Canonレンズ Canon中・望遠レンズ RFレンズ カメラ レンズ

キヤノンRF85mm F2 Macro IS STM交換レンズデータベース

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「RF85mm F2 Macro IS STM」に関する情報を収集しています。

データベース

最新情報

  • 2020-07-09:量販店価格は82,500円(税込)、10月下旬発売予定とのこと。
  • 2020-07-09:649ポンドになると噂されています。
  • 2020-07-06:「RF85mm F2 Macro IS STM」が近日中に正式発表される雰囲気となってきた専用の情報収集ページを作成しました。ひとまず現在の噂情報を掲載。

購入早見表

レンズデータ

レンズ仕様

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

関連記事

海外の評価

DPReview ハンズオン

DPReview:Hands-on with Canon's new RF 85mm F2 Macro IS STM

  • プロ向け「RF85mm F1.2L USM」のコンパクトな代用品だ。高価なレンズほど明るいレンズでは無いが、光学手ぶれ補正と便利な接写性能を備えている。言うまでもなく持ち運びはずっと簡単だ。
  • 重量は500gとフェザー級からは程遠いものの、RF85mm F1.2Lと比べて半分だ。EOS R6と組み合わせても重く感じない。
  • フィルターはリーズナブルな67mmを使用する。
  • 綺麗でマットブラックなデザインだ。フォーカスリングとカスタマイズ可能なコントロールリングを搭載している。二つは手触りで判断できるようにテクスチャが異なっている。
  • 外装はポリカーボネイトパーツを多く使用しているが、全体的にビルドクオリティはとても良好だ。
  • キヤノンはこのレンズについて耐候性があるとは述べていない。
  • レンズはマレーシア製である。
  • RF85mm F1.2Lほどでは無いが、高度で複雑な光学設計だ。1枚のUDレンズを含む11群12枚構成である。
  • 絞り羽根は9枚円形絞りだ。
  • 「MACRO」を冠しているように、このレンズは0.5倍の最大撮影倍率を備えている。テクニカルに見ると真のマクロレンズでは無いが、他社でも等倍未満のレンズで「マクロ」を冠することはある。
  • この種でレンズで0.35mの最短撮影距離はとても印象的な仕様だ。この際、オートフォーカスの可動範囲を制限することも出来る。
  • オートフォーカスは「RF35mm F1.8 Macro IS STM」のようにステッピングモーターを使用している。ナノUSM駆動ほど高速ではない可能性が高く、静かかどうかは分からない。
  • 光学手ぶれ補正は定格5段分の補正効果だ。EOS R5やR6と組み合わせることで最大8段分の補正効果を期待できるそうだ。これは接写撮影でとても有益な性能と言えるだろう。
  • プリプロダクションモデルで手ぶれ補正を試すことは出来ないが、機会があれば使ってみたいものだ。
  • 2020年10月に599.99ドルで発売予定である。

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~