FUJIFILMレンズ FUJIFILM中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRは犠牲を伴うが小型軽量で満足のいく性能

PhotographyBlogが富士フイルム「XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」のレビューを公開。外装がプラスチック製で、AFも100-400mmほど速くないと指摘していますが、全体的には満足のいく性能と評価しています。

PhotographyBlog:Fujifilm XF 70-300mm F4-5.6 R LM OIS WR Review

レンズの紹介:

  • 富士フイルムXシリーズ向けの小型軽量で防塵防滴仕様の超望遠ズームレンズだ。
  • フルサイズ換算で107-457mmの焦点距離をカバーしている。さらにテレコンバージョンレンズを装着することで、214-914mmまで拡張可能だ。ただし2段分の減光がある。
  • 12群17枚のレンズ構成には1枚の非球面レンズと2枚のEDレンズを使用している。
  • オートフォーカスにはリニアモーターを使用し、最短撮影距離は0.83m、最大撮影倍率は0.33倍だ。
  • 希望小売価格は799ドルである。

ビルドクオリティ:

  • レンズ鏡筒は金属製ではなく、重量を抑えるために高品質なプラスチックを使用している。
  • 全体的なビルドクオリティは「Excellent」ではないが「Good」である。
  • 防塵防滴仕様に加えてマイナス10℃までの耐寒仕様だ。
  • プラスチック製レンズフードと布製レンズポートが付属する。

携帯性:

  • この焦点距離としては非常にコンパクトで軽量だ。
  • 重量はわずか580g、全長は70mmで132.5mmだ。
  • ズームアウトすると205mmまでレンズが伸びる。
  • 小型なX-S10と組み合わせた際のバランスも良好だ。

操作性:

  • 幅広いゴム製ズームリングと比較的狭いフォーカスリングを搭載している。
  • どちらも滑らかに回転する。
  • ズームリングの自重落下に問題なく、70mmでのズームロックスイッチも利用できる。
  • ズームロックスイッチは手動で解除するか、リングをを回転させることで解除することも可能だ。
  • 従来の絞りリングを搭載しており、1/3段ごとに動作する。絞り値の表示はないが、良好な減衰性とクリック感で操作できる。
  • 三脚リングには非対応だ。レンズは軽量で手ぶれ補正も搭載しているので問題無いと思うが、三脚リングに対応していないのは残念だ。

オートフォーカス:

  • フォーカスリミッターにより「0.83-∞」「5m-∞」を切り替えることが可能だ。
  • リニアモーター駆動のAFは非常に静かで十分高速だ。ただし、低照度ではスピードが遅くなり、少しハンチングする傾向が見られた。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 5.5段分の光学手ぶれ補正を搭載している。
  • レンズにスイッチが無いため、切り替えるにはカメラ側での設定が必要だ。

解像性能:

  • 70mm:中央はF4でも優れたシャープネスだ。F16で回折の影響により少しソフトとなり、F22で顕著にソフトとなる。端は中央ほどシャープでは無いが、F5.6~F11で最適な結果を得ることが可能だ。
  • 100mm:中央はF4.5でも優れたシャープネスだ。F16で回折の影響により少しソフトとなり、F22で顕著にソフトとなる。端は中央ほどシャープでは無いが、F5.6~F11で最適な結果を得ることが可能だ。
  • 135mm:中央はF5.0でも優れたシャープネスだ。F16で回折の影響により少しソフトとなり、F22で顕著にソフトとなる。端は中央ほどシャープでは無いが、F5.6~F11で最適な結果を得ることが可能だ。
  • 200mm:中央はF5.0でも優れたシャープネスだ。F16で回折の影響により少しソフトとなり、F22で顕著にソフトとなる。端は中央ほどシャープでは無いが、F5.6~F11で最適な結果を得ることが可能だ。
  • 300mm:中央はF5.6でも優れたシャープネスだ。F16で回折の影響により少しソフトとなり、F22で顕著にソフトとなる。端は中央ほどシャープでは無いが、F8~F11で最適な結果を得ることが可能だ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 作例のみ。

色収差:

  • 十分に補正され、非常に高いコントラストでのみ色収差を確認できる。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 全体的に糸巻き型歪曲はほとんど見られない。

周辺減光:

  • 70mmと300mmの絞り開放で僅かな光量落ちが見られる。
  • 通常は目立たないが、白い壁を撮影すると目立つ。
  • 全体的に数段絞ると問題無い。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • F22まで絞ると素敵な光条が発生する。
  • レンズフード装着時でも太陽をフレームに入れるとフレアが発生しやすくなる。

作例集

総評

  • XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRは焦点距離と価格の点で、短くて安価な55-200mmと、長くて高価なXF100-400mmの間に位置する、理にかなったレンズだ。
  • 一日中持ち歩けるほど軽量でコンパクトでありながら、ズームと絞りの全域で優れた光学性能を実現している。
  • より高価なXF100-400mmと同じレベルの耐候性を備えており、この価格帯では珍しく、1.4倍および2倍のテレコンバーターに完全対応している。
  • 2xコンバーターを追加することで、最大914mmという驚異的な望遠域が得られ、ほとんどの被写体に十分な対応が可能となる。ただし、2段分の明るさが犠牲になり、914mmでの開放F値はF11だ。
  • XF 55-200mmがどちらのテレコンバーターにも対応していないことも、70-300mmを検討する理由のひとつとなる。
  • しかし、このレンズにはいくつかの注意点がある。OISシステムと軽量のため三脚座に対応していない。ほとんどの場合は問題ないが、すべてのユーザーや用途に合うとは限らない。
  • また、軽量化と低価格化を追求するため、外装はプラスチック構造だ。これまで見てきたフジレンズの中では、ビルドクオリティで見劣りする。
  • オートフォーカスシステムは、デュアルリニアAFモーターを搭載しているXF100-400mmほど機敏ではなく、低光量でも優れているとは言えない。しかし、批判するほどの問題点でもない。

全体的に見て、70-300mmは、軽量・コンパクトな超望遠ズームレンズとしての条件を満たしており、ほぼすべての設定で素晴らしい結果が得られ、価格も手ごろだ。倍率の高いレンズを探しているXユーザーにとって、このレンズは満足のいく選択肢となるだろう。強くお勧めできる。

とのこと。
富士フイルムXマウント用のXFシリーズとしては3本目となる望遠ズームレンズですね。フルサイズではメジャーな「100-400mm」の画角をカバーしており、様々な用途での活躍が期待できます。光学性能は全体的に良好で、特に中央領域はズームレンジ全域で安定した結果を得ることができる模様。

APS-C用ズームレンズとしては少し高価ですが、XF100-400mmと比べると半値でお買い得。さらに競合他社にはない防塵防滴仕様とテレコンバージョンレンズとの互換性を考えると面白い選択肢ですね。

富士フイルム「XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」交換レンズデータベース

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER