Canonレンズ Canon中・望遠レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMは期待に応える解像力と本物の6段分手ぶれ補正

【広告】Yahoo!ショッピングでソフトバンクホークス優勝セール開催中

Mobile01がキヤノン「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」のレビューを公開。絞り開放から期待に応える解像力を発揮、AFは非常に高速で、特に手ぶれ補正が印象的だったとのこと。

期待に応える解像力

Mobile01:Canon RF 100-500mm f/4.5-7.1L IS USM 評測報告|新世代大白 成就6級光學防手震!

  • キヤノンRFシステムは約2年の間にカメラを4台に増やし、レンズラインアップを15本まで拡充した。EOS R5・R6と共に登場したこのレンズは多くのフォトグラファーが待ち望んでいた超望遠ズームレンズだ。
    EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」と比較してほぼ同じ長さながら200g軽量、そして望遠端は500mmまで伸びている。さらに手ぶれ補正は最大で6段分、最大撮影倍率は0.33倍と高く、接写でも非常に実用的なレンズだ。
  • このレンズは実質的に「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」の後継モデルだ。スポーツ・野鳥・航空機・レースカーなど幅広い撮影に適している。
  • サイズは93.8×207.6mmで、伸びるズーム機構を採用している。重量は1,370で、「RF70-200mm F2.8L IS USM」とよく似ている。
  • 付属のレンズフードET-83F WIIIは白く塗装され、フィルター操作窓を搭載している。外側のロック解除ボタンも工夫が凝らしてあるデザインだ。
  • レンズには「フォーカスリミッター」「フォーカスモード」「手ぶれ補正」「補正モード」などのスイッチが左側面に集約している。
  • 前玉にはフッ素コーティングが施され、水滴や汚れなどの手入れが簡単となっている。
  • フローティング機構を採用し、フォーカスブリージングを大幅に低減している。さらにナノUSM駆動のおかげで動画にも適した滑らかなフォーカス操作が可能だ。
  • 三脚リングは取り外し可能だ。1/4インチネジの他、位置ずれを防止するための穴が用意されている。
  • ソニー「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」はインナーズームを採用しており防塵防滴仕様としては強力だ。しかしサイズが明らかに異なる。
  • オートフォーカスは100mmでも500mmでも非常に高速だ。接写から無限遠への移動も非常に速く、ピントの迷いはない。

  • 500mm時に6段分の手ぶれ補正効果は1/13秒での撮影に対応することを意味している。手ぶれ補正をオフにすると結果はほぼ失敗だが、オンにすると70~100%の成功率を得ることが出来た。手ぶれ補正の効果が確かに6段分あることが分かる。
  • シャープネスは非常に強力だ。F22までは良好だが、F22を超えると途端に甘くなるのでF避けた方が良い。
  • 絞り開放で僅かな色収差が発生するものの、F5.6まで絞ると解消する。
  • 逆光時は絞り開放からゴーストが発生し、絞るとさらに目立つ。

キヤノンRF 100-500mm F4.5-7.1L IS USM以前は、RFマウントレンズでカバーしている焦点距離が200mm(RF 70-200mm f/2.8L IS USM)までしかなかった。(訳注:RF24-240mmを忘れている模様)
当然、それ以上の焦点距離はEF-EOS RレンズアダプターでEFレンズを使用する必要がある。ただし、ネイティブレンズではないうえ、4500万画素には対応できないかもしれないので、RF100-500mm F4.5-7.1L IS USMの登場は特に大きい。 それでも焦点距離が足りない場合、後からイメージをクロップして高倍率にする方法や、テレコンバーター(1.4x / 2.0x)を使う方法がある。

このレンズは絞り開放からF22まで期待に超える解像力を発揮する。オートフォーカスはどの焦点距離でも非常に高速で安定している。
最も印象的だったのは手ぶれ補正だ。低感度や絞り値を重視する場合、シャッタースピードを下げる必要があるが、その場合は効果的な手ぶれ補正が役に立つだろう。6段分の補正効果は本物だ。
EFレンズと比べるとかなり割高だが、焦点距離が延び、重量は軽くなっている。プロフェッショナルの視点から見ると、他に選択肢はなく、改善点が多いので高いだけの価値があると思う。

とのこと。
遠景の解像テストでは、作例が陽炎の影響を受けており性能を判断し辛いものの、レビュワーはかなり好印象のようですね。
オートフォーカスは撮影倍率を考えると接写から遠景までが非常に高速で、大ボケ状態から迷わずピントが合うのは気持ちよさそう。広角や標準域のレンズほど電光石化ではありませんが、望遠ズームとしてはかなり速いはず。手ぶれ補正も非常に効果的な模様。
EFレンズと比べると高価なうえ、EOS R5/R6の影響からか在庫不足&価格高騰中。専門店では納期3か月と非常に長い待ち時間が必要となりますが、必要な人にとって待つだけの甲斐があるレンズ。

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~