「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY中・望遠レンズ カメラ レンズ

ソニー FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS 交換レンズデータベース

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」の情報を収集しています。

更新履歴

  • 2019-08-29:KASYAPAが実写レビューを掲載しています。
  • 2019-07-28:レビュー・作例の参考リンクを多数追加しました。
  • 2019-07-10:Mobile01がレビューを掲載しています。
  • 2019-06-18:本日午前10時より予約販売が開始されます。
  • 2019-06-11:正式発表されました。現在ページを更新中です。

レンズデータ

管理人によるレビューはコチラ

購入早見表

レンズデータ

レンズ仕様

名称 FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS
型名 SEL200600G
レンズマウント ソニー Eマウント
対応撮像画面サイズ ●35mmフルサイズ
焦点距離(mm) 200-600
焦点距離イメージ(mm) *1 300-900
レンズ構成 (群-枚) 17-24
画角 (APS-C) *1 8°-2°40'
画角 (35mm判) 12°30'-4°10'
開放絞り (F値) 5.6-6.3
最小絞り (F値) 32-36
絞り羽根 (枚) 11
円形絞り
最短撮影距離 (m) 2.4
最大撮影倍率 (倍) 0.2
フィルター径 (mm) 95
手ブレ補正 レンズ内手ブレ補正方式
テレコンバーター (1.4x) SEL14TC
テレコンバーター (2.0x) SEL20TC
フードタイプ 丸形バヨネット式
外形寸法 最大径x長さ (mm) 111.5x318
質量 約 (g) 2115

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

海外の評価

Sony Alpha Blog

理想的な超望遠ズーム

外観・操作性

  • 当然ながらとても大きく、Eマウントで最も大きいズームレンズだ。
  • 驚いたことにレンズは全く伸びないインナーズームタイプだ。シグマやタムロンと比べて操作性・運用の面でとても有利であり、さらに鏡筒内部に砂や埃が入りにくい構造である。
  • 全体的なビルドクオリティはFE100-400GMほどでは無いが、防塵防滴仕様だ。
  • レンズ全長が長いので、カメラバッグへ収納する際はカメラから取り外す必要がある場合も考えられる。
  • レンズフードは先端のゴムカバーによってとても安定した状態で垂直に立てることが出来る。
  • ズームリングは指一本でも操作が可能だ。適度な抵抗感と滑らかさを持つ。回転角は200mmから600mmまで70度ほどだ。FE100400GMのズームリングより遥かに少ない力で操作できる。重心の変化が少ないのも特徴だ。

画質

  • シャープネスは4200万画素のα7R IIIでテストした。パフォーマンスはとても見事だ。ズームレンジ全域で隅から隅までとても優れている。
  • TC14を装着した840mmのシャープネスは絞り開放で性能が低下するものの、それ以降はマスターレンズと同等だ。フレーム端や四隅は1ランク低下する。
  • TC20を装着するとα7R III使用時はマスターレンズから中央が1ランク、四隅が2ランク低下する。α9使用時でも低下は目に付くが、結果はまだ良好だ。
  • 周辺減光は絞り開放でも目立たない。TC14装着時も僅かだ。
  • 歪曲収差は糸巻き型だ。TC14装着時は歪曲が見られない。
  • 色収差は見られない。
  • 逆光耐性はとても良好だ。
  • F16で素敵な光条が発生する。
  • 後ボケはとてもソフトで心地よい。小口径ながら玉ボケは円形だ。
  • 発色はとても良好だ。
  • 焦点距離を考えるとシャッタースピードは1/500秒を使うことが多く、日中でも600mm F6.3はISO800まで上がることがあり、曇天では25600まで上昇する。テレコンバージョンレンズを装着すると、さらにISO感度の管理が難しくなる。

AF

  • α7R IIIとの組み合わせでオートフォーカスはとても良好だ。しかし、デュアルリニアモーターのFE400mm F2.8 GMほど高速では無い。GシリーズなのでGMシリーズほどの性能は期待することは出来ない。
  • 像面位相差AFはα7R IIIでF8まで、α9でF16まで動作する。テレコンバージョンレンズを装着してもα9なら完璧に動作する。
  • TC14装着時の840mmは絞り開放でも「F9」となるのでα7R IIIでは像面位相差AFが使えない。α9の場合はテレコンの有無に関わらず優れたパフォーマンスだ。
  • α7R IIIやα7R IVはAPS-Cクロップモードを利用することで換算300-900mmのレンズとして使用することが出来る。

