「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

RF35mm F1.8 MACRO IS STMはRユーザーのためのお散歩レンズ決定版【海外の評価】

更新日:

DPReviewがキヤノンの交換レンズ「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」のレビューを掲載しています。

  • この価格設定でレンズフードが同梱していないのは少し残念だ。
  • 今のところRFレンズの中で最も軽量でコンパクトな一本だ。そして、ロードマップを見る限りでは今後しばらくそのポジションに収まるだろう。
  • 既存のEF35mm F2 IS USMより30g軽量でNIKKOR Z 35mm F1.8 Sより70g軽量な上に遥かに全長が短い。ただし、このレンズに防塵防滴処理は施されていない。
  • EOS Rとの組み合わせでとても良好なバランスである。片手操作も出来るだろう。
  • レンズマウントは金属製で、全体的なビルドクオリティは申し分ない。
  • フォーカスリングとコントロールリングは隣接しており、誤操作するかもしれない。
  • オートフォーカスは非常に高速だが静かではない。動画ではいくらかノイズが入るだろう。
  • 3段分の光学手ぶれ補正は非常に効果的だ。
  • このレンズのフォーカスモーターはUSMでは無くSTMを使用している。EF-M28mm F3.5 Macro IS STMやEF-S35mm F2.8 Macro IS STMに使われているスクリュータイプでは無く、ギアタイプのステッピングモーターだ。
  • インナーフォーカスではない。マクロレンズとしては望ましい仕様だ。しかし、フォーカスリミッターが無いことからも分かるように、このレンズは本当の意味でマクロレンズでは無い。内筒は最短撮影距離で約0.5インチほど伸びる。
  • APS-Cクロップで56mmとして使うのも有効だろう。(解像度は犠牲となるが)
  • フォーカシング時は後群のレンズ2枚を除き全てが動く仕組みとなっている。これは小さなフォーカスレンズを動かす他のレンズと比べて高速に動作しないことを意味する。とは言っても、大部分のカメラマンはあまり良く無い照明環境でも十分に高速だと感じるだろう。
  • マニュアルフォーカス時にフォーカスリングの抵抗感はほとんど無い。設定次第でリニアなMF操作が可能となっている。
  • 手ぶれ補正は2つのジャイロセンサーの他にシフトブレを検知する加速度センサーが搭載されている。加えてデュアルセンシングISにより補正効果が高められている。クローズアップ撮影をするときに効果的だ。
  • 無限遠を使った撮影では0.5秒以下で成功率を維持するのは難しいものの、なかなかの割合で0.5秒や0.8秒、そして1秒のシャッタースピードでシャープな撮影をすることが出来た。
  • F1.8における画質は少しもやっとしているものの、ディテールはよく解像している。F2.8まで絞ると鮮明かつシャープとなり、F4で中央は最もシャープとなる。F8まで絞るとフレーム全域で一貫したシャープネスを得ることが出来る。
  • 絞り値全域でフレーム四隅における倍率色収差をいくらか確認できる。これはJPEGで自動的に補正できるうえ、RAW現像でも簡単に補正可能だ。心配する必要は無いだろう。
  • NIKKOR Z 35mm F1.8 Sと撮り比べると、F1.8時にもやっとしており、そしてフレーム端における色収差が大きい。解像性能基本的に同等だ。より高画素のZ 7に装着したZ 35mm F1.8 Sに対して、F5.6まで絞ると等倍でも同等のパフォーマンスを得ることが出来た。
  • クローズアップの絞り開放でも中央領域は優れたディテールで、周辺部も良好である。
  • 口径食はF1.8で目立つものの、絞ることで確実に減少する。F3.5まで絞れば解消する。
  • 玉ボケは滑らかで心地よい描写だ。
  • 軸上色収差はハイコントラストな領域でかなり目立つ場合がある。
  • 全ての補正をオフにすると倍率色収差は間違いなく発生する。
  • 建築物以外のシーンで歪曲収差に気が付くことは無いだろう。しかし、直線的な被写体を撮影すると僅かに目に付く。わずかに陣笠状となっているので手動補正は難しい、レンズプロファイルを適用するべきだ。
  • レンズフレアは僅かに発生する程度だ。

好き:中程度の絞り値でとても優れたシャープネス・心地よいボケ・コントロールリング・とても効果的な手ぶれ補正・大部分の35mmよりも最短撮影距離が短い

好きでは無い:建築物でいくらか歪曲収差が目に付く・開放から中絞りで顕著な軸上色収差と倍率色収差・フォーカスバイワイヤによるマニュアルフォーカス・防塵防滴無・静かではないAF

多くのEOS Rシリーズのユーザーのためのお散歩レンズであることは間違いないだろう。使いやすい焦点距離、大口径、手ぶれ補正、接写性能と汎用性が高い。

完璧では無いが、小さな欠点を補えば多目的に使えるレンズとなるだろう。

DPReview:Canon RF 35mm F1.8 IS STM Macro Review

とのこと。

私も発売日にゲットして今日まで愛用しています。RAWベースでチェックすると確かに色収差や甘さを感じる部分があるものの、ボディ出力でデジタルレンズオプティマイザを適用すると開放から四隅までシャープな描写を楽しめるレンズです。

同じく接写性能の高いタムロンSP35mm F1.8 Di VC USDと比べても接写時の解像性能が高く、ボケが綺麗だと感じます。個人的にはおススメの一本。

RF35mm F1.8 MACRO IS STMのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

RF35mm F1.8 MACRO IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ヤマダ
レンズポーチ LP1016
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズフード EW-52
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズキャップ E-52 II
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズダストキャップ RF
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon RFマウント RFレンズ一覧表
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

現在のキャッシュバックキャンペーン一覧表

キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/1 -2019/9/17
ツアイス ミラーレス 最大2万円 -2019/8/18 -2019/8/21
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 -2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/1 -2019/9/17
RX100シリーズ 5千円 -2019/7/28 -2019/8/13
Sony α7 最大3万円 -2019/7/28 -2019/8/13
Sony APS-C α 最大1.5万円 -2019/7/28 -2019/8/13
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 -2019/10/15
Nikon Z 最大4万円 -2019/7/29 -2019/8/23

-Canonレンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価