【セール情報】Amazon「GODOX製品が最大19%OFF」「ProGrade COBALT 325GB 15%オフ
【予約販売開始】キヤノン「EOS R3・RF16・RF100400」ニコン「Z 40mm F2

Canonレンズ Canon広角レンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノン RF16mm F2.8 STM のスペック画像

近日登場と噂されているキヤノン「RF16mm F2.8 STM」のスペックが出回り始めました。RF50mm F1.8 STMと同程度のサイズの超広角レンズにも関わらず0.26倍の撮影倍率は凄いですねえ。

RF16mmSTM RF50mmSTM
レンズ構成 7群9枚 5群 6枚
絞り羽根枚数 7枚
最小絞り 22
最短撮影距離 0.13m 0.30m
最大撮影倍率 0.26倍 0.25倍
フィルター径 43mm 43mm
最大径×長さ φ mm×40.1mm φ69.2mm×40.5mm
質量 約160g

全長が少し異なりますが、おそらくこれはレンズバヨネット部から突き出た部分が影響しているのかなと思われます。マウント部からレンズ先端までのサイズは全く同じかもしれません。レンズ直径は明らかとなっていないものの、69.2mmとなる可能性あり。

驚くべきは最大撮影倍率で、小型軽量な超広角レンズとしては非常に高い撮影倍率に対応しています。サムヤンAF18mm F2.8 FEの最大撮影倍率が0.09倍であることを考えると0.26倍の高さが分かるかなと。

噂のまとめ

噂のまとめ

RF100-400mm F5.6-8 IS USM

  • 649.99ドル
  • 焦点距離:100-400mm
  • 絞り値:F5.6-F8
  • 絞り羽根:
  • レンズ構成:
  • 最短撮影距離:0.88m
  • 最大撮影倍率:0.41倍
  • フィルター径:
  • サイズ:φ
  • 重量:g
  • 防塵防滴:
  • AF:Nano USM
  • 手ぶれ補正:5.5段分
  • その他機能:

RF16mm F2.8 STM

  • 299ドル
  • 焦点距離:16mm
  • 絞り値:F2.8-
  • 絞り羽根:
  • レンズ構成:7群9枚(非球面レンズ1枚)
  • 最短撮影距離:0.13m
  • 最大撮影倍率:0.26倍
  • フィルター径:43mm
  • サイズ:φ mm×40.1mm
  • 重量:g
  • 防塵防滴:
  • AF:
  • 手ぶれ補正:
  • その他機能:

参考:EOS R関連の噂情報

EOS Rカメラに関する噂

ボディ

  • EOS R3
    ・開発発表済み
  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS RPに代わる新しいエントリーモデル
    ・EOS RPよりも低価格
    ・2021年前半
    ・999ドル以下
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • EOS RP後継の上位ボディ
    ・EOS RPよりも高価
    ・EOS R6とRPの中間
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • APS-C RF
    ・2021年発表の可能性がある
    ・2021年後半
    ・静止画と動画の両方で訴求力がある
    ・EOS RPより小さくなるわけではない
    ・RF-Sレンズの計画はない
    ・新型APS-Cセンサー
    ・新型APS-Hセンサー
    ・2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
    ・DIGIC Xプロセッサ
    ・デュアルピクセルCMOS AF II
    ・4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
    ・5軸ボディ内手ぶれ補正
  • EOS R8
    ・Vlogger向けAPS-C
  • EOS R9
    ・エントリーAPS-C
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF100-400mm f/5.6-7.1 IS USM
    ・このコンシューマーグレードのレンズは2021年第2四半期の終わりに発表される予定だった
    ・少なくとも6か月は延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    ・2021年Q4
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年
  • RF200-500mm F4 L IS USM
    ・2022年

参考:現行のRFレンズ一覧

RF ズームレンズ
RF 単焦点レンズ

キヤノン関連記事

-Canonレンズ, Canon広角レンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-