Tamronレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

35-150mm F/2-2.8 Di III VXDは最近使ったレンズの中では最も良い

IMAGING RESOURCEがタムロン「35-150mm F/2-2.8 Di III VXD」のレビューを公開。大きく重いレンズながら、ズーム全域でシャープな描写で、ボケも綺麗と評価。レビュワーにとってここ最近で最高のレンズとなった模様。

IMAGINGRESOURCE:Tamron 35-150mm F2-2.8 Di III VXD Hands-on Review

外観・構造:

  • 最初に気が付くのはレンズの重さだが、次に感じるのは良好なビルドクオリティである。
  • 高品質の素材で組み立てられ、摩耗耐性が向上したと言われる光沢のある黒い塗装が施されている。
  • ロック構造のある頑丈な花形レンズフードが付属する。
  • 鏡筒にはUSB-Cポートがあり、パソコンと接続することでレンズのカスタマイズやファームウェアアップデートに対応している。
  • レンズ構成は15群21枚で、そのうち3枚の非球面レンズと4枚のLDレンズを使用している。

携帯性:

  • 最初に手に取って気が付くのはレンズの重量だ。
  • 1165gの重量があり、α7R IVとの組み合わせでは少しフロントヘビーだ。
  • ズーム操作で内筒が約2インチ伸びる。

操作性:

  • ズームリングは35mmから150mmまで操作する場合に90度弱のストロークだ。正確な操作が可能で理想的なトルクで回転させることが出来る。
  • フォーカスリングはズームと比べて遥かに緩く回転する。MFでピントを合わせるのは簡単だが、もう少し抵抗感があったほうが良かった。
  • レンズにはAF/MFスイッチ、カスタムモードスイッチ、フォーカスセットボタン、ズームロックスイッチなどを搭載している。
  • 大きなレンズだが、使いやすい。

フォーカス:

  • VXD駆動のオートフォーカスは高速かつ静かで正確に動作する。
  • フォーカス性能はズーム全域、ピント全域で見事だ。
  • 35mmで0.33m、150mmで0.85mまでピントを合わせることが出来る。撮影倍率はそれほど高くないが、ポートレートには適している。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 35mmはとても良好な性能だ。F2の中央はディテールが豊富でコントラストも優れている。隅は光量落ちこそあるものの、性能は良好だ。F2.8まで絞ると中央は少し向上し、隅は光量落ちとシャープネスの良好で著しく改善する。F4~F5.6で隅から隅まで良好だ。
  • 全体的に35mmの性能は良好だ。最大の問題は歪曲収差と周辺減光だが、これらは簡単に修正することができる。F2から見事な画質だ。
  • 70mmの開放F値はF2.5だ。絞り開放から良好な中央シャープネス、隅シャープネスが得られる。F2.8まで絞ると等倍で見た際に隅のシャープネスが改善している。絞った際も35mmも同様に良好だ。
  • 100mmでF2.8とF4は見分けがほとんど付かない。F2.8から隅まで良好だ。
  • 150mmの性能も非常に良好だ。絞り開放から中央は抜群の性能で、隅は少し低下するが、まだ見事な結果である。F5.6まで絞ると隅の性能が僅かに向上する。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 心地よい描写のボケだ。自然で滑らかに見え、騒がしい描写は無い。
  • 様々な焦点距離で見栄えが良い。150mmまでズームする必要は無く、35mmでも見栄えの良いボケが得られる。

色収差:

  • 35mmの色収差補正は良好だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • ズーム全域で多少の歪曲収差が見られるものの、簡単に修正可能だ。

周辺減光:

  • 35mmの隅でいくらか周辺減光が見られる。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

作例集

総評

個人的にこのレンズを風景写真で使うのが好みだ。
ソニーEマウント用の良好なズームレンズである。タムロンが他のマウント用も提供することを願っている。最近使ったレンズの中ではベストと言える一本だ。35-150mmの焦点距離で、明るい絞り値を使うことができ、ビルドクオリティや画質も素晴らしい。悪い点はほとんどない。

  • 長所
    ・とても良好なビルドクオリティ
    ・良好な画質
    ・絞り開放からシャープ
    ・大口径
    ・幅広いズームレンジ
    ・良好なボケ
    ・良好なAF
  • 短所
    ・少し重い
    ・価格
    ・歪曲収差
    ・ソニーEマウントのみ

とのこと。
35mmの準広角から望遠150mmまでをF2-F2.8の開放F値でカバーしている面白いレンズですね。1㎏超の大きく重いレンズですが、人によっては24-70mm F2.8と70-200mm F2.8を一つにまとめることが出来るはず。

IMAGING RESOURCEのレビューではズーム全域で良好な光学性能を発揮している模様。実写を確認すると隅が少し甘いようにも見えますが、絞るとみるみる改善してゆくのが分かります。この辺りは他のレビューサイトと同じ傾向。ボケもズームレンズとしては綺麗で滑らかに見えます。ただし、ボケ描写は70-180mm F2.8に及ばないという意見もあったりするので色々と作例や写真をチェックするのがおススメ。既にソーシャルメディアやブログなどに写真が多く掲載されているので参考にしてみると良いでしょう。

タムロン35-150mm F/2-2.8 Di III VXD 最新情報まとめページ

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

-Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-