Canonレンズ RFレンズ レンズ 海外の評価

RF 28-70mm F2L USMはあまりにも特殊なレンズ

Phototrendがキヤノン「RF 28-70mm F2L USM」のレビューを公開。優れた解像性能や諸収差の補正状態を評価しつつ、驚くほど大きく重いレンズであり、メリットがデメリットを上回る人が少ないと言及。

Phototrend:Test Canon RF 28-70 mm f/2 L USM : le zoom de tous les superlatifs

外観・構造:

  • Lレンズらしい完璧なビルドクオリティだ。
  • ハイエンドレンズらしく防塵防滴仕様だ。
  • 花形レンズフードが付属する。

携帯性:

  • 全長140mm、重量1430gの大きく重いレンズだ。
  • 嘘をつくつもりはない。巨大で重いレンズだ。
  • カメラ装着時はアンバランスとなるので、縦位置グリップの使用をおすすめする。しかし、それでもグリップは快適と言えず、左手で支える必要がある。
  • レンズフードも巨大である。

操作性:

  • 側面にはAF/MFスイッチのみ搭載している。
  • ズームリングのロックは28mmでのみ可能だ。
  • コントロールリングはボディ側でカスタマイズ可能だ。回転時のクリックを解除するには有償サービスで改造が必要である。

フォーカス:

  • 正確で効果的だが、スポーティなフォーカスではない。
  • ナノUSM駆動のF2.8 Lの水準には達しておらず、不規則に動く被写体を追従するようなレンズではない。
  • 非常に静かに動作する。

手ぶれ補正:

  • 光学手振れ補正は非搭載だ。

解像性能:

  • 28mmの絞り開放は隅のパフォーマンスが少し低下するので、F5.6まで絞るとピークに達する。
  • 28mmの指摘は相対的な話であり、全てのズームレンジで欠点は見られない。
  • 24-70mm F2.8 L IS USMと比較して、中央は少し良好、端ははるかに良好だ。
  • 70mmのコントラストはF2.8 Lよりも低下するが、均質性ははるかに良好である。
  • RF50mm F1.2 Lと比べると、単焦点の個性は健在だが、特定の状況ではEXIFを確認しないと判断がつかない。
  • 低照度では50mm F1.2の優位性が際立つ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • ボケは良好だが、わずかに玉ねぎボケの兆候が見られる。

色収差:

  • 色収差は最小限だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 他のズームレンズと同じく、28mmでは樽型の歪曲収差、70mmで糸巻き型の歪曲収差が発生する。

周辺減光:

  • 28mmで最も目立つ。
  • Lightroomの補正に対応しているが、ISO 6400を超えると隅のノイズが目立つようになる。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • このような複雑な光学系のレンズとしてはとても良好だ。

誰のためか:

  • ストリート、旅行、自然風景などには適していない。95mmのフィルター径や三脚リング非対応が欠点と感じるだろう。
  • ポートレートやファッション、スタジオの撮影では真剣に検討する価値がある。
  • 結婚式などでは良いところと悪いところがある。単焦点レンズと比較してボケの不足は気にならなかったが、14時間の撮影後はヘトヘトになった。
  • このレンズを一日中使うのは肉体の限界に挑戦するようなものだ。それに被写体を威圧してしまう。
  • EOS Rに縦位置グリップとフラッシュをセットにすると、システムとしての重量は3.4㎏となる。

総評

このような重くて大きく、高価なレンズは、F2から良好な性能を発揮しなければ意味がない、そしてキヤノンはそれに成功している。3つまたは4つの単焦点レンズを交換する手間を避けたいのであれば、このレンズは完璧な答えとなる。かつてないズームレンズであり、シグマ ArtシリーズやキヤノンLシリーズのF1.4固定レンズよりもフレアや色収差を良好に抑えているのが特徴だ。

欠点は、このレンズが非常に(あまりにも)特殊であることだ。1,430gという重さは、旅行や休日のたびに持っていくことはないだろう。デメリットよりメリットの方が大きい用途は限られている。

単焦点レンズの代わりとなるが、他のレンズを所有する必要性がなくなったわけではない。85mmF1.4(あるいはF1.2)のようなルックスは、ボケの愛好者にとってはやはり特別なものである。それに結婚式などの撮影現場ではカメラを複数台持ち歩く必要がある。

レンズサイズと価格の壁を乗り越えた人は、素晴らしい撮影機材を手に入れることができるだろう。

  • 長所
    ・ビルドクオリティ
    ・光学性能
    ・収差の補正状態
    ・価格とサイズに見合ったもの
  • 短所
    ・手振れ補正なし

とのこと。
焦点距離全域で開放F値「F2」を実現している超大口径の標準ズームレンズですね。F2と明るいのみならず、単焦点レンズと同等かそれ以上の良好な解像性能・収差補正を実現している模様。その代償として、レンズサイズが非常に大きく、そして重く、価格は単焦点レンズを揃える以上の高級レンズとなっています。もしもレンズ交換の手間が問題なければ単焦点レンズを揃えたほうが無難そうです。Phototrendが言及しているように、メリットがデメリットを上回る撮影シーンは限定的だと思いますが、刺さる人には替えが聞かない凄いレンズとなるはず。

RF 28-70mm F2L USMのレビュー・作例を集めるページはコチラ

関連レンズ

関連記事

-Canonレンズ, RFレンズ, レンズ, 海外の評価
-