Samyangレンズ レンズ 海外の評価

AF 24-70mm F2.8はまだまだ改善の余地が残されている

Lesnumeriquesがサムヤン「AF 24-70mm F2.8 FE」のレビューを公開。良好な作りの外装を評価しつつ、望遠側で低下する解像性能やズームリングの操作性について指摘しています。

Lesnumeriques:Test Samyang AF 24-70mm F2.8 FE : un premier zoom honorable

外観・構造:

  • 頑丈な作りで、防塵防滴構造だ。

携帯性:

  • 重量は1㎏を超えている。G Masterよりも重く、非常に大きなレンズだ。
  • タムロン G2の約2倍の重量だ。
  • 70-200mm F2.8 GM IIの重量に近い。

操作性:

  • コントロールリングの操作性は良好。
  • ズームリングは操作性が悪い。
  • カスタムスイッチを切り替えることで、フォーカスリングを絞りリングとして使うことができる。

フォーカス:

  • 大部分の撮影でうまくいくが、少し気まぐれなAFに直面することがあった。
  • ズーム操作でもピント位置がずれないパーフォーカルレンズだ。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は非搭載だ。

解像性能:

  • α7R IVと組み合わせてテストした。
  • 大口径ズームは均質性を維持するのが難しく、このレンズも同様だ。
  • 24mmの絞り開放で良好な性能となり、絞るとさらに改善する。
  • 50mmは24mmのようにはいかず、最適な結果を得るにはF8まで絞る必要がある。
  • 70mmの絞り開放は性能がかなり悪い。F5.6-8まで絞ってピークの性能に達する

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 玉ボケは隅に向かって口径食の影響を受ける。

色収差:

  • ほとんど問題にはならないだろう。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 24mmで最も顕著だが、自動補正されるので過度な問題はない。

周辺減光:

  • 絞り開放から問題ないが、絞ってもあまり改善しない。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

外装はとても良好で、画質は全体的に良好だ。ただし、焦点距離によってはパフォーマンスが低下し、均質性が低い。良好なレンズだが、サムヤンが高性能ズームを提供するにはまだまだ改善の余地があるように見える。

  • 長所
    ・ビルドクオリティ
    ・防塵防滴
    ・カスタムスイッチ
    ・24mmの良好なシャープネス
    ・F2.8
    ・パーフォーカル
  • 短所
    ・大きく重い
    ・たまに気まぐれなAF
    ・描写の一貫性
    ・70mmでシャープネスが低下

とのこと。
サムヤン初となる大口径ズームレンズですね。これまでサムヤンは数多くのEマウント用単焦点レンズを発売してきましたが、まさかF2.8ズームまで開発していたとは驚き。Eマウントの標準大口径ズームは、既にソニー純正レンズをはじめ、シグマやタムロンのサードパーティ製レンズが4本存在する競争の激しい市場です。ここでサムヤンは他社がセールスポイントとしなかった「パーフォーカルズーム」と強みとして24-70mm F2.8を投入しました。

Lesnumeriquesのレビューではパーフォーカルズームのメリットがいまいち明瞭ではありませんが、動画撮影を重視する場合、ズーム操作でピント位置がずれないメリットは大きいと感じるかもしれません。とは言え、ここ最近はズーム操作時に自動的にピント位置を調整するレンズも多く、光学的なパーフォーカルズームがどれほどメリットとなるのかは気になるところ。

パーフォーカルを重視したためか、ズームレンズ設計の経験や技術が不足しているのか、ここ最近のF2.8ズームとしては望遠側でのパフォーマンス低下が目立つ模様。同価格帯でシグマやタムロンのレンズが購入できることを考えると、厳しい戦いとなるかもしれません。

サムヤン AF 24-70mm F2.8 FE データベース

AF 24-70mm F2.8 FE
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

サムヤン関連記事

-Samyangレンズ, レンズ, 海外の評価
-