FUJIFILMレンズ FUJIFILM中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

「XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」はズーム全域で優れた中央解像性能

ePHOTOzineが富士フイルム「XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」のレビューを公開。300mmの周辺部で解像性能が低下するものの、中央周辺はズーム全域で優れたパフォーマンスを維持していると高く評価しています。

ePHOTOzine:Fujifilm Fujinon XF 70-300mm f/4-5.6 R LM OIS WR Review

レンズの紹介:

  • 富士フイルムXマウントレンズラインアップは着実かつ圧倒的な広がりを見せ、ここに70-300mmの望遠ズームレンズが加わった。フルサイズ判換算で105-400mmをカバーしており、ポートレートから野生動物まで幅広くカバーしている。

ビルドクオリティ:

  • ポリカーボネイト製だが非常に良好な作りだ。長期的な使用に適しているように見える。
  • 非常に大きな円形フードが付属する。
  • 防塵防滴仕様のため、環境によらない撮影が可能だ。
  • ズーム操作で内筒が伸びるもののガタツキは見られない。

携帯性:

  • ミラーレス用レンズは一眼レフ用レンズよりも小さくなることがあるが、このような望遠ズームレンズの大きさはほぼ同じだ。重量が大幅に減量するとは限らない。
  • ポリカーボネイト製の外装によりそれほど重くない。

操作性:

  • 非常に良好なAFでMFは必要ないかもしれないが、適度に幅広いフォーカスリングを搭載している。
  • 幅広いズームリングを操作するとレンズは大きく伸びるが、重心の移動はほとんど無い。
  • 「A」スイッチのある絞りリングを搭載している。
  • 5m~無限遠にピント位置を制限するAFリミッターを搭載している。時々このスイッチを誤操作してしまうが、それ以外で不満と感じる部分はない。

オートフォーカス:

  • 最短撮影距離は0.83mで、この際の撮影倍率は0.33倍だ。このようなレンズとしてはクローズアップ性能が良好で、フルサイズ判換算でハーフマクロに相当する。テレコンバージョンレンズに対応しているので、2倍テレコンで等倍マクロの撮影が可能だ。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 富士フイルムは5.5段の補正効果を主張しているが、実写では4.5-5.0段分の補正効果を簡単に得ることが出来る。もちろん動いている被写体には効果が無い。

解像性能:

  • 70mm:
    ・中央:F4からF11までExcellent、F16-22でVery Goodだ。
    ・端:F4からF11までVery Good、F16でGood、F22でFairだ。
  • 100mm:
    ・中央:F4.5~F11までExcellent、F16でVery Good、F22でFairだ。
    ・端:F4.5からF16までVery Good、F22でGoodだ。
  • 200mm:
    ・中央:F5からF11までExcellent、F16でVery Good、F22でFairだ。
    ・端:F5からF5.6までGood、F8からF11までVery Good、F16でGood、F22でFairだ。
  • 300mm:
    ・中央:F5.6からF11でExcellent、F16でVery Good、F22でFairだ。
    ・端:F5.6からF22の全域でFairだ。
  • 実写では300mmまで非常に良好なシャープネスを維持しており、フラットな被写体である解像チャートほど解像性能の低下は目立たない。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 焦点距離と絞り値、背景の複雑さに影響されるが、全体的に見てボケは非常に滑らかなで満足のいくものだ。

色収差:

  • 中央はとても良好な補正状態だ。
  • 端で悪化するが特に影響は見られない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • ボディ内で補正されており、この収差補正をオフにすることは出来ない。
  • 結果的にズームレンジ全域で僅かな歪曲収差に抑えられている。

周辺減光:

  • 周辺減光は自動補正が適用されているように見える。
  • 70mm F4:-1.6EV
  • 100mm F4.5:-1.4EV
  • 200mm F5:-1.2EV
  • 300mm F5.6:-1.2EV

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 大きなフードとEBCコーティングが相まってフレアはほとんど発生しない。

総評

このレンズは300mmまでの焦点距離を利用することができ、200mmまでは全体的な画質を良好に保ち、300mmでも中央部の高いシャープネスを維持している。300mmでは周辺部がやや低下するが、多くの被写体がフレームの中央に配置されるので、妥協できるポイントだと思う。シャープなポートレートを撮る場合は、有利になることもあるだろう。レンズに何ができて、何ができないのかを知ることで、その特性を強みとして活用することができると思う。

全体的に見て、富士フイルムのXF 70-300mm F4-5.6 R LM OIS WRは、リーズナブルな価格で優れた性能を発揮し、富士フイルムのXFレンズラインアップに加える価値のあるレンズだと思う。強くおススメするレンズだ。

  • 長所
    ・全域で優れたシャープネス
    ・低色収差
    ・低フレア
    ・低歪曲
    ・効果的な手ぶれ補正
    ・防塵防滴
    ・優れた操作性
    ・美しいボケ
    ・説得力のある価格設定
    ・マクロ性能
    ・テレコン対応
  • 短所
    ・300mm端のシャープネス
    ・スイッチを誤操作してしまう

とのこと。
このレンズに関して定量的なテストを実施しているレビューサイトは少なく、ePHOTOzineによる解像性能の結果は参考になると思われます。ズームレンジ全域で中央の解像性能は安定しており、300mmまで優れたパフォーマンスを得ることができそうですね。フレーム周辺部の性能は低下し、特に300mmでは絞っても改善しない模様。遠景を望遠側で撮影する場合は200mmまでに抑えておいたほうが良さそうです。
テレコンバージョンレンズと組み合わせた際のテスト結果が無いものの、DPReviewのサンプルギャラリーを見る限りではあまり期待しないほうが良さそうです。(特に×2.0)

富士フイルム「XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」交換レンズデータベース

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER