Tamronの情報 Tamronレンズ カメラ 噂情報

タムロン 20-40mm F/2.8 Di III VXDの発売日やスペックなどの噂情報

タムロンが開発発表している「20-40mm F/2.8 Di III VXD」に関して発売日やカタログ、スペックなどの情報が5ちゃんねるにて話題となっています。

5ちゃんねる:デジカメ板

  • カタログ PDF
  • 20-40mm F/2.8 Di III VXD
  • 海外発売予定日:2022年10月27日
  • A062
  • 焦点距離:20-40mm
  • 絞り値:F2.8-F22
  • 絞り羽根:9枚
  • レンズ構成:11群12枚
  • 最短撮影距離:0.17-0.29m
  • 最大撮影倍率:1:3.8-1:5.1
  • フィルター径:67mm
  • サイズ:φ74.4×86.5mm
  • 重量:365g
  • 防塵防滴:簡易防滴
  • AF:VXD
  • 手ぶれ補正:-
  • その他機能:
    ・USB-Cポート
    ・BBAR-G2
    ・フッ素コーティング

海外ではちょうど来月の今頃に発売となるみたいですね。おそらく日本でも同じ時期の発売になると思われます。価格設定は今のところ不明。撮影倍率はここ最近のタムロンレンズとしては平凡ですが、便利なズームレンジや小型軽量な携帯性が強みのF2.8ズームとなりそうです。

開発発表時の情報

総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:鯵坂司郎、本社:さいたま市)は、フルサイズミラーレス一眼カメラ対応のソニー Eマウント用大口径標準ズームレンズ「20-40mm F/2.8 Di III VXD (Model A062)」(以下Model A062)の開発を発表いたします。

商品名 20-40mm F/2.8 Di III VXD (Model A062)
ソニー Eマウント (35mmフルサイズ対応)
発売日 2022年秋発売予定※2)
希望小売価格 未定

主な特徴

  • クラス最小・最軽量の20-40mmをカバーするF2.8通し大口径標準ズームレンズ
  • Vlogや自撮りなどの動画撮影も快適に
  • 高画質とコンパクトボディの両立
  • VXD搭載により高速高精度AFを実現
  • 広角端で最短撮影距離0.17m、最大撮影倍率1:3.8のワイドマクロ撮影が可能
  • ズーム回転角65°、流れを止めないスムーズな撮影が可能
  • 独自開発した専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility™」による、フォーカスリングのカスタマイズやファームウェアのアップデートが可能
  • 新レンズデザイン採用により、操作性や耐擦傷性を向上
  • 弊社ミラーレス用レンズシリーズの多くと共通のフィルター径φ67mmを採用
  • 簡易防滴構造、防汚コートによる高い利便性を追求
  • ソニー製カメラに搭載されている「ファストハイブリッドAF」「瞳AF」など各種カメラ機能に対応

噂されていた20-40mm F2.8がついに開発発表されましたね。広角20mm始まりの珍しい広角/標準ズームレンズとなっています。汎用性の高いズームレンジですが、小型軽量なレンズサイズを実現しており、普段使いや自撮り、ジンバルに搭載する際にもコンパクトサイズを活かすことが出来そうです。今のところ価格設定や正確な発売日は不明ですが、正式発表が待ち遠しいですねえ。

タムロンレンズ一覧

フルサイズ

APS-C

マイクロフォーサーズ

タムロン関連記事

-Tamronの情報, Tamronレンズ, カメラ, 噂情報
-