「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Canon標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー 解像力チャート

キヤノンEF50mm F1.8 STM解像力テスト&レビュー

このページではキヤノン製フルサイズ対応交換レンズ「EF50mm F1.8 STM」の解像力テスト結果とレビューを公開しています。

EF50mm F1.8 STM 解像性能 検証

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:EOS R
  • 交換レンズ:EF50mm F1.8 STM
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • EOS RのRAWファイルを使用
  • ISO 100 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
    ・格納されたレンズプロファイルオフ
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェックしています)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証しています。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性があります。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

解像力テスト

 

絞り開放の描写は「カリカリシャープ」から程遠いものの、安価な50mm F1.8としてはきちんとした解像性能。

中央は開放から実用的な解像性能を発揮し、F4~F11では「3500本」を超える立派なパフォーマンスを発揮。

周辺部や四隅も絞り開放こそやや甘いものの、絞ると急速に改善します。F4~F11は中央領域と同程度まで解像する模様。キヤノンの最新ズームレンズ「RF24-105mm F4L IS USM」でも絞り開放の50mm四隅はやや甘いのでF4~F5.6における解像性能はEF50mm F1.8 STMが有利。

EF40mm F2.8 STMほど安定した開放描写では無いものの、F4-F5.6まで絞った時の解像性能はEF50mm F1.8 STMのほうが遥かに優れています。

F値 中央 周辺部 四隅
F1.8 2919 2639 2418
F2.0 3062 2641 2545
F2.8 3503 2987 2852
F4 3937 3657 3505
F5.6 3681 3910 3920
F8 3648 4068 3972
F11 3538 3443 3505
F16 3094 3218 3168
F22 2805 2740 2571
サンプル(F1.8)

価格を考えると良好な性能

1万円台の標準単焦点レンズとしてはバランスが良いなと感じます。純正AF対応レンズで解像性能はまともで諸収差も程よく補正されている印象。ボケは少し騒がしいかなと感じますが、価格を考えると妥協すべきポイントでしょう。

このレンズが1万円台で存在する以上、社外製50mm F1.8は売れないでしょうねえ…。無理して社外製を買うくらいであればこのレンズがおススメ。

今回使用した機材

サイト案内情報

解像力レビュー

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Canonレンズ, Canon標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー, 解像力チャート

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.