【価格情報】BLACK FRIDAY「Amazon」「SmallRig」「PERGEAR

Canonレンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

RF16mm F2.8 STMは期待以上のコストパフォーマンス

Mobile01がキヤノン「RF16mm F2.8 STM」のレビューを公開。小型軽量な超広角レンズで、優れた中央画質、フォーカス速度、最短撮影距離などを評価。期待以上のコストパフォーマンスになるだろうと評価しています。

Mobile01:Canon RF 16mm f/2.8 STM 評測報告|豈止平價 ‧ 物超所值的大光圈超廣角!

紹介:

  • EFレンズで超広角レンズと言えば「EF14mm F2.8L II USM」くらしか存在せず、それも高価なLシリーズに属するレンズだ。
  • この新しいRFレンズはレンズサイズを小さくし、手ごろな価格を実現している。

外観・構造:

  • 残念ながらレンズフードは付属していない。
  • 絞りはF2.8~F22、羽根の枚数は7枚だ。
  • レンズ構成は7群9枚で、非球面レンズを1枚使用している。
    (訳注:英語圏のスペックシートではPMo非球面レンズと掲載)
  • レンズコーティングについて言及していないが、RF50mm F1.8 STMと同じだと思われる。
    (訳注:英語圏のスペックシートではスーパースペクトラコーティングと掲載)
  • レンズマウントは金属製だ。
  • 製造国は台湾である。台湾製のキヤノンレンズは珍しい。

携帯性:

  • レンズサイズは69.2×40.2mm、重量は165gだ。
  • レンズサイズはRF50mm F1.8 STMとほぼ同じだ。
  • フィルターサイズは43mmと小さい。

操作性:

  • AF/MFスイッチの代わりに、リングの機能を「フォーカス」「コントロール」を切り替えるスイッチを搭載している。
  • AF/MFの切替はクイックメニューには存在しない。メニュー画面を利用する必要がある。

オートフォーカス:

  • 最短撮影距離は13cmと短い。この際の撮影倍率は0.26倍だ。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 中央はF2.8からF11までとても満足いく画質だ。F16まで絞ると画質が徐々に低下する。
  • フレーム端の画質はソフトだが、細部の文字を認識できる程度に安定している。価格に見合う価値は間違いなくある。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 大口径のレンズでは無いが、撮影距離を短くすることでボケを大きくすることが出来る。
  • 玉ボケには輪線ボケの兆候が無く、不快感のある描写ではない。

色収差:

  • 低分散レンズを使用していないが、高コントラストな状況でも優れた色収差補正で驚いた。
  • 色収差はゼロではないが、極僅かだ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 明らかな樽型歪曲が発生する。
  • レンズ補正で修正可能だが、同時に画角が狭くなる。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • フレアとゴーストは発生するが、まだまだ許容範囲内だ。
  • 特別なコーティングを使用していないことを考えると優れたパフォーマンスである。
  • F5.6以降で光条が発生する。

総評

建築、風景、インテリアに適しているうえ、そのサイズと重量から、自撮りのVlogにも適している。 レンズ(165g)とEOS R5(738g)を組み合わせて、スタビライザーに搭載しても苦にならない。EOS R / RPだとさらに軽くなる。

このレンズは「光学性能、フォーカススピード、撮影倍率」は、購入の動機付けには十分すぎるほどだ。ハイエンドレンズのクオリティではないが、コンシューマーの期待を超えた、高いコストパフォーマンスのレンズである。

「大口径+超広角」のレンズを経験したことがない大部分のフォトグラファーにとって手頃な価格のレンズだ。このレンズで練習した後、売却してもあまり損をしないレンズだ。間違いなく最初の一本としていいと思う。

とのこと。
様々なシチュエーションで絞り開放付近を使った作例が多く、オリジナルデータを確認できるので参考になると思います。小型軽量で比較的シンプルな光学設計のレンズですが、フレーム中央の広い領域は絞り開放からシャープで、フレーム隅も極端な画質低下は無いように見えます。歪曲収差は補正必須ながら、色収差などは良好に補正されていますね。ボケも接写時は滑らかで綺麗(ただし、距離が長くなると騒がしく見えます)
手ごろな価格設定を考慮すると、確かに超広角のエントリーレンズとしては最適な一本と言えそうです。

私もEOS R5と組み合わせて発売日から使用しています。実際に使った印象はMobile01と同じ。思っていたよりもシャープで、描写の甘さはそこまでありません。ただし、歪曲収差や周辺減光の補正が強烈であり、補正時に隅を引き延ばすので、結果的に描写が甘く見える可能性あり。それでもF5.6~F8を使えば周辺部まで良好な画質。低価格ながら画期的な単焦点レンズだと思います。個人的にはおススメの一本。

キヤノン RF16mm F2.8 STM 交換レンズデータベース

RF16mm F2.8 STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ビックカメラ icon      
レンズフード EW-65C
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ビックカメラ icon JJC EW-65C 互換レンズフード

関連レンズ

関連記事

-Canonレンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-