FE100-400mm+TC1.4との比較

  • 収納時のサイズはFE100400GMがずっと良好だ。ただし、テレコンを装着して望遠端までズームするとレンズ全長は似ている。
  • 重量はFE100400GMのほうが25%ほど軽い。
  • 価格はFE200600Gのほうが30%ほど安い。
  • FE100400GMの接写性能はクローズアップ撮影に適している。
  • TC1.4装着時の望遠端はFE200600Gより暗くなる。
  • FE200600Gはインナーズームなので操作時に必要な力が小さい。FE100400GMは指一本で操作することは出来ない。
  • 400mm時のシャープネスはFE200600Gのほうが少し良好、560mm時のシャープネスはFE200600Gのほうが明らかに良好だ。
  • ボケ質はとても似ている。
  • 300mm以上、特に500-600mmを使う場合はFE200600Gのほうが画質で優れている。唯一の欠点はレンズサイズだろう。

FE200-600mm F5.6-6.3 G OSSはこの価格帯で優れたパフォーマンスを発揮する望遠レンズであり、同クラスで初めてインナーズーム機構を採用している。

FE400mm F2.8 GM OSSやFE600mm F4 GM OSSに手が届かない大部分のユーザーにとって理想的な一本だ。インナーズームと画質の点で、FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSSより良好な結果を得ることが出来るだろう。400mm以上をあまり使わないのであればFE100-400mm F4.5-5.6 GM OSSのほうが良い。

予想外に良かったのはとてもソフトで心地よい後ボケの描写だ。超望遠の圧縮効果が相乗効果となり感動することだろう。

テレコンバージョンレンズはα9で正常に動作する。α7R IIIの場合はテレコンを使用するよりAPS-Cクロップを活用すべきである。もしくはα6400を利用しよう。

強くおススメ出来るレンズだ。

長所:優れたシャープネス・超高速AF・優れた後ボケ・インナーズーム・優れたユーザビリティ・ビルドクオリティ・玉ボケ・色収差が無い・逆光耐性・テレコン対応

:サイズが大きい・一級品のAFではない・糸巻き型歪曲・周辺減光・最短撮影距離・重量

短所:テレコン装着時の開放F値・元から暗いレンズ・玉ボケの縁撮り

Lesnumerique

光学性能も造りも良いレンズ

  • 古典的な白レンズの超望遠ズームレンズだ。仕上がりは非常に良好で欠点は見られない。頑丈で良好な操作性である。
  • ズームリングとフォーカスリングの間には一定の空間が置かれている。どちらも幅広く、良好な配置だ。操作性は素晴らしく、どちらも指一本で操作出来るが緩すぎることは無い。
  • スイッチ類やフォーカスホールドボタンの操作性も簡単であり、完璧だ。
  • レンズ前面周囲やレンズフード周囲にゴムカバーが施されているのは(このようなレンズにとって)歓迎できるポイントである。
  • 三脚リングは回転可能だがクリックストップは無い。三脚リングの取外しは不可能なので、収納や手持ち撮影時に邪魔となるかもしれない。
  • シャープネス:α7R II 4200万画素
    ・絞り開放から良好なシャープネスだ。
    ・フレーム端は中央ほどシャープでは無いが、実写ではラボテストほどの落ち込み方はしない。
    ・中央は焦点距離に関わらずシャープだ。600mm F6.3で僅かに低下するが、その差はとても小さい。最良の結果を得る場合はF8~F11まで絞ると良いだろう。
  • 歪曲収差は糸巻き型だが、実写で目に付く機会は少ないはずだ。
  • レンズフード無しの場合レンズフレアを発生させることが出来る。フレアによりコントラストが少し低下する。とは言え、このような状況は極僅かだ。色収差も同様に問題ない。
  • 周辺減光は焦点距離に関わらず発生するものの、ほとんど目立たない。
  • ボケは文句ナシどころか素晴らしい。
  • オートフォーカスについて特に不満は無い。レスポンスと駆動音の対処は大成功と言えるだろう。

長所:ビルドクオリティ・質感・光学手ぶれ補正・防塵防滴仕様・操作性・カスタマイズボタン

短所:開放F値が暗い・フレーム端が僅かに甘い・取外し不可でクリックストップの無い三脚リング

待ち望んでいたソニーFE超望遠ズームは光学性能・ビルドクオリティの両面で良好なパフォーマンスを発揮している。欠点もあるが許容範囲で妥協できるものである。注意するとしたら開放F値が暗いことのみだろう。

Mobile01

コスパ良好の超望遠ズーム

  • インナーズーム機構のため、ズーミングにより内部への小ゴミ混入の可能性を低減できる。また、全長が変わらないためレンズの重心はほぼ同じだ。
  • 全長は比較的長く、質量は比較的重い。
  • 100-400GMや70-200GMと同じようなスイッチ配置となっている。
  • 三脚座は取り外し可能だ。
  • 焦点距離は200-600mmだが、×1.4テレコンで840mmまで拡張し、×2.0テレコンで1200mmまで拡張できる。さらにAPS-Cクロップで換算1800mmの画角となる。
  • このような超望遠レンズで実写の解像性能テストは難しい。500mほど距離を取って中央と四隅にピントが合うようにしたが、暑いと陽炎で像がぼやけ、曇りの場合はシャッタースピードが低下してブレやすい。
  • 開放F値はとても暗いが、600mm F6.3はまだ十分に光量が足りている。しかし、テレコンバージョンレンズ×1.4や×2.0を装着すると状況が変わってくる。×1.4で840mm F9となり、×2.0で1200mm F13となる。当然ながらシャープネスは低下する。
  • (訳注:シャープネスにおける評価に記述はありません。実写作例を確認してください。)
  • 600mm F4 GMは400mm F2.8 GMや135mm F1.8 GMのようにXDリニアモーターを搭載している。このレンズはDDSSMを使っているが、フォーカス速度は非常に高速で基本的にGMと同等だ。経験則から言うと70-200mm F2.8 GMと同じくらいである。600mm F4 GMのような恐ろしい程に高速なスタートダッシュでは無いが、このレンズも高速かつ滑らかで静かなフォーカス駆動だ。
  • AF-C中にズーミング操作を行うと一時的にアウトフォーカスとなってしまうがすぐ復帰する。
  • 色収差の問題は見られない。
  • 開放F値がそれほど大きくないためか、周辺減光は目立たない。

600mm F4 GMや400mm F2.8 GMほどでは無いが、良好なフォーカス速度で少なくとも70-200mm F2.8 GMのようなハイエンドレンズと同等である。

インナーズーム機構を実現した唯一の超望遠ズームレンズであり、ズーミングによる小ゴミ混入の心配が少ない。

明るいレンズでは無いが、絞り開放から見栄えの良い画質だ。4200万画素のα7R IIIを使った画質テストには耐えられないが、2400万画素のα7 IIIならば全てがシャープに見えるだろう。

全体的に見てとても良好な性能でありコストパフォーマンスは良好だ。野鳥、動物、スポーツ撮影におススメのレンズである。

DPReview Hands on

Hands on

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

  • APS-Cと組み合わせることで300-900mmの画角をカバーするレンズとなる。
  • セールスポイントはズーミングによる鏡筒の伸縮が無いインナーズーム機構を採用していることだ。これは手持ち撮影でバランスを取る際に有利な方式だ。そしてズーミングによりレンズ内にゴミを吸い込む可能性を低減している。
  • 光学手ぶれ補正は3つのモードを備えている。モード1は「標準」で一般的な撮影に適しており、モード2はパン専用、モード3はダイナミックなスポーツ・アクションに最適な手ぶれ補正モードとなっている。
  • 手ぶれ補正スイッチ、フォーカスリミッタースイッチを備えている。
  • 最短撮影距離は2.4mと見事な仕様では無いが、競合他社も同程度である。
  • オートフォーカスはDDSSM駆動を採用し、一般的な光量では非常に高速でほぼ静音のAF駆動だった。
  • レンズ構成は非球面レンズ1枚、EDレンズ5枚を含む17群24枚だ。11枚の絞り羽根は絞っても円形のボケを維持している。
  • 重量は三脚無しで2.1キロとニコン・シグマ・タムロンと比べて僅かに重い。
  • GシリーズはGMasterシリーズと同程度の防塵防滴仕様では無いが、全体的に耐候性が施されている。
  • 200-600mm Gは8月に2000ドルで発売予定だ。

FE 600mm F4 GM OSS

  • FE600mm F4 GM OSSはG Masterシリーズとして妥協の無いレンズ設計となっている。
  • 600mm F4は市販されている同クラスとしては最小かつ最軽量だ。マグネシウム合金を多用した軽量構造となっている。
  • 比較的軽量だが、40.5mmドロップインフィルターと18群24枚と複雑なレンズ構成だ。これはキヤノンEF600mm F4L IS III USMの13群17枚と比べて顕著である。24枚のレンズのうち、3枚は蛍石、2枚はEDレンズだ。
  • 200-600Gと同様に11枚の絞り羽根を備えている。
  • 操作性は200-600Gと同等だ。フォーカスリングのサイズや位置も同じである。
  • 最短撮影距離は4.5mと競合レンズよりも僅かに長い。
  • デュアルXDリニアモーター駆動でピント距離全域において高速で正確なAFだ。人工照明のアリーナで×1.4テレコンを装着しても非常に良好な動作だった。
  • 8月に13,000ドルで発売予定である。

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon RFマウント RFレンズ一覧表
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-SONYレンズ, SONY中・望遠レンズ, カメラ, レンズ

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.