Canonレンズ Canon中・望遠レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

キヤノン「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」驚くほど高性能・驚くほど高価

PhotographyBlogがキヤノン「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」のレビューを公開。ズームレンジ全域で隅から隅まで高解像なレンズに仕上がっている模様。「驚くほど高性能・驚くほど高価」と言及しています。

驚異的な性能、そして価格

PhotographyBlog:Canon RF 100-500mm F4.5-7.1L IS USM Review

  • スポーツ・野生動物・航空機などに最適な超望遠ズームレンズだ。5段分の光学手ぶれ補正を搭載しており、EOS R5やR6と組み合わせると最大6段分の補正効果を得ることが出来る。
  • 100-500mmのズームレンジを考慮すると驚くほどコンパクトで軽量なレンズだ。重量は1,530g、全長は207.6mmであり、一眼レフ用の同等レンズよりも小型軽量だ。
  • 意外にもバッテリーグリップを装着せずともEOS Rのようなカメラがバランスが崩れすぎることは無い。
  • 500mmまでズームするとレンズは9cmほど伸びる。
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」より僅かに長いが、200gほど軽量だ。
  • フォーカスリングは幅が狭いものの、しっかりと握ることが出来る。電子制御のためピント両端にハードストップは無い。
  • 側面には4つのスイッチがある
    ーフォーカスリミッター
    ーAF/MF
    ー手ぶれ補正
    ーISモード
  • このように超望遠をカバーするレンズにとって光学手ぶれ補正は重要となる。幸いにも手ぶれ補正はとても効果的に動作し、シャープな結果を得ることが出来る。
    特にボディ内手ぶれ補正が無いEOS Rのようなカメラでは重要だ。
  • ズームリングのトルクを調節するリングがある。レンズの自重落下を予防することが可能だ。
  • ズームリングは幅広く、回転角は90度ほどである。
  • 三脚リングは取り外し可能だ。
  • レンズフードにはフィルター操作窓が付いている。
  • オートフォーカスは大部分の状況で高速かつ正確で静かに動作する。とても静かなので、野鳥撮影やサファリパークなどで目立ちにくい。動画撮影にも最適だ。
  • 外装はLレンズらしいパーフェクトな耐候性を備えている。
  • 色収差はほぼ完璧に補正されている。
  • 絞り開放時に四隅で周辺減光が発生する。これは後処理で修正する必要があるだろう。
  • 歪曲収差はズーム両端でも目立たない。
  • ボケの評価には個人差があると思うが、9枚絞りの心地よいボケ描写に見える。
  • シャープネス100mm
    ・中央と端は共にF4.5で優れたシャープネスだ。F5.6~F11の間では際立った性能である。F16は回折で少し低下するが、それでも賞賛すべきシャープネスだ。F22~F32は避けたほうが良いだろう。
  • シャープネス200mm
    ・中央と端は共にF5.0で優れたシャープネスだ。F5.6~F16の間では際立った性能である。F22は回折で少し低下するが、それでも賞賛すべきシャープネスだ。F32~F36は避けたほうが良いだろう。
  • シャープネス300mm
    ・中央と端は共にF5.6で優れたシャープネスだ。F8~F16の間では際立った性能である。F22は回折で少し低下するが、それでも賞賛すべきシャープネスだ。F32~F40は避けたほうが良いだろう。
  • シャープネス400mm
    ・中央と端は共にF6.3で優れたシャープネスだ。F8~F16の間では際立った性能である。F22は回折で少し低下するが、それでも賞賛すべきシャープネスだ。F32~F45は避けたほうが良いだろう。
  • シャープネス500mm
    ・中央と端は共にF7.1で優れたシャープネスだ。F8~F16の間では際立った性能である。F22は回折で少し低下するが、それでも賞賛すべきシャープネスだ。F32~F45、特にF51は避けたほうが良いだろう。

信じられないほど高性能で高価な望遠ズームレンズだ。比較的軽量で多目的なオールインワンズームを探しているスポーツ・野生動物フォトグラファーは必見だ。一眼レフ用と比べて望遠側がかなり暗いものの、100mm長い望遠端は魅力的である。残念ながら、400mmの時点で絞り開放F値は「F6.3」となるので、一眼レフの400mm F5.6には及ばない。
ビルドクオリティはLレンズらしい耐候性を備えている。オートフォーカスは満足のいく高速性と静音性を備え、フルタイムマニュアルにも対応している。光学手ぶれ補正はとても効果的だ。

画質は抜群で、ズームレンジ全域でフレーム端まで優れた結果となる。色収差補正は良好で、暗いレンズだがボケは綺麗だ。
唯一の光学的な欠点は周辺減光である。ただし、これは簡単に後処理可能だ。
エクステンダーに対応しているが、装着できるのは焦点距離が300~500mmの時だけだ。装着状態では収納性が著しく低下してしまう。

全体的に見て、一眼レフ用ズームを様々な点で改良し、ズームレンジ全域がシャープで、より効果的な手ぶれ補正やAFを搭載しつつ、望遠端を100mm伸ばしたレンズだ。
非常に高い値付けを許容できるのであれば素晴らしいズームレンズとなるだろう。

とのこと。
非常に良好な光学性能の5倍ズームレンズですね。このクラスは望遠端でいくらかパフォーマンスが低下するものですが、PhotographyBlogの見解としては500mmまで際立った性能を維持している模様。
他のレビューサイトでも言及しているように、光学手ぶれ補正がかなり効果的に動作するみたいですね。500mmまでズームできる望遠レンズとしては重視したいところ。
400mm F6.3・500mm F7..1の開放F値を許容できるのか悩ましいところですが、光学的に問題となるのは周辺減光だけで、AF性能は特に問題無さそうですね。

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~