Canon Canon関連の情報 EOS Rシリーズ デジタルカメラ総合 噂情報

近いうちに登場すると噂の「EOS R6 Mark II」に関する期待度の高いスペック噂情報

Canon Rumorsがキヤノン新製品に関する噂情報を高い格付けで発信。近いうちに登場すると噂の「EOS R6 Mark II」に関して、2400万画素CMOSセンサーやボディ内手ぶれ補正、12fpsのメカ連写、4K 60p、Canon log 3など。

Canon Rumors:The Canon EOS R6 Mark II is coming and these are some specifications [CR3]

EOS R6 Mark IIが近いうちに登場するという最初の噂があったとき、我々は少し懐疑的だった。しかし、キヤノンEOS R6 Mark IIが間違いなく近いうちに登場することをようやく確信することができた。非常に良好なソースから、EOS R6 Mark IIに期待できる基本的な仕様が送られてきた。

  • 2400万画素 CMOSセンサー
  • ボディ内手ぶれ補正
  • 12fps メカニカル
  • 4K 30p クロップ無し
  • 4K 60p クロップ有り
  • Canon log 3 HDR PQ
  • SD デュアルカードスロット
  • EOS R6のボディに大きな変更点なし。

この仕様のイメージセンサーが、EOS R3に搭載されているセンサーかどうかは不明だが、その可能性は高いと考えている。

この仕様と以前に話題となったEOS R8についての仕様には類似点がある。仕様の重複があるのか?近い将来、2つのカメラが登場するのか?今のところ定かではない。とはいえ、EOS R6 Mark IIに関するこの情報は、非常に信頼性が高いと考えるべきだろう。

今後、さらに明らかになることを期待している。

とのこと。
今のところ登場時期は不明ですが、信頼できるソースからEOS R6後継モデルに関する噂情報を得たようです。イメージセンサーがEOS R3と同じ積層型CMOSセンサーとなるのかは不明ですが、それを期待したいところですね。過去にいくつか開発発表の情報を的中させているhow2fly氏が8月31日時点で同様の情報について言及しています。積層型CMOSセンサーが搭載されるとなると、AF性能やローリングシャッターの性能は段違いに良くなりそうですが、価格も高くなりそう。果たして真相やいかに…。その他の仕様はEOS R6と比べて大きな変更点が内容にも見えますが、AFシステムはR3やR7のような最新設計へと移行するものと思われます。

噂のまとめ

EOS R1

  • 2023年春にティーザーが見れるかもしれない
  • 2023年後半まで期待できない
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)
  • DO超望遠レンズと共に開発発表される可能性あり

EOS R100(仮)

  • Vlogger向け
  • EOS M6 Mark IIのようなフォームファクタ
  • 2022年11月までに
  • 従来とは異なるバリアングルモニタ

フルサイズ EOS R(信憑性不明)

  • 2022年8月から6か月以内に登場
  • EOS Rの置き換えのようなカメラ
  • EOS R6の下位
  • EOS R3のような積層型CMOSセンサー
  • 発売は2023年Q1

RF135mm F1.8 L USM

  • 2022年Q4

その他の噂

コードネーム一覧

エントリー フルサイズEOS R

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下
  • 世界的な供給網の価格変動で計画が延期・中止となった可能性

EOS Kiss M3

  • 2022年Q4
  • 24.1MP APS-C CMOSセンサー
  • DIGIC X イメージプロセッサー
  • UHD 4K30p SD (標準画質) (ノンクロップ)
  • UHD 4K30p HQ(高品質)(1.6倍クロップ済み)
  • FullHD 120動画撮影
  • デュアルピクセルCMOS AF II(瞳・動物検出AF付き)
  • Wi-FiおよびBluetooth、Webカメラ機能
  • 拡張ISO 51200、10fps撮影。

その他噂

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明→2022年内に登場する
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90
    ・EOS R7 C:2023年後半

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF12mm F1.8 L USM
  • RF24mm F1.4 L USM
  • RF28mm F1.4 L USM
  • RF35mm F1.2 L USM
    2021年Q4
    ・2023年
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8 L IS USM
    ・2023年
    ・EFレンズ比で全長が30%減
    ・EFレンズ比で重量が40%減
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canon, Canon関連の情報, EOS Rシリーズ, デジタルカメラ総合, 噂情報
-, ,