【セール情報】Amazon「GODOX製品が最大19%OFF」「ProGrade COBALT 325GB 15%オフ
【予約販売開始】キヤノン「EOS R3・RF16・RF100400」ニコン「Z 40mm F2

FUJIFILMレンズ FUJIFILM標準レンズ FUJIFILM関連の情報 カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

富士フイルム「GF35-70mmF4.5-5.6」は沈胴機構を採用している?

Fuji Rumorsが富士フイルムGマウントレンズの噂情報を発信。以前から噂されている「手ごろな価格のGF35-70mmF4.5-5.6」には絞りリングが搭載されないと言及しています。

Fuji Rumors:RUMOR: Fujinon GF35-70mmF4.5-5.6 with Collapsible Lens Design

FujiRumorsをフォローしていれば、富士フイルムが新しい「GF35-70mmF4.5-5.6」の発売を準備していることを知っていることだろう。そして、次の新製品「FUJIFILM GFX50S II」のキットレンズとして手に入れた場合、価格はわずか500ドルになることも知っていると思う。

さて、我々のソースのおかげで、GF35-70mmF4.5-5.6が沈胴機構のレンズであると伝えることができる。このデザインは、フジノンXC15-45mm F3.5-5.6ですでに導入されている。

ご参考までに、以下にGFX50SIIとGF35-70mmF4.5-5-6の噂をまとめてみた。

  • GFX 50S IIが登場する(8月27日ではない)
  • GFX 50S IIの発売日は9月である
  • GFX 50S IIの販売価格は3999ドルだ
  • GFX 50S IIはGFX100Sと同じボディであり、手ぶれ補正を搭載している
  • GF35-70mmが2021年後半に登場する
  • GF35-70mmはキットレンズとして手に入れる場合に実質500ドルとなる
  • GF35-70mmの開放F値はF4.5-5.6だ
  • GFX 50S II+35-70mmレンズキットで4499ドル
  • GF35-70mmには絞りリングが無い
  • GF35-70mmは沈胴機構である

とのこと。
これが本当だとすると、世にも珍しい中判センサーの沈胴ズームが誕生しそうですね。GFX100SやGFX 50S IIと組み合わせて、携帯性の高い中判センサーシステムが実現するのでしょうか?これで機能性を抑えて光学性能を維持しているのだとしたら、風景撮影など高解像・高ダイナミックレンジが必要なシーンで画期的な選択肢となるかもしれません。噂のGFX 50S IIと組み合わせて4499ドルというのも魅力的ですね。高価なフルサイズセンサーカメラ並の価格設定で中判システムを始められるのだから面白い。

参考:Gマウントレンズ一覧

ロードマップ

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM標準レンズ, FUJIFILM関連の情報, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報