Canonレンズ Canon中・望遠レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

キヤノン「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」はズームレンジ全域で非常にシャープなレンズ

Optical Limitsがキヤノン「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」のレビューを公開。開放F値が暗いものの、ズームレンジ全域で良好な解像性能を備え、特に広角側は単焦点レンズ並みとのこと。

非常に高解像な望遠ズーム

Optical Limits:Canon RF 100-500mm f/4.5-7.1 USM L IS - Review / Test Report

  • レンズの紹介
    ・一眼レフ用レンズ「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」は」人気のある超望遠ズームレンズだが、近年では望遠端が500mm・600mmの超望遠ズームが登場している。
    ・野生動物の撮影では長焦点であればあるほど有利だ。キヤノンはそれにこたえるかのようにレンズをアップグレードした。
  • ビルドクオリティ
    ・Lグレードのレンズであることを考えると、このレンズのビルドクオリティが優れているのは驚くべきことではない。
    ・本体は主に金蔵とハイクオリティな複合材料で作られている。
    ・望遠端に向かってズームするとレンズは伸びる。これは残念なことかもしれないが、携帯性は良好である。
    ・防塵防滴仕様だ。
    ・三脚座は取り外し可能である。
  • 携帯性
    ・記載なし。
  • 操作性
    ・専用リングでズームリングを固定することが可能だ。
    ・ズームリングとフォーカスリングは滑らかに操作できる。
    ・マウント付近にはカスタマイズ可能なコントロールリングを搭載している。
  • オートフォーカス
    ・超音波AFモーターを使用しており、スピードはかなり速い。
    ・レビュー中はEOS Rとの組み合わせでスポットAFが利用できない不具合に遭遇した。
    ・問題はファームウェアアップデートで対応済みとのことだ。問題を感じた場合はファームウェアを確認してみよう。
  • マニュアルフォーカス
  • 手ぶれ補正
    ・5段分の光学手ぶれ補正を搭載している。さらにボディ内手ぶれ補正と連携することで高価を高めることも可能だ。
  • 解像性能
    ・ズームレンジ全域で非常にシャープだ。
    ・100mmと200mmは優れた中央と非常に良好な周辺画質を備え、単焦点レンズ並みである。
    ・350mmで画質は僅かに低下するが、それでも非常に良好だ。
    ・想像通り500mmはF7.1の開放絞りでパフォーマンスに制限がある。それでも3000万画素センサーで非常に良好だ。
  • 像面湾曲
    ・非常に小さい。
  • ボケ
    ・超望遠ズームはボケが騒がしくなる傾向がある。
    ・玉ボケは良好な描写で、内側はとても綺麗だ。縁取りは僅かである。
    ・口径食の影響が四隅に向かってみられるが、絞ると改善する。
    ・後ボケはとても滑らかだ。
    ・前ボケは騒がしい。
    ・焦点距離によっても変化し、長焦点では非常に騒がしい描写となる。
  • 色収差
    ・倍率色収差は全域で非常に小さい。
    ・RAWで平均1px前後である、
  • 球面収差
    ・記載なし。
  • 歪曲収差
    ・ミラーレス用レンズとしては非常に良好だ。
    ・100mmでは歪曲収差は見られない。
    ・500mmで1.6%の糸巻き型歪曲となる。
  • 周辺減光
    ・絞り開放で-1.3EVの減光がある。1段絞るとほとんど解消される。
  • コマ収差
    ・記載なし。
  • 逆光耐性
    ・記載なし。
  • 作例集

総評

期待していた通りの見事なレンズだ。ズームレンジ全域で非常にシャープで、四隅に向かって少し低下する。高画素機では回折でいくらか性能が制限されるものの、目立たないと思われる。EOS RやR6では問題無い。倍率色収差は非常に低く、歪曲は広角端で目立たず、周辺減光は穏やかだ。

ビルドクオリティは非常に高水準で、使用素材は一級品、精度も抜群だ。とは言え、個人的には伸びないズームが良かった。キヤノンの防塵防滴仕様は優れているが、それでも伸縮するズームはゴミを吸い込むかもしれない。しかし、伸縮することで、500mmのズームレンズとしてはかなりコンパクトである。

EOS Rとの組み合わせでAFや手ぶれ補正に問題が発生したが、これはファームウェアアップデートで修正されている。基本的にAFは非常に良好で、手ぶれ補正も業界最高だ。

RFマウントユーザーであれば当然の選択肢となるだろう。唯一の欠点は500mmの開放F値だ。500mm F7.1で動く被写体を捉えるには高感度ISOを必要とする。それを理解して使えば強くおススメできるレンズである。

とのこと。
非常に良好なパフォーマンスのレンズみたいですね。望遠端の開放F値には注意が必要ですが、望遠端まで落ち込みの少ない解像性能は使いやすそう。開放F値が暗いものの、周辺減光が少ないので実際には少し明るく感じるかもしれません。

Lレンズで初期ファームに問題があるのは残念ですが、現在は問題が解消されており、気兼ねなくEOS Rと組み合わせることができる模様。

非常に高価な超望遠ズームで、100-400mm IIの値付けが可愛らしく見えるほど。価格設定は悩ましいですねえ。。。

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER