「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

KAMLAN カメラ レンズ

KAMLAN FS 28mm F1.4 交換レンズデータベース

更新日:

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「KAMLAN FS 28mm F1.4」の情報を収集しています。

更新履歴

  • 2019-03-10:国内でサイトロンジャパンが取り扱いを開始したのでさっそく専用ページを作成しました。

レンズデータ

レビュー・作例・参考サイト

レビュー

購入早見表

レンズデータ

レンズ仕様

  • 焦点距離:28mm
  • 最大口径:F1.4
  • 最小絞り:F16
  • 画角:56 度
  • フォーマットの互換性:APS-C
  • レンズ構成:7 群8 枚
  • 最短合焦距離:25cm
  • フォーカス:マニュアルフォーカス(MF)
  • フィルターサイズ:52mm
  • マウント:Canon EF-M / Sony E / Fuji X / MFT
  • 寸法:66×58mm
  • 重量:約348g

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

海外の評価

Dustin Abbott

  • このレンズは同社の50mm F1.1と同じデザインの金属製鏡筒だ。安価な値札の割に高級感のある質感である。私がレビューしてきたLAOWAレンズと似ている。
  • 以前に感じた懸念材料はほとんど解決している。
  • 56mm×68mmと非常にコンパクトなレンズだ。手のひらに簡単におさまるサイズである。コンパクトだが、金属とガラスの塊であるため重量感はある。
  • 絞りリングは従来通りクリックレス仕様だ。動画ユーザーに好まれるだろう。50mm F1.1と比べて遥かに滑らかだがまだ動作は固い。誤操作による絞り値のズレを防止したいのは理解できるが、それでも少し固すぎる。
  • フォーカスリングに問題は無い。とても滑らかで完璧な減衰性だ。回転角は約160度で正確な調整が可能である。ただし、無限遠はハードストップの少し手前に設定されている。注意点は絞りリングと感触が似ているので誤って絞りリングを操作してしまうことだ。
  • 最短撮影距離は0.25mと平凡だが、最大撮影倍率は0.15倍と比較的大きく写すことが可能だ。
  • 11枚羽根の絞りは大きく絞っても円形を保っている。他の安いレンズと異なるポイントだ。玉ねぎボケや軸上色収差による色づきは無い。
  • 電子接点を備えていないため、歪曲収差や周辺減光は手動で補正する必要がある。また、手ぶれ補正を最適化するため焦点距離も手動入力するべきだろう。
  • 50mm F1.1を試した時、画質は良いところと悪いところがあった。良い面は素敵なボケと発色、悪い面は色収差が目立ち、フレアが発生しやすく、絞らないとコントラストが高くならないことだ。28mm F1.4は50mm F1.1の良い面を残しながら光学的欠点の大部分を改善している。
  • フレーム中央はF1.4からすでにとても良好だ。色収差はゼロでは無いが、コントラストへの影響は少ない。シグマ30mm F1.4 DC DNよりも小さいはずだ。F2まで絞るとシャープネスとコントラストはピークに達する。
  • フレーム端はF1.4で少しソフトだが像面湾曲の問題は無い。F2まで絞ると色収差が抑えられコントラストが高まるが、周辺減光の改善以外で画質の改善は見られない。F2.8まで絞るとフレーム端は飛躍的に向上し、F5.6で優れたパフォーマンスを発揮する。
  • シグマ30mm F1.4 DC DNと画質を比較すると中央はKAMLANのほうが僅かに優れ、フレーム端に向かってシグマのほうが安定している。F2まで絞っても同じ傾向だが、シグマはあまり改善せず、KAMLANはF5.6-F8に絞るとさらに改善する。
  • より重要な点として、KAMLANはシグマと比べて正確な色表現が可能となっていることだ。シグマは少し暖色傾向となる。
  • 欠点は太陽がフレームに入るとゴーストが発生しやすいことだ。50mm F1.1と比べると改善しているが、それでもまだ完璧ではない。
  • ボケのこのレンズにおける最大の強みと言っていいだろう。この価格帯のレンズとしてはかなりいい仕事をしている。
  • 接写でも中央領域はシャープな画質を維持している。

Kamlan 28mm F1.4はこのメーカーの技術向上が手に取るようにわかるレンズだ。50mm F1.1で感じた弱点の多くを改善しており、光学的により成熟した描写となっている。MFレンズと言うことで万人受けはしないだろう。しかし、200ドル以下の価格設定に加えて高級感のあるレンズの作りは多くのフォトグラファーがお気に入りとなるに違いない。

Sony Alpha Blog

  • 私がレビューする3本目のSainsonicレンズだ。LAOWAと同じように、少しずつ良くなっている。
  • フルサイズで言うところの42mmに相当する画角であり、人間の視野角に近く使いやすい焦点距離だ。そしてAPS-Cながらボケを作りやすいF1.4と大口径だ。
  • 金属鏡筒とプラスチック製レンズフードのビルドクオリティは良好だ。50mm F1.1よりも改善している。
  • フォーカスリングは滑らかに回転する。
  • 絞りリングはクリックレス仕様で動画撮影に最適だ。ただし、もっと滑らかだと良かったが、誤操作が少なくなっている。F11の絞り値表示は無い。
  • リアレンズキャップは改善されており、50mm F1.1のように脱落することは無い。
  • シャープネス:α6000
    ・中央:F1.4(good)-F2(very good)-F2.8-F8(excellent)-F16(回折)
    ・四隅:F1.4-F2.8(soft)-F4(average)-F5.6(very good)-F8-F16(excellent)
    ・良好なシャープネスだ。
    ・絞り開放の四隅は酷いが実写では問題とならないだろう。F5.6にかけて徐々に改善し、F8で優れた結果となったのは驚いた。
    ・ポートレートにも、自然風景にも適したレンズだ。
  • 周辺減光は絞り開放で目立つが、F2.8前後で解消する。
  • 歪曲は目に付くがそれほど大きくない。
  • 逆光耐性は曇天で試せなかったが良好のように見える。
  • 色収差はたまに強く発生するが、全体的には低く抑えられている。
  • ボケはとても良好だ。後ボケは滑らかで玉ボケは柔らかく形が良い。四隅の玉ボケは変形しているが、これは高価なレンズでも見られる現象だ。
  • 発色はとても良好でコントラストは強い。

KAMLAN 28mm F1.4はこれまで見てきた中で最高のKAMLANレンズだ。とても良好な結果である。

長所:とても良好なボケ・素敵な色と優れたコントラスト・ボケ量・良好なビルドクオリティとシンプルな操作性・優れた中央シャープネス・F8まで絞った時に優れた四隅・F2.8で解消する周辺減光・価格・サイズ

:色収差・歪曲

短所:マニュアルフォーカス・絞り開放の四隅がソフト

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon RFマウント RFレンズ一覧表
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

-KAMLAN, カメラ, レンズ