Tokinaレンズ レンズ 管理人レビュー

トキナーatx-m 85mm F1.8 FE 交換レンズレビュー【コマ収差・歪曲減光編】

2020年2月15日

このページではトキナーのミラーレス用交換レンズ「atx-m 85mm F1.8 FE」のレビューを掲載しています。今回はコマ収差・歪曲収差・周辺減光のテストを実施。

レンズのおさらい

概要

  • メーカー:株式会社ケンコー・トキナー
  • 商品ページ
  • 仕様表
  • 発売日:2020年2月7日
  • 対応マウント:ソニーEマウント
  • 初値:¥49,320 (税込)
  • 備考
    ・AF対応(ステッピングモーター)
    ・防塵防滴非対応
    ・フッ素コーティング
    ・atx-mシリーズ1本目のレンズ
    ・金属鏡筒
atx-m 85mm F1.8 FE
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo PayPay
焦点距離 85mm
明るさ F1.8
フォーマット 35mmフルフォーマット
最小絞り F16
レンズ構成 7群10枚
コーティング マルチコーティング
画角 28.5°
フォーカス方式 インナーフォーカス
絞り羽根枚数 9枚
フィルターサイズ 72mm
最短撮影距離 0.8m
マクロ最大倍率 1.8
絞り羽根枚数 9枚
最大径 80.0mm
全長 93.0mm
重量/th> 645g
付属品 バヨネットフード(BH-727)、レンズキャップ

2020年2月発売のトキナー製ミラーレス用単焦点レンズ。
「FíRIN」かと思いきや、「atx-m」という新シリーズ。トキナーのミラーレス用レンズは数が少ないにも関わらず「FíRIN」「atx-i」「atx-m」と3シリーズ存在します。このネーミングセンスにはいささか迷走感を拭い得ない。

シリーズの意味

  • 「FíRIN」=「高性能なフルサイズミラーレス用レンズ」
  • 「atx-m」=「motif(動機・創作行為)」
  • 「atx-i」=「interactive(撮影者とレンズの双方向の対話)」

風呂敷広げすぎだと思うので、少し畳んだ方が良いと思うのです。

ちなみにこのレンズ、「VILTROX PFU RBMH 85mm F1.8」とレンズ構成・スペックが全く同じ。このためどちらかがOEMである可能性が高い。おそらくViltrox製であり、それでFíRINシリーズとならなかったのではと邪推。

出自はさておき、実売5万円未満とフルサイズ対応「85mm F1.8」としてはリーズナブル。ただし、ソニー純正「FE 85mm F1.8」と比べて大きな価格差はありません。描写性能や携帯性などを考慮しつつ選択したいところ。

価格はViltroxと変わらないので日本で買うならトキナー買っておけば良いはず。トキナーは正式にライセンス契約を結んでおり、おそらくボディ側からファームウェアアップデートが可能となっているはず。(ViltroxはマウントのUSB端子と接続してパソコン経由でアップデートする必要がある)

コマ収差

撮影環境

メモ

  • α7 III ILCE-7M3
  • atx-m 85mm F1.8 FE
  • Leofoto LS-365C+Leofoto G4
  • ISO 800 固定
  • 絞り優先AE
  • Adobe Lightroom Classic CC
    (RAW現像・クロップで使用)
  • Adobe Photoshop CC
    (GIF出力処理で使用)

全体像

クロップ

メモ

影響は軽微。僅かな影響が見られるものの、全体像としては問題ナシ。とは言え「85mm F1.8」としては少し強めの収差に見えます。どちらにせよ、軽微な問題であり心配する必要はありません。

それでも気になる場合は1~2段絞ると解消します。

歪曲

メモ

やや目に付く糸巻き型歪曲。
「85mm F1.8」としてはやや強めの歪曲収差であり、場合によって補正が必要と感じる収差量。

残念ながらレンズプロファイルが格納されていないため、ボディ側で「レンズ補正」を適用しても歪曲収差に変化は無し。現像ソフトによる手動補正の作業が必要となります。

手動補正・Batis 1.8/85 プロファイル

メモ

Adobe Lightroomであれば「Batis 1.8/85」のレンズプロファイルを手動で適用すると”ほぼ”改善します。
面倒で無ければ手動の「ゆがみ補正」で綺麗に補正が可能。

周辺減光

メモ

絞り開放で中程度の周辺減光が発生。決して少なくない減光量ですが、「85mm F1.8」としては健闘しているほう。光学的に減光を改善するのであればF4まで絞りたいところ。完璧に解消したい場合はF8まで絞るのがおススメ。

歪曲収差と異なりボディの「レンズ補正」を適用することが可能。ただし、補正効果が非常に弱いうえ、絞りで減光を改善すると「過補正」気味となるのでオフ推奨。

Lightroomであれば、やはり「Batis 1.8/85」のレンズプロファイルを適用することで減光を解消できます。

F1.8(補正前・補正後)

F2.0(補正前・補正後)

F2.8(補正前・補正後)

F4.0(補正前・補正後)

F5.6(補正前・補正後)

F8.0(補正前・補正後)

プロファイル補正 F1.8

コマ収差・歪曲収差・周辺減光の雑感

満足度:80点

コマ収差は完璧と言えないものの、特に大きな問題はありません。絞り開放から良好な解像性能を発揮するので夜景や天体撮影にも活用できるはず。

歪曲収差は人によって後処理必須、しかも自前のプロファイルが無いので手動調整が必須となります。歪曲収差が特に問題となる人は要注意。

周辺減光も歪曲収差と同じく人によっては後処理必須。とは言え影響が比較的小さく、絞ると改善するので問題と感じる人は少ないと思います。

atx-m 85mm F1.8 FEの最新情報を集めるページはコチラ

新品・中古を探す

atx-m 85mm F1.8 FE
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo PayPay

関連記事

サイト案内情報

トキナーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony E 最大5万円 -2020/7/26 2020/8/11
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Tokinaレンズ, レンズ, 管理人レビュー
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.