LAOWAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

LAOWA 100mm F2.8 Ultra-Macro APOはFE90mm F2.8 Macroとほぼ同等のパフォーマンス【海外の評価】

【広告】フジヤエービックで「SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS」アウトレット82,800 円(税込)

スポンサーリンク

Sony Alpha BlogがVenus Opticsの交換レンズ「Laowa 100mm F2.8 Ultra-Macro APO」のレビューを掲載しています。

  • 100mm F2.8と典型的なマクロレンズだが、撮影倍率は「1:2」である。
  • ビルドクオリティはとても良好だ。
  • フォーカスリングは0.25mから無限遠間で120度と少し短い。個人的には「FíRIN 100mm F2.8 FE MACRO」のようにほぼ3回転もする大きな回転量が好みである。
  • フォーカスリングの回転量はわずか120度だが、しっかりとした抵抗感なので正確なフォーカシングが可能である。
  • 絞りリングはクリック感のあるタイプだ。
  • 無限遠からマクロへ移動する場合、前玉が外装内で前方へ移動する。全長が伸びることは無く、円形フィルターを装着することで”フタ”をすることが可能だ。
  • 2倍マクロレンズだが、被写界深度は非常に浅い。
  • Eマウント版に電子接点は存在しない。EXIF情報が記録されないので、「Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」のように電子接点を持ったMFレンズだと良かった。
  • シャープネス:α7R IV(6100万画素)
    ・中央:F2.8で非常に良好(Very good)、F4で優れており(Excellent)、F5.6-F8で際立った性能(Outstanding)となる。F11で非常に良好(Very good)となり、F16-F22で回折の影響を受ける。
    ・四隅:F2.8-F4で非常に良好(Very good)、F5.6-F8で優れ(Excellent)、F11で非常に良好(Very good)となり、F16-F22で回折の影響を受ける。
    ・このレンズは「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」とほぼ同等の非常に優れたレンズである。ただし、「Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」ほどでは無い。
    ・四隅のパフォーマンスは注目に値する。
  • F2.8で周辺減光が目に付く。
  • 歪曲収差は僅かな糸巻き型だ。
  • 逆光耐性は並みより少し悪い。頻繁にフレアが発生し、太陽をフレーミングするとコントラストを損失する。(ただし、トキナーのFiRiNよりは優れている)
  • 色収差はゼロに近い。
  • F16まで絞ると26本の光条を得る。
  • 発色は自然で良好だが、テストした他のマクロレンズよりもコントラストが少し低い。
  • 後ボケはとても柔らかく心地よい。
  • 玉ボケはとても良好だが…
    ・F2.8だと楕円形に変形する
    ・F4でほぼ丸くなる
    ・F5.6で完璧な円形
    ・13枚の絞り羽根を持つため玉ボケの角ばりは見られない。
  • マクロ撮影時はF4-F5.6で最適となる。残念ながら、F8まで絞ると回折によりパフォーマンスが低下し始めている。
  • トキナー「FíRIN 100mm F2.8 FE MACRO」と比べて四隅のシャープネスは遥かに優れている。中央領域で有意な差は無い。LAOWAのボケは絞っても円形を保っている。

マクロ・ポートレート、どちらでも優れた結果を発揮する。主なライバルはFíRIN 100mm F2.8 FE MACRO」だが、私はLAOWAのほうが好みだ。ベストを尽くすのであればFE 90mm F2.8 Macro G OSSVoigtländer MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mountと言った選択肢が待っている。

長所:全域で優れたシャープネス・低歪曲・色収差なし・発色・とても良好なボケ・13枚の絞り羽根・とても良好なビルドクオリティ・ピント距離表示・インナーフォーカス・2:1の撮影倍率・価格設定

:コントラスト・F2.8の周辺減光・フォーカスリングの回転量・重量とサイズ

短所:電子接点無し・光学手ぶれ補正なし

Sony Alpha Blog:Laowa 100mm F2.8 Macro

とのこと。

全体的にLenstipDustin Abbottのレビューと似たような結論に至った模様。6100万画素の超高解像センサーを搭載したα7R IVにも耐えうる非常に良好な解像性能のマクロレンズですが、逆光耐性には気を付けたほうが良さそう。キヤノンEFマウント版は電子接点付き、電磁絞りに対応しているものの、ソニーEマウントはフルマニュアル仕様なのでやや残念。その代わり、13枚の絞り羽根は魅力的と言えるかもしれません。

Laowa 100mm F2.8 Ultra-Macro APOのレビュー・作例を集めるページはコチラ

Canon EF
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
Nikon F
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
Sony FE
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

スポンサーリンク

サイト案内情報

Laowaレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
LAOWA 最大1万円 -2020/1/13 2020/1/13
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Nikon 最大4万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-LAOWAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.