FUJIFILMレンズ FUJIFILM標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

富士フイルム「XF27mmF2.8 R WR」まだまだ高価だが多機能で旅行に最適な小型レンズ

PhotographyBlogが富士フイルム「XF27mmF2.8 R WR」のレビューを公開。小型パンケーキレンズとしては高いと指摘しつつ、防塵防滴と絞りリングの追加で旅行に最適な組み合わせだと評価しています。

PhotographyBlog:Fujifilm XF 27mm F2.8 R WR Review

レンズの紹介:

  • 2013年に登場XF27mmF2.8の後継モデルだ。
  • この新モデルには物理的な絞りリングと防塵防滴に対応している。
  • フルサイズ判換算で41mmの焦点距離に相当する画角だ。
  • 光学系は従来通りである。

ビルドクオリティ:

  • レンズマウントは金属製、フォーカスリングや絞りリング、鏡筒はプラスチック製である。
  • フィルター径は39mmだ。フォーカシングにより回転はしない。
  • ドーム型レンズフードが付属し、専用のキャップもある。フィルター脱着時はレンズフードを取り外す必要がある。フード前面にネジは無い。

携帯性:

  • 重量はわずか84g、全長は23mmだ。とてもコンパクトなパンケーキレンズである。
  • 防塵防滴・絞りリングを追加しているにも関わらず重量はわずか6g増である。
  • X-E4と組み合わせることでとてもスリムなカメラシステムとなる。

操作性:

  • 絞りリングは1/3段ごとに操作できる。
  • 絞りリングは良好な抵抗感と独特のクリックを備えている。誤操作を防ぐには十分な剛性だ。
  • フォーカスリングは緩すぎず滑らかに回転する。オリジナルと同様、ピント両端にハードストップは無い。

オートフォーカス:

  • コアレスDCモーター駆動で動作するインナーフォーカス方式だ。
  • フォーカスは非常に高速で正確だ。
  • 動画撮影時はノイズが多く、マイクが音を拾ってしまう。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 中央はF2.8からシャープで、F4~F8で最高のパフォーマンスとなる。回折はF16から始まる。
  • 端はF2.8~F4でソフトだが、F5.6でシャープとなり、F8~F11で最適な絞り値となる。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 個人的な見解として、標準単焦点としてはうまく描写している。

色収差:

  • 色収差は問題とならない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 歪曲収差は見られない。

周辺減光:

  • F2.8で光量落ちが見られる。
  • 少なくとも2段絞ると解消する。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • フレアは発生しやすいが、F16-22で素晴らしい光条が発生する。

作例集

総評

富士フイルムはAPS-C用の古いレンズをリニューアルし始めている。今回は古株の27mm F2.8だ。防塵防滴、絞りリング、レンズフードと3つの要素が追加されているが、オリジナルと同じ超小型サイズ、ほぼ同じ重量を維持している。ねじ込み式のレンズフードと付属のフードキャップは、フィルターが使えない(フードを外さないと使えない)ことや、キャップの取り外しが難しいことなど、少々不便な点もある。

また、初代の不満点であったフレーム周辺部のシャープネス不足やオートフォーカスモーターのノイズを改善してほしいと思っていたが、残念ながら光学設計も高トルクのDCコアレスAFモーターも変更されていない。

F16のみ回折の影響を受けるが、ほぼ全絞り範囲でフレーム中心部は驚くほどシャープだ。しかし、周辺部のシャープネスはそれほど良くなく、決定的にシャープな結果を得るためには、F8まで絞る必要がある。
F2.8の開放値では、7枚羽根の絞りによって美しいボケ味が得られ、背景をクリエイティブに切り取ることができまる。周辺減光はほとんど問題にならず、色収差はゼロではないが、非常によく抑えられている。さらに歪曲収差も目立たない。

現在のXFラインアップの中で最もコンパクトなレンズであり、小型・軽量のカメラシステムを使いたいと考えている人には注目に値する。価格は399.99ドルで、イギリスでは以前よりも若干高くなっているが、アメリカでは若干安くなっている。
つまり、ただのF2.8のレンズとしては、まだ安いとは言えない。周辺部はそれほどシャープではないし、AFモーターの音もうるさく、レンズフードの取り付け方もやや複雑だ。

一方で、サイズを変えずに耐候性と絞りリングを追加したことで、オリジナルよりもさらに多機能で魅力的なレンズだ。X-E4のようなレンジファインダー風の小型カメラと組み合わせれば、超小型で耐候性があり、非常に目立たない旅行用システムとなることは間違いない。

とのこと。
X-E4と共に2021年に登場した新しいパンケーキレンズですね。光学系はXF27mmを踏襲しているものの、防塵防滴と絞りリングに対応したことは凄い。定評のある光学性能ですが、PhotographyBlogは絞り開放の四隅がイマイチと指摘しています。作例で確認したいところですが、F2.8を使った中景・遠景の作例がありません。旧モデルも含まれますが、Flickrの専用ページには8千点以上のユーザー投稿が公開されているので、そちらを参考にすると良さそう。残念ながら、発売より数か月経った今でも納期「3か月」の人気レンズとなっています。早めに使いたい人は注意が必要。

富士フイルム「XF27mmF2.8 R WR」交換レンズデータベース

XF27mmF2.8 R WR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズフード LH-XF27
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

参考:旧モデルの購入早見表

フジノンレンズ XF27mmF2.8
BK 楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
SV 楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER