LAOWAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

LAOWA CF Argus 33mm F0.95は他社よりも色収差が少なく安定した解像性能

Sony Alpha BlogがLAOWA CF Argus 33mm F0.95のレビューを公開。MF F0.95レンズとしては高価で大きく重いレンズですが、他社よりも遥かに良好な周辺解像や色収差の補正状態が強みとなる模様。

Sony Alpha Blog:Laowa Argus 33mm F0.95

レンズの紹介:

  • 記載なし。

ビルドクオリティ:

  • ビルドクオリティは良好だ。
  • 頑丈なレンズである。
  • シネレンズのような外観の角形フードが付属する。
  • 62mm径のフィルターに対応している。

携帯性:

  • APS-C用レンズとしては大きく重いレンズだ。

操作性:

  • フォーカスリングは全体で270度ほど回転する。高精度で操作可能だが、動画撮影には不便だ。
  • 絞りリングはクリックレスのため動画撮影に適している。驚いたことに最小絞りはF11だ。
  • フォーカスリング・絞りリングはどちらも十分な抵抗量で滑らかに回転する。

オートフォーカス:

  • 記載なし。

マニュアルフォーカス:

  • フォーカスブリージングはとても目立つ。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 2400万画素のα6600と組み合わせてテストした。
  • 中央は絞り開放から良好だ。F1.1まで絞ると非常に良好となり。F2.8で優れた水準まで向上する。
  • 隅は中央よりも悪く、良好な結果を得るにはF2近くまで絞る必要がある。
  • F5.6まで絞ると全体的に優れた結果を得ることが可能だ。
  • 全体的に見ると、0.95から実用的な画質だが、F1.1まで絞るとコントラストとシャープネスが既に良好となる。
  • F1.0未満のレンズで絞り開放からコントラストが良好なレンズは稀である。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 玉ボケは絞り開放からとても良好だ。
  • 後ボケはとても良好だ。大部分の状況で非常にソフトな描写である。
  • 発色は素晴らしく、とても自然な描写である。

色収差:

  • 絞り開放の色収差はとても少ない。
  • 他の F0.95レンズと比べてとても良好だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 記載なし。

周辺減光:

  • F0.95で目に付くが強すぎない。
  • F1.4まで絞ると解消する。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光耐性は絞り開放で弱いが、F11の小絞りような場面では比較的良好だ。
  • 光条はF5.6で実用的だ。

競合レンズ比較

  • APS-C 標準F0.95レンズとしてはビルドクオリティで最高だが、最も大きく重いレンズだ。そして高価である。
  • 7Artisans 25mm F0.95と比べて価格は倍だ。
  • 中央は「7Artisans 35mm F0.95」や「SPEEDMASTER 35mm F0.95 II」と同じだが、フレーム隅までの一貫性はLAOWAが遥かに良好だ。
  • 光条は7Artisansが少し良好だ。
  • 7Artisansは絞った際に芸術的なフレアが発生する。
  • 周辺減光はLAOWAが最も抑えられている。
  • 歪曲収差はどのレンズも同程度だ。
  • 12枚の絞り羽根を備えた7Artisansは最高の玉ボケだ。
  • 後ボケは全てのレンズでとても柔らかい描写だが、LAOWAと7Artisansが少し良好だ。
  • 発色はLAOWAと7Artisansが良好で、中一光学は少し劣る。
  • LAOWAは色収差が遥かに少ない。
  • ビルドクオリティはLAOWAが最も良好だが、最も重く、最も高価なレンズでもある。
  • シャープネスは中央で同程度だが、フレーム全体で見るとLAOWAが最も一貫している。
  • 逆光耐性はLAOWAが最高だが、光条がシャープで芸術的なフレアの7Artisansが重宝されることもあるだろう。

作例集

総評

LAOWA Argus 33mm F0.95はトップクラスのビルドクオリティで、APS-C用レンズとしては大きく重く、高価なF0.95レンズだ。シャープネスとコントラストは絞り開放から良好である。競合レンズよりも特にフレーム隅までの解像性能が優れており、他の選択肢よりも汎用性が高くなっている。そしてF2.8まで絞ると非常にシャープである。

  • 7Artisans 35mm F0.95:LAOWAの半値で中央のシャープネスは同程度だ。そしてボケや発色も良好で、小型軽量なレンズである。ただし、LAOWAと比べると色収差が目立ち、隅の解像性能がはるかに低い
  • SPEEDMASTER 35mm F0.95 II:悪いレンズでは無いが、隅の性能が低く、色収差が目立ち、発色はLAOWAや7Artisansほどではない。
  • 長所
    ・F0.95で良好なシャープネス
    ・とても滑らかな後ボケ
    ・F0.95からF1.4まで良好な玉ボケ
    ・F0.95から良好なコントラスト
    ・優れたビルドクオリティ
    ・優れた発色
    ・優れた動画適性
    ・滑らかなフォーカスリングと絞りリング
    ・穏やかな周辺減光
    ・優れた逆光耐性
    ・素敵な角形フード
    ・色収差が少ない
  • 平凡
    ・競合他社よりも良好な周辺・隅の画質
    ・穏やかな歪曲収差
    ・他社よりも良好
    ・中程度の色収差
    ・F1.4まで絞ると絞り羽根の角張が出始める
  • 短所
    ・重い
    ・クリックレスの絞りリング
    ・フォーカスブリージング
    ・大きすぎるフォーカスリングのストローク

とのこと。
特殊低分散レンズや非球面レンズを使用した超大口径レンズですね。APS-C用レンズとしては大きく重いものの、安定した解像性能と色収差の補正能力が魅力的なレンズとなっている模様。実写作例を見ると、確かに解像性能と色収差が競合他社よりも安定しているように見えます。使い勝手の良いF0.95レンズを探しているのであれば、面白い選択肢となるかもしれません。

登場したばかりのレンズであり、まだまだ写真を公開しているウェブサイトは少ないです。それでも、いくつかのサイトが参考となりそうな写真を公開しているので、SABのレビューと併せてチェックしておくのがおススメです。

LAOWA CF Argus 33mm F0.95 交換レンズデータベース

LAOWA CF Argus 33mm F0.95 Canon RF
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
LAOWA CF Argus 33mm F0.95 Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
LAOWA CF Argus 33mm F0.95 Fuji X
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
LAOWA CF Argus 33mm F0.95 Nikon Z
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

-LAOWAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-