【セール情報】Amazon「ProGrade COBALT 325GB 15%オフ」「ハクバ防湿庫100L タイムセール
【予約販売開始】キヤノン「EOS R3・RF16・RF100400」ニコン「Z 40mm F2

SONYレンズ SONY広角レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニー「FE 14mm F1.8 GM」周辺減光は目立つが小型軽量で優れた光学性能の超広角レンズ

Lesnumeriquesがソニー「FE 14mm F1.8 GM」のレビューを公開。解像性能の均質性や周辺減光を指摘しつつも、優れた高性能でGMらしいビルドクオリティと評価し「究極の超広角」と記事に見出しを付けています。

Lesnumeriques:Test Objectif Sony FE 14mm F1.8 GM : le très grand-angle ultime

レンズの紹介:

  • ソニーGMレンズは散発的にしかリリースしていなかったが、どうも状況が変わったようだ。2021年以降、わずか4か月のうちにGMレンズを3本も投入している。
  • このレンズは最も広い画角をカバーしたソニー純正の単焦点レンズだ。他にも初のF1.2 GMレンズやコンパクトで最高の光学性能を備えた35mm F1.4など個性的なレンズが登場している。
  • 主なライバルはシグマ「14mm F1.8 DG HSM」となる。

ビルドクオリティ:

  • 高いビルドクオリティを備え、仕上がりに欠点は見られない。
  • 外観は24mm F1.4 GMとよく似ている。
  • レンズマウントにはリアフィルターホルダーを搭載している。
  • 出目金レンズのため円形フィルターには対応していない。

携帯性:

  • ライバルの14mm F1.8 DG HSMと比べると、比較して700gも軽く、遥かに短い全長のレンズだ。
  • 小型軽量な14mm F1.8はとても魅力的だ。
  • 24mm F1.4 DG DNと同程度のサイズ・重量だ。

操作性:

  • AF/MFスイッチのほか、カスタマイズ可能なAFLボタンを搭載。
  • 右側面には絞りリングのクリックを解除するスイッチも搭載している。
  • フォーカスリングは快適で正確に操作可能だ。

オートフォーカス:

  • フォーカスモーターは良好な応答性で静かに動作する。
  • α7R IV・α7 IIIとの組み合わせで遠距離でも近距離でも高速だ。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 他のレンズと同様に手ぶれ補正を搭載していない。

解像性能:

  • α7R IVと組み合わせてテストした。
  • 中央はとても良好な解像性能であり、GMらしい性能だ。
  • 絞り開放から良好で、回折によりF11から性能が低下する。
  • ピークはF2.8~F4の間だ。
  • 中央とフレーム端には大きな画質差が見られる。これは絞ったとしても改善しない。とは言え、超広角レンズで問題となることは少ないはずだ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • F1.8で後ボケは大きくなるが、エレガントな描写ではない。
  • 口径食と非球面レンズの影響が見られる。

色収差:

  • 他のGMレンズと比べると色収差が大きい。しかし、目立たない程度であり、画質に影響はない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 広角レンズとしては良く抑えられている。

周辺減光:

  • レンズサイズが小さい代償として周辺減光が強いようだ。我々のグラフを突き抜けてしまうほど暗い。絞ったとしても苦しい。
  • 光量落ちは補正が必須だ。内蔵レンズ補正はあまり効果的では無く、光量落ちが残る。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

最新のG Masterレンズと同様、模範的な仕上がりの外装、充実した操作性、そして何よりも小型軽量なサイズを実現している。天体写真家、風景写真家、建築家の理想的な相棒となるだろう。優れたシャープネスだが、小型軽量レンズなので均質性が欠けるのは仕方がない。しかし、周辺減光は残念だ。

シグマ「14mm F1.8 DG HSM」と比べると、携帯性の面でソニーに軍配が上がる。焦点距離を少し延ばして、より魅力的なコストパフォーマンスを求めている場合は「FE 20mm F1.8 G」が適切な選択肢となる。

  • 長所
    ・大口径
    ・防塵防滴
    ・良好なビルドクオリティ
    ・AFLボタン
    ・絞りリング(デクリック可能)
    ・優れたシャープネス
  • 短所
    ・手ぶれ補正なし
    ・顕著な光量落ち
    ・均質性の欠如
    ・ボケ

とのこと。
従来の明るい広角単焦点のサイズを考慮すると、驚くほどコンパクトサイズのレンズですね小型軽量ながらF1.8と明るく、解像性能も非常に良好である模様。画質の均質性は低いですが、14mmの画角で問題となるシーンはそこまで多く無さそうです。注意点はやはり光量落ちでしょうか。明るいレンズは強みとなりますが、周辺減光で増感する必要があるのは悩ましいところ。ノイズと光量落ち補正のバランスは要検討に見えます。

ソニー「FE 14mm F1.8 GM」交換レンズデータベース

購入早見表

関連レンズ

関連記事

レンズサイズ比較

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SONYレンズ, SONY広角レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-