「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Canon広角レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

RF35mm F1.8 MACRO IS STM 外観・描写性能の徹底レビュー

更新日:

「0.5倍のハーフマクロ」の接写性能を持つ35mm F1.8と聞き、予約販売開始と同時に注文した「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」が到着しました。

現行のRFマウント単焦点レンズとしては唯一10万円を切るお手頃な価格設定なので気になっている人も多いのでは無いでしょうか?

そこで今回は「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」の外観・描写性能をじっくりチェックしていきたいと思います。

RF35mm F1.8 MACRO IS STM レビュー

レンズ仕様の確認

RF35mm EF35mm SP35mm
レンズ構成 9群11枚 8群10枚 9群10枚
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り) 8枚 9枚(円形絞り)
最小絞り 22 22 16
最短撮影距離 0.17m 0.24m 0.2m
最大撮影倍率 0.5倍 0.24倍 0.4倍
フィルター径 52mm 67mm 67mm
最大径×長さ φ74.4×62.8mm φ77.9mm×62.6mm Φ80.4mm×80.8mm
質量 305g 335g 480g
手振れ補正 5段分
シフトブレ対応
4段分 3段分
防塵防滴 簡易防滴
防汚コート 対応
フォーカス STM USM USD

一眼レフ用交換レンズ「EF35mm F2 IS USM」「SP 35mm F/1.8 Di VC USD (Model F012)」と比べ、サイズに大きなメリットはありませんが、比較的軽量で接写性能に優れています。

さらに手振れ補正は最も効果が高く、シフトブレにも対応。マクロ撮影や手持ちのスローシャッターで有利に働きます。

ただし、防塵防滴やフッ素コーティングなど耐候性の面でタムロンSP35mm F1.8に劣っています。特に接写性能が高いRF35mmは前玉の管理に気を遣いたいところ。

絞り羽根はEF35mmの8枚羽根から円形9枚羽根に変化しています。絞った際の光条形状は大きく異なるので注意。

RF35mm F1.8 MACRO IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ヤマダ
レンズフード EW-52
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

外観

スライドショーには JavaScript が必要です。

箱はRFレンズらしいデザイン。とてもシンプルでレンズの外観や付属品の表示が無い。

付属品

中には緩衝材に包まれたレンズ本体とレンズキャップ、そして説明書・保証書が同梱。

レンズフードは付属していない。レンズの性質(ハーフマクロの接写性能)を考えると前玉をぶつけたり、汚れが付着するリスクは高い。できれば保護フィルターか別売りレンズフードは装着しておきたいところ。

サイズ・重量

直径74.4mm、縮尺62.8mmの全長で305g。一眼レフ用「EF35mm F2 IS USM」とよく似たサイズ・重量であり、ミラーレスマウントによる小型軽量化の恩恵は感じにくい。

外装

仕上がりはLレンズ「RF 24-105mm F4L IS USM」とよく似ている。どちらもプラスチック製の鏡筒に金属マウント。

外観の差はそこまで無いものの、フッ素コーティングや防塵防滴など耐候性に関わる部分がRF35mm F1.8には欠けている。

前玉・後玉

スライドショーには JavaScript が必要です。

フィルター

フィルター径は52mm。RF・EFマウント用レンズとしてはかなり小さいフィルターを使う。そのため、このサイズのフィルターを揃えている人はそう多くいないはず。(EF40mmF2.8 STMが同じく52mmフィルター)

58mmフィルターを使うレンズは多いので、ステップアップリングでそちらに合わせてしまうのはアリでしょう。ステップアップリングによる周辺のケラレ耐性はとても良好なので何枚か重ね付けしても問題無し。

前玉

比較的フラットな形状なのでメンテナンスは容易。フッ素コーティングが施されていないのでお手入れするときはコーティングを傷つけないように注意したい。

前述したように、接写性能が高いレンズなので前玉に異物をぶつけやすく、水が飛び散った際に付着しやすい。逆光耐性を犠牲にしてでも保護フィルターを装着するか、別売りレンズフードを装着するのがおススメ。

後玉

前玉と比べて後玉はとても大きく、そして飛び出している。キヤノンの「フランジバックよりバックフォーカスが大事」という主張を体現しているかのような形状。

やはりフッ素コーティングは施されていないので丁寧に扱いたいところ。

レンズフード(別売り)

スライドショーには JavaScript が必要です。

前玉保護のため別売りレンズフード「EW-52」をゲット。小さな金属製フードで2,700円は少々高く感じる。せめて1,500円くらいにならなかったのだろうか…。

フードの形状はEF-M 28mm F3.5 Macro IS STMと似ているが別物。52mmフィルターにねじ込み、フードにも52mmフィルターを装着できるようになっている。このため、レンズに付属していた52mmレンズキャップを使いまわすことが可能。

