Tamronレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

タムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD」はなんとか6100万画素に対応する光学性能

Mobile01がタムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD」のレビューを公開。解像性能は6100万画素のα7R IVでギリギリと言ったところでしょうか。VXD駆動のAF速度を確認できる動画も掲載しています。

Mobile01:Tamron 150-500mm f/5-6.7 Di III VC VXD(A057)評測報告|緊湊鏡身 畫質優異!

レンズの紹介:

  • タムロンは先月末にAPS-C用の11-20mm F2.8とフルサイズ用の150-500mm F5-6.7を発表した。
  • 150-500mmは比較的軽量でこんなp苦とな超望遠ズームレンズだ。

ビルドクオリティ:

  • モデルナンバーは「A057」だ。
  • ソニーEマウント専用レンズである。
  • プラスチック製の円形レンズフードが付属している。先端はゴム製カバーを装着しており、耐衝撃性やグリップ性が優れている。ただしフィルター操作窓が無いのは残念だ。
  • レンズ構成は16群25枚だ。そのうちXLD2枚、LD5枚、非球面レンズ2枚を使用している。コーティングにはBBAR-G2を、前面にはフッ素コーティングを採用している。
  • 三脚座は取り外すことが可能だ。アルカスイス仕様のクランプに対応しており、タムロンがこれを採用するのは賞賛に値する。
  • 三脚リングにはストラップを装着できる孔がある。
  • レンズは日本設計・ベトナム製造だ。

携帯性:

  • 三脚座無しで1725g、三脚座を装着すると追加で155g重くなる。
  • レンズサイズは93mm×209.6mmだ。

操作性:

  • ズームリング全域のストロークは約75度だ。150mmから500mmまで素早く操作することができる。
  • ズームリングをスライドすることで回転操作を硬くすることが出来る(フレックスズームロック)。完璧にロックされているわけでは無いが、自重落下の兆候は見られない。
  • フレックスズームロックの他に一般的なズームロック機能も搭載している。
  • 3系統に切り替えることができるAFリミッターを搭載している。

オートフォーカス:

  • アクチュエーターにはVXDと呼ばれるボイスコイルモーターを使用している。静かで高速に動作し、音は小さすぎて測定が難しいほどだ。
  • AF-S時は基本的に問題なしだ。
  • AF-C時にAFリミッターのフルレンジを使用すると少し弱く見える。
  • 最大撮影倍率は150mm時に0.32倍となる。

マニュアルフォーカス:

手ぶれ補正:

  • 超望遠レンズの必須ともいえる光学手ぶれ補正を搭載している。
  • 5段分の補正効果と言われているが、どの焦点距離で5段分の効果があるのか明記されていない。

解像性能:

  • 150mmは絞り開放から中央・端ともに非常にシャープだ。まさか6100万画素のα7R IVを使ってもF5~F11で良好なシャープネスを得られるとは思ってもいなかった。
  • 300mm~500mmのテストは陽炎の影響を受けている。曇天下でテストすることも出来たが、シャッタースピードが低下するのを避けるために晴天時にテストした。
  • (訳注:300~500mmのテスト結果は作例のみ)

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • 150mm F8で僅かに残存している。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 記載なし。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • F5からフレアが発生し、絞ると問題はより明確になる。

総評

タムロンはEマウントユーザーにとって本当に良い選択だ。今のところ、ソニーEマウントに直接対決できるレンズがなく、100-400GMも200-600Gも一長一短だ。何よりも価格でサードパーティ製レンズに勝てない!というのが本当のところである。

タムロン「150-500mm F5-6.7 Di III VC VXD」の光学性能は良好だが、実写では6100万画素ではギリギリだ。しかし、α1の5000万画素と30コマ秒連写には適しているのではないかと思う。(訳注:社外製レンズでは30コマ秒に対応していない可能性があります

AFリミッターは3段階に切り替え可能で、遠方の被写体を撮影する際にとても便利だ。また、「FLEX ZOOM LOCK」という珍しい機構により、150mmと500mm以外の数値で焦点距離を固定できるのも便利だ。この機構を他のレンズにも展開してほしい。

最後にこのレンズの接写性能について付け加えておく。 150mmの場合、最接近距離はわずか60cmで最高倍率は0.32倍だ。多くの標準ズームよりもはるかに優れている。

とのこと。
実写作例を確認する限り、150mmの光学性能は非常に優れていますが、300mmや500mmはシャープネスとコントラストが少し低下しているように見えます。6100万画素のα7R IVではちょっと苦しいと感じるかもしれません。2400万画素や4200万画素で使うのが適しているのでしょうか。自由作例を見ると、近距離の被写体では特に問題無さそうですが…。

このレンズは70-180mm F2.8と同じVXD駆動を使用しています。70-180mm F2.8ほど電光石火のAF速度ではありませんが、大部分の被写体で問題の無いフォーカス速度を実現している模様。Mobile01のように接写から無限遠まで移動するには時間がかかるので、積極的にフォーカスリミッターを使用していきたいところ。

タムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD」交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER