Irixレンズ カメラ レンズ 新製品情報 機材の噂情報・速報 海外機材情報

Irixが「21mm T1.5 Cine」を正式発表

Irixがシネマ向けレンズ「Irix 21mm T1.5 Cine」を正式発表しました。45mm T1.5と同じく、将来的に静止画向けのモデルも登場するかもしれませんね(特にPENTAX Kマウント用としては貴重)。

  • 1362.30ドル
  • 2022年2月上旬発売予定
  • フルサイズ対応
  • T1.5の大口径
  • 小型軽量
  • 歪曲がほとんどない
  • 防塵防滴
  • 低フォーカスブリージング
  • 7マウントに対応

DPReview:Irix releases $1,350 21mm T1.5 cine lens for 7 different camera mounts

一昨日の予告通り、光学メーカーのIrixは、フルサイズカメラシステム用の新しい21mm T1.5レンズを発表した。

Irix Cine 21mm T1.5は、超低分散レンズ4枚、高屈折率レンズ4枚、非球面レンズ2枚を含む11群15枚のレンズで構成されている。この設計により、フルサイズから1/3インチまでのセンサーに対応する43.3mmのイメージサークルを実現。開放F値はT1.5~T16、11枚羽根の絞りを採用し、最短撮影距離は30cmだ。

絞りリング、フォーカスリングともに180度の回転角を持ち、117個の歯を持つ標準的なMod 0.8 Mリングを採用しているため、ほとんどのフォローフォーカスシステムに対応している。また、雨、砂、雪、埃に強く、距離表示にはUV反応性の塗料を使用しているため、暗い場所でも見やすくなっているという。

この新しい21mm T1.5は、Arri PL、Canon EF、Canon RF、L、MFT、Nikon Z、Sony Eの各マウントカメラシステムに対応。サイズはマウントによって若干異なるが、30mm、45mm T1.5とほぼ同じサイズに設計されている。カメラを装着した際のレンズ交換が容易だ。重さも、MFTマウントの1054gからニコンZマウントの1229gまでとなっている。

キャリングポーチ、フロントキャップ、リアキャップが付属する。販売価格は、1,195ユーロ/1,350ドルを予定しており、オンラインショップおよび正規販売店で注文が可能だ。

主な仕様

  • 焦点距離:21mm
  • 透過:T1.5
  • 絞り羽根:11枚
  • レンズ構成:
  • 最短撮影距離:0.3m
  • 最大撮影倍率:
  • フィルター径:-
  • サイズ:127mm×φ95mm
  • 重量:1105g
  • 防塵防滴:対応
  • AF:-
  • 手ぶれ補正:-
  • その他機能:
    ・蛍光塗料による表示
    ・0.8mmピッチのフォローフォーカス対応

Irix関連記事

-Irixレンズ, カメラ, レンズ, 新製品情報, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報
-