「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY広角レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニーFE 24mm F1.4 GMは極めて魅力的な超広角レンズ【海外の評価】

投稿日:

ePHOTOzineがソニーの交換レンズ「FE 24mm F1.4 GM」のレビューを公開しています。

スポンサーリンク

抜群のシャープネスとボケ

  • 445gと控えめな重量でα7R IIIとの組み合わせは完璧だ。バランスが良い。
  • 全ての操作部材は滑らかに動作する。
  • ダイレクトドライブSSM(DDSSM)のフォーカス駆動は高速かつ効果的で静かだ。
  • 絞りリングのクリックストップは信じられないほど完璧だ。動作はしっかりとして正確に1/3段となる。
  • パフォーマンス:
    ・中央:F1.4からF16まで全ての絞り値でexcellentだ。
    ・端:F1.4でvery good、F2-F11までexcellent、F16でvery goodだ。
    ・超広角レンズでこれ以上の結果を出せるレンズは無いだろう。
  • 色収差は中央でほぼ完璧に補正されている。端はいくらか発生しているが、ソフトウェアで簡単に補正でき問題となるほどではない。
  • 歪曲は事実上ゼロだ。数値で言えば0.02%の糸巻き型である。(通常は樽型歪曲)
  • ボケはゴージャスで卓越した描写だ。
  • フレアは厳しい状況でさえ兆候は見られなかった。とても優れたパフォーマンスである。
  • 周辺減光は予想通りだ。F1.4でー1.9EV、F2でー1.8EV、F8で-1.6EV、F16でー1.5EVだ。

優れたレンズはいくつか存在するが、その中でもG Masterは際立っている。FE24mm F1.4 GMは非の打ち所がないパフォーマンスに加え、キヤノンと互角でニコンより遥かに安価な価格設定となっている。

サードパーティ製レンズでいくつかとても良好なレンズは存在するが、純正レンズを求めている人にとって極めて魅力的な選択肢となるはずだ。

高い期待に応えたレンズであり、エディターズチョイス賞は当然の結果である。

長所:全域で際立ったシャープネス・歪曲が無い・良く補正された色収差・高速で静かなAF・デクリック機構を持つ絞りリング・11枚羽根の玉ボケ・フォーカスロックボタン・ゴージャスなボケ・逆光耐性

短所:高価・端の色収差(補正可能)

とのこと。

光学性能で注意するポイントは大口径広角レンズらしい周辺減光と僅かな倍率色収差と言ったところでしょうか?他は完璧で特に問題点を指摘していませんね。これはePHOTOzineに限ったことでは無く、他のレビューサイトやフォトグラファーの評価を見ても同傾向となっています。

価格は2018年の最新純正レンズとしては抑えられており、光学性能を考慮すると携帯性の高さは信じられないほど。確かにエディターズチョイス賞と評価するだけのことはありそうですね。

スポンサーリンク

購入早見表

FE 24mm F1.4 GMのレビュー・作例を集めるページはコチラ

関連レンズ

サイト案内情報

ソニー関連レンズ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SONYレンズ, SONY広角レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価