「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY標準レンズ カメラ レンズ

ソニー Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA 交換レンズデータベース

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA」の情報を収集しています。

更新履歴

  • 2018.2.21:レビューにFocus Numerique(Samyang 35mm F1.4との比較)を追加しました。
  • 2017.11.23:全体的にページレイアウトを更新
  • 2015.12.4:ページを公開

データベース

購入早見表

Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフトキャリングケース LCS-FEA1
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
フロントキャップ ALC-F72S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
フィルター購入早見表
プロテクト C-PL ND ソフト
X-CAP

レンズデータ

レンズ仕様

型名 SEL35F14Z
レンズマウント ソニー Eマウント
対応撮像画面サイズ ●35mmフルサイズ
焦点距離(mm) 35
焦点距離イメージ(mm) *1 52.5
レンズ構成 (群-枚) 8-12
画角 (APS-C) *1 44°
画角 (35mm判) 63°
開放絞り (F値) 1.4
最小絞り (F値) 16
絞り羽根 (枚) 9
円形絞り
最短撮影距離 (m) 0.3
最大撮影倍率 (倍) 0.18
フィルター径 (mm) 72
ADI調光対応 -
手ブレ補正 -
手ブレ補正段数 -
テレコンバーター (1.4x) -
テレコンバーター (2.0x) -
フードタイプ 花形バヨネット式
外形寸法 最大径x長さ (mm) 78.5 x 112.0
質量 約 (g) 630

MTFチャート

y_SEL35F14Z_mtfline

レンズ構成図

y_SEL35F14Z_lenscomposition

関連レンズ

海外の評価

Sony Alpha Blog

完璧では無いが個性的で魅力的

  • 総金属製の素晴らしいビルドクオリティだがレンズは大きく重い。
  • 絞リングはクリック/デクリックに対応している。
  • オートフォーカスは非常に高速で静かである。
  • シャープネス:α7R III
    ・中央:F1.4から既にvery goodで、絞ると急速に改善しF2-F11まで優れた性能を維持している。
    ・四隅:絞り開放では少しソフトだが、F2.8でとても良好となり、F4-F11で優れた性能を発揮する。
    ・一貫性のあるシャープネスを得るにはF2.8まで絞る必要がある。開放付近で四隅の解像性能を気にすることは無いだろう。
  • 周辺減光はF1.4で目に付くが、F2.8まで絞ると解消する。とても良好なパフォーマンスだ。
  • 歪曲は無視できるレベルである。
  • 色収差は逆光時にF1.4で目立つものの、Lightroomで効果的に補正することが出来る。
  • F5.6まで絞ると美しい光条が発生する。
  • 逆光耐性はとても良好だ。
  • 玉ボケはとても美しく、完璧な円形で柔らかい描写だ。
  • 後ボケは柔らかくクリーミーでシグマ35mm F1.4 Artよりも遥かに優れている。
  • 発色はとても良好だ。自然な色と優れたマイクロコントラストを備えている。

Distagon T* 35mm F1.4 ZAは魅力あふれるレンズだ。

長所:素晴らしいボケ・F1.4・瞳AF対応・ツアイスらしい色とマイクロコントラスト・見事な中央シャープネス・戦車のように頑丈な作り・デクリック対応の絞りリング・非常に高速で効果的なオートフォーカス

短所:価格・重量・絞り開放の四隅・逆光耐性

個人的にこのレンズを買うためFE 35mm F2.8 ZAを手放した。そして後悔はしていない。G Masterほど完璧では無いが、個性と魅力を兼ね備えたお気に入りレンズである。

Admiring Light

至極の広角レンズ

  • 頑丈な金属外装で中程度の重量となる広角レンズだ。
  • フォーカスリングは程よく抵抗感を持ちシルクのように滑らかに動作する。
  • 絞りリングを備えており、1/3段ごとにクリックストップが発生する。リングの抵抗感はほぼ完璧だ。誤操作を防止するのに程よい抵抗感であり、操作を困難にしない程度の抵抗感でもある。デクリック機構によりクリックストップを解除して滑らかつ静かに操作することも出来る。
  • α7 IIとの組み合わせで少しフロントヘビーだが、両手で支えると丁度いい。
  • オートフォーカスはとても高速で静かである。大部分の状況でうまく行くが、暗い場所や逆光時では動作がとても遅くなる。連写時のヒット率は50~60%と完璧では無いが、これは組み合わせたα7 IIが起因していると思われる。
  • F1.4から並外れてシャープなレンズでは無いが、開放からフレーム全域でともて良好だ。無限遠では僅かな像面湾曲により四隅が少しソフトとなる。F2まで絞ると全体的な解像性能が大幅に向上、非常に優れたディテールを得る。さらに絞ると隅々までシャープとなる。FE55mm F1.8ほどでは無いが、私が今まで使っていた35mmの中では最もシャープなレンズの一つだ。
  • コントラストと発色はツアイスらしい特別なものだ。
  • 高いシャープネスを備えたレンズだが、何故かボケも優れている。玉ボケには非球面レンズの影響が見られるものの、全体的にボケ味はとても感動している。
  • 状況によっては前景にマゼンダ、後景にグリーンの色づきが発生する。しかし広角レンズとしては非常に良好な補正状況だ。
  • 僅かな樽型収差なので一般的な撮影では気が付かない。しかし、建築物など直線的な被写体を撮影すると歪曲収差に気が付くかもしれない。
  • 周辺減光は他のレンズと同等だがF2.8で穏やかとなり、F5.6で目に付かなくなる。心配する必要はないだろう。
  • 逆光耐性は良好だ。

長所:優れた質感の頑丈な外装・絞り開放からとてもシャープ・絞るとフレーム全域で並外れたシャープネス・滑らかで心地よいボケ・優れたコントラストと発色・良好に補正された倍率色収差・僅かな問題しかない軸上色収差・フレアの問題が軽微・高速で正確なAF・動画に最適な絞りリング

短所:ミラーレス用レンズとしては非常に大きく重く一眼レフ用よりも大きい・オートフォーカスは低照度で少しハンチングする・パープルフリンジが発生する状況がある・樽型歪曲・高価

FE35mm F1.4 ZAは隅々まで非常にシャープながらツアイスらしい色とコントラストを備えている。さらに後ボケはとても心地よく保たれている。オートフォーカスは低照度で迷うことがあり、歪曲収差や軸上色収差が目に付く場合もあるだろう。しかし、全体的に優れた画質と操作性を考慮すると些細な問題だ。

懸念材料はレンズのサイズと重さだ。コンパクトで優れたFE35mm F2.8 ZAと比べて2段明るいが、代償として重さと長さが3倍・5倍となっている。最高の光学性能を必要とし、カメラバッグの収納性を気にしないのであれば価格に見合う価値を持っていると言えるだろう。

私が使ってきた準広角レンズの中では至極の一本だ。

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon RFマウント RFレンズ一覧表
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
Nikon全般 最大4万円 -2019/10/7 -2019/10/31
EOS R/RP/RF 最大3.5万円 -2019/9/30 -2019/10/15
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/1 -2019/9/17
ツアイス ミラーレス 最大2万円 -2019/8/18 -2019/8/21
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 -2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/1 -2019/9/17
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 -2019/10/15

-SONYレンズ, SONY標準レンズ, カメラ, レンズ

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.