「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Canon標準レンズ カメラ 海外の評価

キヤノンEF-M32mm F1.4 STMはEOS Mユーザーにとって理想的な単焦点レンズ【海外の評価】

投稿日:

PhotographyBlogがキヤノンの交換レンズ「EF-M32mm F1.4 STM」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

EOS Mユーザーにとって理想的な単焦点レンズ

  • 小型でシンプルなデザインのため、EOS Mシリーズとの相性は良好だ。他のEF-Mレンズと同じく60.9mmのレンズ直径を採用し、(訳注:EF-M単焦点レンズと同じ)フィルター径を採用している。
  • EOS Kiss Mとの組み合わせはお散歩レンズとして最適な組み合わせだ。
  • レンズに備わっているスイッチは「0.5m~∞・FULL」のフォーカスリミッターのみだ。
  • ステッピングモーター駆動のフォーカシングは素早く高速だ。とても静かだが無音ではない。
  • レンズフードは別売りだ。
  • 色収差は最小限に補正されている。コントラストが高いシーンでも色収差の発生を見つけるのは難しい。
  • 周辺減光は白い壁をF1.4で撮影するとわずかな減光が分る。一般的な被写体ではそれほど目立たないだろう。RAWでは目立つが、減光はF2まで絞るとほとんど解消する。
  • 歪曲収差はほとんど無い。
  • ボケの評価には個人差があると思うが、我々の見解としてはとても滑らかな描写に見える。
  • シャープネス:
    ・中央:F1.4でとても良好、F1.8でさらにシャープとなり、F2でさらに伸び、F4までは同程度だ。F5.6でピークを迎え、F8で低下し始めるがF11までとても良好だ。F16は見事な結果では無いが、ウェブ上やプリントサイズではまだとても良好である。
    ・端:最適なシャープねすはF5.6-F8で得ることが出来る。絞り開放や小絞りではややソフトだ。繰り返しとなるが、ディテールはとても優れている。

EF-M 32mm F1.4 STMはEOS Mユーザーにとって理想的な単焦点レンズだ。焦点距離とF1.4の大口径により様々な被写体に対応できるにも関わらず、小型軽量でジャケットのポケットに入れることも可能である。

安くは無いが、十分に検討する価値のあるレンズだ。

とのこと。

ここ最近の大口径レンズは他社を含めて高価格・高性能に舵を振り切ったようなモデルが多いですが、このレンズは比較的安く小型軽量なレンズとなっていますね。

そもそもF1.4の標準レンズが無いソニーEやフォーカス駆動装置が前時代的なフジフイルムのF1.4と比べるとと使いやすいレンズと言えるかもしれません。

実際の作例を確認しても、ボケ描写に目立った粗は無く、絞った風景写真では四隅までシャープに写っています。

EF-M32mm F1.4 STMのレビュー・作例を集めているページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

EF-M32mm F1.4 STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズフード ES-60
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

サイト案内情報

キヤノン関連ページ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canonレンズ, Canon標準レンズ, カメラ, 海外の評価