レンズフードの上からフィルターを装着すれば逆光耐性でマイナスに働くのは間違いない。レンズーフィルターーレンズフードの順で装着してケラレ無いか確認したかったが、残念なことに52mmフィルターが手持ちに存在しなかった。

レンズフード EW-52
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

操作性

スライドショーには JavaScript が必要です。

コントロールリング

純正RFレンズに備わっている操作部材。設定次第で絞り値や露出補正などを操作できる。

このレンズならば絞り値を設定しておくと便利。(ボディの小さいダイヤルで操作するより素早くF値を変化できる)

フォーカスリング

程よく滑らかだが、電子制御のため電源オフ時は操作できない。EOS Rは速度変化に対応する設定と回転量に対応する設定の2種類が存在する。

素早く操作する、もしくは回転量に対応する設定の場合は約360度回転させるとピント距離全域を移動できる。

ゆっくり操作すると回転角は非常に大きくなる。ハーフマクロの撮影距離でも快適にピント合わせが出来る。

EOS Rはライブビューにピント距離を常に表示できる設定があるので、ピント位置を把握しやすい。

ガイドレール

レンズフードバヨネットの代わりに、マクロリングライトを装着できそうなガイドレールが備わっている。ただ、これに対応するアクセサリが見つからない。

ガイドレール部はフォーカシングで前後する内筒と違い、その場に固定されている。このため、非対応のマクロライトを装着すると動く内筒と干渉する可能性があるので注意。

EOS Rとの組み合わせ

スライドショーには JavaScript が必要です。

既存のRFレンズ4本の中では最も小さく、携帯性が高い。サイズこそEF35mm F2と変わらないものの、現行のフルサイズミラーレス用の35mm大口径レンズとしてはまずまず小さい。

最短撮影距離で約2cmほど内筒が伸びるが、電源オフ時には自動で格納される。(オフにする設定もある)

オートフォーカス

AF速度

ハーフマクロとしてはまずまず良好なフォーカス速度。よほど素早い被写体やアクションスポーツで使わな限り満足できるパフォーマンス。

EOS Rは開放測距のAFシステムなので基本的に低照度には強い。

サーボAF時でも被写体をAFフレームに合わせておけばしっかり追従してくれる。特に被写界深度が浅い「ハーフマクロ+絞り開放」のような場合はサーボAFを使った方がピント面を維持しやすい。(被写体の微ブレや撮り手の体が前後に揺れるため)

ブリージング

レンズ繰り出し式と言うこともあり、至近距離ではブリージング大きめ。特にフレーム隅のフォーカスポイントを使うと被写体がフレームから外れやすい。と言っても、ある程度ピントを寄せてからフォーカスポイントを指定すれば特に問題とは感じないはず。

