Samyangレンズ 海外の評価

AF 135mm F1.8 FEはG Masterよりも良質なボケが得られる

Dustin Abbottがサムヤン「AF 135mm F1.8」のレビューを公開。G Master比で周辺の解像性能が良く、ボケはより滑らかで柔らかい描写と高く評価しています。欠点はGM比でAF速度と逆光耐性になる模様。

Dustin Abbott:Samyang (Rokinon) AF 135mm F1.8 Review

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • 全体的なデザインはサムヤンのAFレンズ第二世代とよく似ている。
  • 外装はエンジニアリングプラスチックだ。G Masterほどではないが、高品質のレンズと感じる。
  • レンズフードは他のサムヤンレンズと比べて高級感がある。頑丈なうえ、先端には衝撃を吸収するゴムカバーを備えている。
  • 防塵防滴仕様に対応している。
  • 別売りのLens Stationでレンズのファームウェアアップデートが可能だ。しかし、将来的にレンズにUSBポートを備えて直接アップデートできるようにしてほしい。

携帯性:

  • 小さなレンズではなく、同社の50mm F1.4 IIや85mm F1.4 IIを軽く上回るサイズである。
  • FE 135mm F1.8 GMと比べて少し大きい。
  • 重量はGMよりも180g軽く、シグマのDG HSM E-mountoよりも400以上軽い。

操作性:

  • カメラ側でカスタマイズ可能なAFLボタンを搭載している。
  • 3ポジションのAFリミッターを搭載している。
  • 幅広いMFリングは独特なテクスチャを採用している。とても滑らかに微調整しやすい。
  • Lens StationでMFリングの感度を調整することが可能だ。
  • カメラを起動する前にAFLボタンを押し続けると天体撮影モードへ移行することができる。自動的に無限遠に固定され、フォーカスリングの操作で無限遠から外れるとインジケーターが赤色に点灯する。この際、AFLボタンを押すと無限遠に戻る。
  • 天体撮影モードの無限遠がずれている場合に校正することも可能だ。

フォーカス:

  • リードスクリュータイプのステッピングモーター駆動だ。XDリニアモーターのG Masterと大きく差が開くポイントである。
  •  G Masterほど高速AFではないが、大部分の状況で十分に速く、静かで正確に動作する。
  • ポートレートの撮影距離であればG Masterと使い比べて顕著な差は見られない。
  • 動画撮影でもきびきびと動作する。
  • 最短撮影距離はG Masterよりも短いが、撮影倍率は少し低い。これはフォーカスブリージが影響していると思われる。(しかしよく抑えられている)

手ぶれ補正:

解像性能:

  • F1.8から全体的に優れた性能だ。隅まで中央と同じくらいシャープである。
  • G Masterと比べて性能差はほとんどない。中央のコントラストはソニーが少し有利だが、フレーム端はサムヤンのほうが良好だ。
  • F5.6まで絞れば高解像センサーでも完璧なディテールが得られる。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 玉ボケはとても柔らかく、色づきはまったく目立たない。
  • G Masterよりも優れている領域だ。比較してクリーミーな描写で、玉ボケがより円となっている。縁取りも少し目立たない。
  • 撮影距離が長い場合でも美しい後ボケが得られる。

色収差:

  • 軸上色収差はほとんどない。
  • 倍率色収差はほとんどない。

球面収差:

歪曲収差:

  • 後処理が必要なほどの収差は残っていない。

周辺減光:

  • 軽い後処理で解消する程度の軽度な減光だ。

コマ収差:

  • コマ収差はよく抑えられている。

逆光耐性:

  • 逆光耐性は平凡だ。
  • 大きな問題はないが、光源の周囲にハロが発生し、いくらかゴーストが見られる。

作例集

総評

高いビルドクオリティと便利な機能を備え、素晴らしい画質でオートフォーカスは正確だ。AFはG Masterほどではないが、アクション撮影をしないのであればサムヤンで十分だ。おススメできるレンズである。

  • 長所
    ・防塵防滴
    ・MFリングの操作性
    ・カスタマイズ
    ・天体撮影モード
    ・効果的なAF
    ・F1.8から驚きの解像性能
    ・歪曲収差の補正
    ・色収差の補正
    ・コマ収差の補正
    ・ボケ
    ・接写性能
    ・コストパフォーマンス
  • 短所
    ・G Masterよりも遅いAF
    ・状況によってフレアが発生する

2022年にサムヤンが発表した新しい望遠レンズ。ソニー「FE135mm F1.8 GM」と比べると低価格で入手可能ですが、互角以上の解像性能とボケの光学性能を備えているようです。AF速度はG Masterと比べて見劣りするものの、動体を撮影しなければ十分と言える程度には快適である模様コストパフォーマンスの良い135mmですね。選択肢もまだまだ少ないので検討する価値がありそうです。

私もα7R Vやα7 IVと組み合わせて楽しんでいます。Dustin Abbott氏のレビューほどF1.8の解像性能は良くないと感じていますが、ひょっとしたら個体差なのかもしれません。また、ハイライトにハロが出やすいのは確かに感じており、少しアンダーで撮影するとハロが抑えられます。それでも価格を考慮すると優れた135mmrレンズと感じており、135mmレンズにそれほどお金をかけたくないのであれば面白い選択肢になるかなと。

サムヤン AF 135mm F1.8 最新情報まとめ

AF 135mm F1.8 FE
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-Samyangレンズ, 海外の評価
-,