Tokinaレンズ レンズ 機材の噂情報・速報 海外の評価

トキナー atx-m 85mm F1.8 FE はボケが本当に美しいレンズ【海外の評価】

2020年3月8日

【広告】ワイドトレード Leofoto製品などのスーパーセール開催中

スポンサーリンク

Digital Camera Worldがトキナー製交換レンズ「atx-m 85mm F1.8 FE」のレビューを掲載しています。

Tokina atx-m 85mm f/1.8 FE review

  • 多くのトキナーレンズと同様、ビルドクオリティはしっかりとして頑丈だ。
  • ソニーレンズに多いフォーカスホールドボタンやAF/MF切替スイッチは存在しない。
  • シンプルな外観だが645gと軽いレンズでは無い。
  • マニュアルフォーカスはステッピングモーターを電子制御式で操作する。MFアシストによる拡大やピーキング、ピント距離を表示可能だ。
  • フォーカスリングは我々の好みからすると少し硬すぎる。
  • 前玉はフッ素コーティングが施されているが、レンズ本体に耐候性は無い。
  • ボケはとても心地よい。柔らかくクリーミーな描写だが、十分なシャープネスを確保している。
  • 軸上色収差・倍率色収差の補正は優れている。絞り開放でも軸上色収差は僅かだ。
  • オートフォーカスを利用すると、ピントが合っていない場合がしばしばある。正しくピントを合わせると中央領域は絞り値全域でとても優れている。中央から四隅に向かって解像性能は低下する。
  • 周辺減光はとても小さく、歪曲収差は僅かな糸巻き型だ。

少なくともフレーム中央は見事なシャープネスであり、ボケは柔らかく夢のようで本当に美しい。過去に見てきた85mm F1.4よりも優れている。耐候性は無いが良好なビルドクオリティだ。コストパフォーマンスの高いレンズである。

長所:少し絞っても美しいボケ・フレーム中央のシャープネスがとても良好・静かなAF

短所:AF精度が一貫していない・MFがとても硬い・防塵防滴非対応

Digital Camera World:Tokina atx-m 85mm f/1.8 FE review

とのこと。
私も発売日に入手しており、確かいボケが強みとなるレンズと感じました。解像性能は正直なところ平凡(中の上)ですが、この価格帯としては非常におススメできるボケ描写です。焦点距離も含めてまさにポートレート向けのレンズ。

Digital Camera Worldが指摘しているように、マニュアルフォーカスリングが硬く、オートフォーカスの一貫性が悪いのは確かに感じます。特にF5.6前後まで絞った際のAFでピントを外しやすい印象。絞り開放付近を使う限りで特に問題はありません。

純正レンズと比べて大きな価格差はありませんが、ボケ描写や口径食を抑えた85mm F1.8が欲しいのであればおススメの一本。AFの問題はファームウェアアップデートで対応して欲しいところ。

atx-m 85mm F1.8 FEの最新情報を集めるページはコチラ

関連レンズ

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Tokinaレンズ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 海外の評価
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.