SONYレンズ SONY広角レンズ カメラ レンズ 海外の評価

ソニー FE16-35mm F2.8 GM はRシリーズの高解像に耐えうるトップクラスの広角ズーム

スポンサーリンク

Digital Camera Worldがソニー製交換レンズ「FE16-35mm F2.8 GM」のレビューを掲載しています。ズームレンジ全域で一貫性のあるシャープネスや色収差補正を高く評価している模様。

  • Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS」と同じ焦点距離だがレンズが1段明るくなっている。重量は680gと大きく重い。
  • シグマやタムロンと言ったより低価格なサードパーティ製レンズと厳しい競争に直面している。
  • F4 ZAのように光学手ぶれ補正は搭載していない。しかし、α7台2世代以降はボディ内手ぶれ補正を利用可能だ。
  • GMらしい非の打ち所がないビルドクオリティだ。FE12-24mm Gと異なりレンズフードやフィルターを装着できる。
  • 11枚の絞り羽根でとても滑らかなボケを実現している。
  • 防塵防滴仕様に加えて前玉はフッ素コーティングが施されている。
  • デュアルDDSSM駆動のおかげでオートフォーカスは高速かつほぼ無音で動作する。
  • F2.8ズームらしいレンズサイズで周辺減光はとても少ない。
  • ラボテスト
    ・F2.8の絞り開放から素晴らしいシャープネスだ。高価なレンズだがそれだけの価値がある。
    ・四隅のシャープネスは中央ほどでは無いが、このタイプとしてはとてもキチンとした性能だ。
    ・色収差は測定可能な量だが、ズーム全域で無視できる程度だ。超広角ズームでこのような一貫性のある補正結果は珍しい。
    ・広角側で大きな樽型歪曲、20mmでニュートラルとなり、28mm以降で穏やかな糸巻き型歪曲へと変化する。

α7Rシリーズの高解像に耐えうる一級品のレンズだ。しかし、シグマやタムロンと言った非常に優れたサードパーティ製レンズと激しい競争に直面している。

長所:一貫して優れたパフォーマンス・フィルター装着可能

短所:高価・FE12-24mmほど広い画角ではない

Digital Camera World:Sony FE 16-35mm f/2.8 GM review

とのこと。
ソニーGMズームの中では特に肯定的な評価が多いレンズですね。設計自由度が高いミラーレス用レンズとしてプラスに働く要素が多かったのでしょうか?やや高価なレンズですが、キヤノンがさらに高価な「RF15-35mm F2.8L IS USM」を投入したので驚くほど高価という訳では無さそうです。ただし、現状でシグマ「14-24mm F2.8 DG DN」やタムロン「17-28mm F/2.8 Di III RXD」がより低価格、タムロンに至っては半値以下で手に入れることが出来るので悩ましいところ。とは言え、ソニーGMと直接競合する機能性・ズームレンジの広角ズームはまだ存在しません。ベストを尽くすのであればこのレンズを選択するには一つの手と言えるでしょう。

FE16-35mm F2.8 GM交換レンズデータベース

FE16-35mm F2.8 GM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo 直営店icon

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-SONYレンズ, SONY広角レンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER