OLYMPUSレンズ OLYMPUS中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

OMDS「M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro」レンズレビュー 遠景解像編

OMデジタルソリューションズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」のレビュー第二弾を公開。2000万画素のLUMIX G9 RPOと組み合わせて、いつもの場所から撮影しています。

まえがき

レンズのおさらい

レンズ概要

  • 2012年10月 5日 発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:10群13枚(EDレンズ、HRレンズ2枚、E-HRレンズ)
  • 開放絞り:F2.8
  • 最小絞り:F22
  • 絞り羽根:7枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:0.19m
  • 最大撮影倍率:1.0倍
  • フィルター径:φ46mm
  • レンズサイズ:φ56 x 82mm
  • 重量:185g
  • ステッピングモーター駆動
  • AFリミッター搭載
  • 防塵防滴
  • レンズフード別売り

2012年発売のマイクロフォーサーズ用マクロレンズ。パナソニック「LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.」次いで設計の古いマクロレンズながら、価格.comで売れ筋No.1を独走する人気モデルで、カメラ専門店でも「納期未定」と書かれるほどの品薄っぷり。新型コロナウイルスでマクロレンズが良く売れるようになったと言われていますが、このレンズも例外では無い模様。

焦点距離は60mmでフルサイズ判換算で120mmの画角をカバーする望遠マクロ。現行のマイクロフォーサーズ用設計のマクロレンズとしては焦点距離が最も長く、プロ・アマチュアを問わず愛用している人は多いはず。
さらに、数あるマクロレンズの中でも防塵防滴仕様はこの60mm F2.8 Macroのみ。撮影環境を選ばずにマクロを撮りたい場合は選択肢がコレしかないのです。(ロードマップ上には望遠PROマクロが存在します)
残念ながらレンズフードは別売りのため、前玉保護、遮光性の観点から購入しておくことをおススメします。

撮影倍率は1.0倍。「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」の1.25倍には及びませんが、フルサイズ判換算で2倍までクローズアップ出来るので十分な撮影倍率と言えるでしょう。
フォーカス駆動にはステッピングモーターを使用しているので静かで滑らかな動作を実現。MFはバイワイヤ式となるので直感的な操作は難しいですが、回転速度に応じて動作するので微調整は簡単。

価格のチェック

最安値は4万円~5万円で推移。30mm F3.5 Macro25mm F1.845mm F1.8と比べると少し高価ですが、驚くほどの価格差ではありません。7万円超のLEICA DG 45mm F2.8と比べると安い安い。ただし、スライド式レンズフードは別売りのため、追加投資4000円程度は確保しておきたいところ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
スライド式レンズフード LH-49
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
フォーカスギア PPZR-EP03
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
マクロフラッシュ STF-8
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

遠景解像力

テスト環境

  • 撮影日:2021年5月14日-晴天-微風
  • カメラ:LUMIX G9 PRO
  • 三脚:Leofoto LS-365C
  • 雲台:Leofoto G4
  • 露出:絞り優先AE-ISO 100
  • 現像:RAW-Adobe Lightroom Classic CC
    ・シャープネス「0」
    ・ノイズリダクション「0」

お知らせ

残念ながら通常モードでのF8を撮り損ねていました。
ただし、ハイレゾモード 80MPのF8で撮影しています。

テスト結果

中央

絞り開放からシャープネスとコントラストはピークの状態であり、絞ってもこれと言って変化はありません。F2.8からシャープであり、コントラストも良好。被写界深度が必要なければ絞る必要性は無いように見えます。

周辺

中央と性能・傾向も共に同じ。絞り開放から非常に良好であり、絞り値による改善効果はありません。よく見るとシャープネスとコントラストが僅かに改善しているようにも見えますが、等倍を重視しない実写で気が付くほどの画質差では無し。

四隅

中央や周辺と比べるとコントラストが少し低下しているように見えます。ただし、シャープネスは絞り開放から良好で、やはり絞りによる大きな変化はありません。
全体的に見て、隅から隅まで一貫した光学性能を発揮しており、マクロレンズらしい特性を備えていると言えそうです。

実写で確認

全体的に均質性が高く、F2.8から良好なシャープネスとコントラストを得ることが可能。パフォーマンスは概ねF11まで持続し、F16以降は回折の影響が強くディテールが悪化しているように見えます。接写時に被写界深度が必要な場合を除いて、絞りはF11までに抑えておくのが良さそう。

ハイレゾ

8000万画素相当のハイレゾモードを使用しても中央画質の大きな問題はありません。しかし、周辺部や四隅は8000万画素に対応しているとは言い難く、絞り開放では像がわずかに甘いように見えます。絞っても大きく改善するわけではありません。しかし、最高画質を目指すのであればF5.6まで絞っておいたほうが良いでしょう。

今回のおさらい

絞り開放からフレーム隅まで非常に良好な遠景解像性能を発揮。ただし、8000万画素ハイレゾショットなどで劇的に解像性能が向上するわけでは無いので、今後より高解像なセンサーが登場した時にどこまで対応できるのかは未知数。少なくとも8000万画素のような解像度では周辺や四隅の描写が少し甘くなります。基本は1600~2000万画素の通常撮影で十分。

被写界深度が許すのであれば、絞り開放から良好なパフォーマンスを得ることが出来ます。F11までは安定した解像性能が得られるので、スローシャッターを利用したい場合はF16を避ければ気兼ねなく利用することが可能。ただし、光学手ぶれ補正は搭載していないのでほどほどに。

風景撮影で使いたい焦点距離か?と言うとそうでは無いものの、マクロ撮影についでの遠景撮影であれば全く問題を感じないはず。

購入早見表

M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
スライド式レンズフード LH-49
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
フォーカスギア PPZR-EP03
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
マクロフラッシュ STF-8
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-OLYMPUSレンズ, OLYMPUS中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,