作動音

同じステッピングモーターのEF50mm F1.8 STMと比較するとやや静かではあるが、完全に無音ではない。特にサーボ時は作動音が大きい。

マニュアルフォーカス

RF35mm F1.8の大きなマニュアルフォーカス回転角とEOS Rのタッチ操作・フォーカスガイドを組み合わせることでMFはとても簡単。

ゆっくりフォーカシングする際は作動音が大きいため動画では音を拾うかもしれない。

遠景解像

中央

スライドショーには JavaScript が必要です。

絞り開放から非常にシャープ。F1.8では僅かに軸上色収差が残存しているが、F2.8では影も形も無い。

パフォーマンスはF16まで同様、F22は回折の影響でやや低下している。

四隅

スライドショーには JavaScript が必要です。

絞り開放からとても良好。この価格帯のF1.8レンズとしてはかなりイイ。

まったく問題が無いので被写界深度がOKならばF1.8から実用となるパフォーマンス。これはRF24-105mm F4Lと比べて明らかに良好。

F1.8から絞ると僅かに改善し、F16まではパフォーマンスが持続する。正直に言うとF22も全く問題無い。

像面湾曲

スライドショーには JavaScript が必要です。

無限遠を使った撮影において、像面湾曲は問題無し。あったとしても分からないレベル。

接写解像

中央

スライドショーには JavaScript が必要です。

開放から良好。遠景と比べた際とほぼ同程度。

軸上色収差はやはりF2.8まで絞ると安定する。

周辺部

スライドショーには JavaScript が必要です。

開放は中央より少し低いかな?と感じるものの、ピント面のズレがあるかもしれない。

半段も絞れば遜色ないレベル。F1.8の大口径レンズのハーフマクロでこのパフォーマンスは凄い。

これは以前にD850と組み合わせてチェックした「SP 35mm F/1.8 Di VC USD (Model F012)」よりも明らかに良好。

軸上色収差

スライドショーには JavaScript が必要です。

絞り開放~F2.8までは僅かな色づきが発生する。ただし発生量は極僅かであり、実写では絞り開放からまず問題無いレベル。F2.8~F4まで絞ることでほぼ解消する。

接写ボケ

スライドショーには JavaScript が必要です。

前玉が小さいということもあってか口径食は大きいがボケ質は滑らかで良好。

口径食はF2.8まで絞るとだいぶ改善する。F5.6でもまだ丸みを帯びているが、F8まで絞ると角張が少し目立つ。とは言え、F8では玉ボケがとても小さくなるので結果的に目立たない。

玉ボケに非球面レンズの影響は見られずとても滑らか。

中距離ボケ

スライドショーには JavaScript が必要です。

像高7割から外側がやや騒がしい。アウトラインが強調され、像の流れも感じられるが1段絞るとマシになる。

玉ボケ

スライドショーには JavaScript が必要です。

やはり口径食はF2.8でだいぶ緩和する。

点光源

光条

スライドショーには JavaScript が必要です。

9枚円形絞り。

光条はF8から徐々に大きくなり始め、F11~F16では綺麗な光条が発生する。

四隅のコマ収差

スライドショーには JavaScript が必要です。

このレンズにおける弱点。手振れ補正+F1.8と夜景で使いたくなるスペックだが、絞り開放周辺の描写は注意が必要。

四隅はコマフレアと思われる点光源の変形が見られ、強い光源であればあるほど目立つ。

特にイルミネーションのように強烈な点光源の変形を抑えるためにはF4まで絞る必要がある。F5.6まで絞ればほぼ完全に抑えることが可能。

周辺減光

スライドショーには JavaScript が必要です。

「レンズ補正」をオフにすると絞り開放での減光はかなり目立つ。

ただし他のF1.8と比べt顕著に減光が大きいという程でもなく、玉ボケと同じく1段絞ると大きく改善し、以降の絞り値と同程度となる。

歪曲

わずかな樽型歪曲。目立たないが、建築物などを撮影する時には「レンズ補正」をオンにしておきたい。

逆光耐性

スライドショーには JavaScript が必要です。

RF24-105mm F4Lと比べると非常に良好。

フレア・ゴーストはとても良く抑えられ、小絞りで僅かに小さなゴーストが確認できる程度。「逆光」と言う意味合いでレンズフードの必要性は低い。

まとめ

EOS Rユーザーなら必携レンズ

満足度は95点。

実売6万円の35mm F1.8、と考えるとコストパフォーマンスはとても良い。

解像性能に弱点は無く、シフトブレ対応の手振れ補正を搭載しているので低照度に強い。さらにハーフマクロの接写性能を持ち、マクロ時のボケは滑らか。

口径食や周辺減光は強いものの、レンズのサイズやその他描写性能を考えると妥協できるレベル。

EOS Rを買ったならば是非おススメしたい一本。「そうか、これがミラーレスの35mmか」と感じるはず。

このレンズのポイント

  • Good:レンズの明るさ、サイズ、重量のバランスが良好
  • Bad:内筒がフォーカシングで伸びる
  • Bad:レンズフードが付属しない
  • Bad:フッ素コーティングや防塵防滴などの耐候性が無い
  • Good:コントロールリングによる+αの操作性
  • Good:EOS Rと組み合わせてマニュアルフォーカスが簡単
  • Fair:遅すぎないオートフォーカス・サーボ時の動作音が聞こえる
  • Good:絞り値全域で良好な中央解像
  • Good:絞り値全域で良好な四隅解像(像面湾曲無)
  • Good:ハーフマクロの接写性能と良好な画質
  • Fair:接写時のなめらかなボケだが中距離の四隅が騒がしい
  • Fair:滑らかだが口径食の影響が大きい玉ボケ
  • Bad:F4まで影響が大きい四隅の点光源変形
  • Bad:絞り開放周辺で大きな周辺減光
  • Fair:そこまで目立たない歪曲収差

sample

オリジナルデータはFlickrにて公開中

購入早見表

RF35mm F1.8 MACRO IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ヤマダ
レンズポーチ LP1016
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズフード EW-52
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズキャップ E-52 II
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズダストキャップ RF
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

-Canonレンズ, Canon広角レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー