Nikonレンズ Nikon広角レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー 解像力チャート

ニコン NIKKOR Z 28mm f/2.8 SE徹底レビュー 解像力チャート編

ニコン NIKKOR Z 28mm f/2.8 SEのレビュー第三弾を公開。今回はZ 7に装着して、近距離で解像力チャートと測定ソフトを使用したテスト結果を公開しています。

NIKKOR Z 28mm f/2.8のレビュー一覧

まえがき

2019年にロードマップに追加され、2021年3月に「Z 40mm F2」と共に開発発表、そしていよいよ登場するかと思いきや、Z fc用にデザインが変更された「NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)」が先に正式発表された(6月29日)。その後は世界情勢が影響したためか発売時期が遅れ、ようやく10月1日にZ fc用のキットレンズとしてリリースされた。

概要
レンズの仕様
マウント Z 最短撮影距離 0.19m
フォーマット 35mm 最大撮影倍率 0.2倍
焦点距離 28mm フィルター径 52mm
レンズ構成 8群9枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F2.8 テレコン -
最小絞り F16 コーティング 不明
絞り羽根 7
サイズ・重量など
サイズ φ71.5×43mm 防塵防滴 配慮
重量 160g AF STM×2
その他 プラスチックマウント
付属品
レンズキャップ

、まず注目すべきはレンズサイズ。フルサイズに対応した広角28mmながら、全長はわずか43mm、そして重量は160gと小型軽量なレンズに仕上がっている。このため、フルサイズカメラのみならず、APS-Cセンサーサイズのカメラと組み合わせてもバランスが取りやすい。実際、このレンズはZ fcのキットレンズとして世に送り出された。もちろんフルサイズミラーレスに装着して使いことも出来る。

小型軽量で低価格ながら、レンズは防塵防滴に配慮した設計となっている。対応するボディと組み合わせることで天候を選ばずに撮影できるのは有難い。さらに、この価格帯としては珍しく、フォーカシングにマルチフォーカス構造を採用。これにより近距離でも収差変動の少ない光学性能を実現。

レンズ構成は8群9枚でうち非球面レンズを2枚採用している。MTFを見る限り、小型軽量な広角レンズとしては非点収差が良く抑えられており、周辺部の落ち込みが少ないように見える。実写でチェックしないと断言はできないものの、良レンズの予感。

価格のチェック

売り出し価格は34,650円(税込)。Z 40mm F2.8よりは高いものの、それでもNIKKOR Zレンズの中では非常に安いフルサイズ用レンズに違いない。防塵防滴に配慮した設計、マルチフォーカスなどの特性を考慮するとコストパフォーマンスは高い。

NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo!
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
NIKKOR Z 28mm f/2.8(簡易検索)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

解像力チャート

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:Nikon Z 7
  • 交換レンズ:NIKKOR Z 28mm f/2.8 SE
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • RAW出力
  • ISO 64 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
    ・格納されたレンズプロファイル(外せない)
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェック)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性あり。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

テスト結果

中央

F2.8の作例が低コントラストで滲んでいるのは、解像性能のピークとコントラストのピークに違いがあるように見えたため(MFで調整した)。コントラストを優先した場合は少し数値が低下する可能性あり。F4まで絞ると「4000」にちかい良好な解像性能を発揮している。ただし、さらに絞っても大きく改善することは無く、最小絞りまで同程度のパフォーマンスを維持。抜群の性能ではないが、安定した解像性能は評価できる。

周辺

若干のソフトさが残るものの、F2.8から良好な解像性能を発揮。少なくともZ 40mm F2よりも遥かに良好であり、小型軽量な広角レンズの接写時としては優れた結果と言える。F4まで絞ると、コントラストが改善し、細部まで良好な解像感を得ることが出来る。ただし、非点収差や倍率色収差が残存しているように見え、わずかに甘く見える。F5.6以降に顕著な改善は見られず、安定した結果。数値が低下しているのはα7R IVのセンサー(ローパスフィルターレス)で偽色が発生し、測定ソフトに影響していると思われる。

四隅

中央や周辺と比べて絞り開放が少し甘く、測定ソフトでは検出不可。ただし、Z 40mm F2と比べると画質は遥かに安定しているように見える。絞ると徐々にコントラストが改善、F8付近でピークを迎える。僅かに倍率色収差が残っているので、問題なければ色収差補正をオンにしておきたい。

数値確認

中央 周辺部 四隅
F2.8 3485 3245
F4.0 3958 3623 2378
F5.6 3881 3798 2840
F8.0 4015 3595 3389
F11 4054 3360 3447
F16 4000 3360 3039

実写確認

絞り開放は少し甘いものの、小型軽量で低価格な広角28mmレンズとしては安定感のあるパフォーマンス。マルチフォーカスにが効いていると思われ、Z 40mm F2の周辺解像と比べると非常に良好。

今回のおさらい

28mm広角レンズとしては安定感のある画質。もちろん、S-Lineに匹敵する性能では無いし、競合他社と比べて抜群に良いわけでも無い。「小型軽量・低価格を考慮すると」と添える必要がある。それでも、コストパフォーマンスの高いレンズに違いはなく、絞り開放「F2.8」で十分ならば28mmレンズの面白い選択肢となるはず。

購入早見表

NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo!
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
NIKKOR Z 28mm f/2.8(簡易検索)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

作例

関連レンズ

関連記事

-Nikonレンズ, Nikon広角レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー, 解像力チャート
-,