Panasonicレンズ Panasonic広角レンズ カメラ レンズ

パナソニック LUMIX S 24mm F1.8は絞り開放から実用的だが隅はイマイチ

Xitekがパナソニック「LUMIX S 24mm F1.8」のレビューを公開。小型軽量で絞り開放からシャープなレンズと評価していますが、隅は絞ってもあまりパッとしない模様。

Xitek:小巧即正义 松下24mm F1.8镜头测评

ビルドクオリティ:

  • レンズには説明書・保証書・フードなどが付属している。
  • 外装はエンジニアリングプラスチックを使用している。
  • 3枚の非球面レンズ、1枚のUEDレンズ、3枚のEDレンズを含む11群12枚のレンズ構成だ。

携帯性:

  • 全長はわずか82mm、重量は310gであり、手に取るとすぐにレンズの軽さを感じた。
  • Lマウントレンズの中ではスリムなレンズであり、屋外での撮影に携帯しやすく、カメラバッグへ収納しやすい。
  • 花形レンズフードを装着しても、それほど大きくはならない。
  • LUMIX S5と組み合わせてもバランスが取れている。

操作性:

  • フォーカスリングは比較的大きく、とても滑らかに回転する。特に動画撮影に適している。
  • 鏡筒にはAF/MFスイッチのみ搭載している。全体のデザインはとてもシンプルだ。

オートフォーカス:

  • 近距離での撮影に対応している。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • F1.8の中央は許容範囲だが、フレーム端は平凡だ。
  • F2.8まで絞ると中央と端のどちらもシャープネスが改善する。
  • F4まで絞っても基本的にF2.8と同じ画質だ。
  • F5.6まで絞ると中央と端の性能がさらに向上する。
  • F5.6~F8でピークの性能を発揮する。
  • F11まで絞ると中央は僅かに低下する。
  • F1.8から実用性の高いレンズであり、より良好な結果を得たい場合は絞る必要がある。ただし、F8まで絞ってもフレーム端はとても良好とはならない。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 玉ボケは中央で円形だが、フレーム端でも目立つ変形は見られない。口径食の耐性はとても良好だ
  • 接写性能を活かすことでF1.8レンズのようなボケを得ることが出来る。

色収差:

  • 絞り開放ではパープルフリンジが目に付くものの、F2.8まで絞ると改善する。
  • F4まで絞ると色収差はごくわずかだ。
  • F5.6まで絞ると色収差は解消する。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 記載なし。

周辺減光:

  • 光量落ちはそれほど目立たない。
  • F1.8の周辺減光は比較的目立つ。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光時のゴーストは発生するが、それほど深刻な問題ではない。
  • F11まで絞ると光条がはっきりと見える、

総評

このレンズは11本目のLUMIX Sレンズだ。以前に発売されたF1.8レンズと同じく、小型軽量でLUMIX S5との相性も良好だ。画質はとても良好で、AF速度も非常に高速、特にフォーカスリングが良く抑えられており、携帯性が良好なので、ハイクオリティな風景や動画撮影に適している。

とのこと。
小型軽量で画質良好な広角レンズに仕上がっているものの、フレーム端の解像性能は抜群の性能とはならない模様。Xitekの作例を見る限り悪く無さそうに見えますが…、ePHOTOzineも解像力テストで似たような評価となっているので、ひょっとしたら中央と端の画質差は目立つのかもしれませんね。登場したばかりのレンズであり、まだまだユーザー投稿の写真も少ないので判断し辛いのが悩ましいところ。その中でもいくつかのウェブサイトが独自にこのレンズのサンプルショットを掲載していたので以下のリンクを記載しておきます。

パナソニック「LUMIX S 24mm F1.8」交換レンズデータベース

LUMIX S 24mm F1.8
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

-Panasonicレンズ, Panasonic広角レンズ, カメラ, レンズ
-