「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Samyangレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

AF85mm F1.4 FEはポートレートレンズとしてほぼ完璧な画質【海外の評価】

Sony Alpha Blogがサムヤンの交換レンズ「AF85mm F1.4 FE」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

優れたバランスの85mm F1.4

  • サムヤンのレンズ設計は徐々に成熟しつつある。最初は手ごろな価格のマニュアルフォーカスレンズ、そして高級マニュアルフォーカスレンズ、そしてオートフォーカスや電磁絞りに対応し始めた。
  • AF50mm F1.4 FEはかなり古臭い仕様だったが、AF35mm F1.4 FEである程度改善した。しかし、AF-Cのパフォーマンスは不安定でフォーカスリングも不正確であった。その点、このAF85mm F1.4 FEはフォーカスリングの一貫性が大幅に向上している。滑らかさとトルクは以前と比べて遥かに優れている。
  • さらに防塵防滴仕様となり耐候性を獲得した。
  • ビルドクオリティはツアイスBatisシリーズを彷彿とさせるものだ。しかし、レンズ重量はGMより軽く、適度な重さを維持している。
  • 外装はアルマイト仕上げの金属鏡筒だ。指紋が付着しないわけでも無いが、それほど悪く無い。
  • 9枚羽根の絞りはF2.8まで絞ると僅かに絞りの形状が見られるが、全体的に見るとまだ円形を保っている。
  • 最大撮影倍率は85mmの中でも寄れないほうだがそれほど悪くもない。
  • オートフォーカス
    ・だいぶ改善しているが、まだ改善が必要と感じる。
    ・基本的に静かで洗練されたオートフォーカスだ。AF-Sではかなり高速だが、多くの85mmと同程度のスピードだ。
    ・AF-Cでは少しぎこちない動作となる。被写体に併せて僅かにピント面が前後する。小刻みに動くためピント面の決定が厄介となる。
    ・動画撮影ではAF35mmより遥かに良好な動作だ。
    ・タムロン28-75RXDの初期ファームと同じく近景より遠景を優先する傾向がある。
    ・瞳AFの動作は確実に向上している。F1.4を使った時でさえ成功率は素晴らしい。
    ・動物瞳AFも動作するが、人間ほどうまく動作はしない。
  • シャープネス:
    ・シャープネスとボケのバランスはとても良好だ。
    ・F1.4から中央シャープネスはとても良好、四隅も良好だ。コントラストは優れているものの抜群ではない。ポートレートレンズとしてはバランスの良い描写だ。
    ・F2まで絞ると中央が優れた性能まで向上し、四隅はコントラストが上がり周辺減光が低下する。
    ・F2.8まで絞るとフレーム全域で非常にシャープだ。
    ・F5.6で四隅のシャープネスが最適化され風景撮影で多くのディテールを得ることが出来る。
  • 実写では軸上色収差が僅かに発生するが少し絞ると完璧に解消する。そしてF2.8まで絞るとコントラストが底上げされる。また、明るいシーンの四隅では僅かに倍率色収差が見られる。
  • F1.4で中程度の周辺減光と軽度の糸巻き型歪曲が見られる。F2まで絞ると周辺減光は穏やかとなり、F2.8でさらに改善する。85mm大口径レンズとしてはかなり良好だ。
  • 逆光耐性は他のレンズと同程度だ。F11まで絞っても光条はできず、全体的にコントラストを維持している。

AF35mm F1.4 FEと同様、訴求力のあるレンズに仕上がっている。適度な重量でありながらハイクオリティな作り、完璧では無いが優れたオートフォーカス性能、ポートレートでほぼ完璧な画質、と優れたバランスだ。

オートフォーカスは改良し続けて欲しいが、今のところ瞳AFは良好に動作する。スポーツやアクションに対応できるフォーカススピードとは感じないが、一般的な撮影では十分高速で静かな動作だ。FE85mm F1.8の代わり購入候補となるF1.4レンズだ。

長所:程よい重さで美しいビルドクオリティ・耐候性・デュアルリニアモーターで多くの状況において滑らかで静かに動作する高速オートフォーカス・絞り開放から優れた中央シャープネスと良好な四隅のシャープネス・絞った時にフレーム全域でとてもシャープでハイコントラストな画質・とても僅かに抑えられた収差補正・美しいボケ描写・素晴らしい瞳AF・大きく改善したMF・コストパフォーマンス

短所:近接時のオートフォーカス・AF-Cにおける挙動・少しフレアが発生しやすい

とのこと。

全体的にSony Alpha Blogの評価と似ていますね。全体的に良好な光学性能ですが、オートフォーカスの動作が一部不安定で逆光耐性が平凡らしい。

実際にDustin Abbottの作例やFlikcrの専用ページを確認してみると個人的にはかなり魅力的な描写だと感じます。10万円以下のレンズとしてはかなりイイ感じのボケ描写ではないでしょうか。

AF85mm F1.4 FEのレビュー・作例を集めているページはコチラ

スポンサーリンク

サイト案内情報

Samyangレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Samyangレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.