0.2m
  • 最大撮影倍率:0.38倍
  • フィルター径:77mm
  • サイズ:φ84.1mm×99.8mm
  • 重量:540g
  • 防塵防滴:対応
  • AF:ナノUSM
  • 手ぶれ補正:5.5段分
  • その他機能:-
RF14-35mm F4 L IS USM 2021年7月2日10時 予約受付開始
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

RFマウント

EFマウント

関連記事

F2.8 Lとの比較

14-35mm F4 15-35mm F2.8
レンズ構成 12群16枚 12群16枚
最短撮影距離 0.2m 0.28m
最大撮影倍率 0.15倍-0.38倍 0.21倍
絞り羽根 9枚 9枚
フィルター径 77mm 82mm
サイズ φ84.1 x 99.8mm φ88.5mm×126.8mm
重量 540g 840g

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canonレンズ, Canon広角レンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 価格情報, 機材の噂情報・速報
-