Nikonレンズ Nikon中・望遠レンズ Z NIKKOR カメラ デジタルカメラ総合 レンズ

Xitekがニコン「NIKKOR Z 70–200mm f/2.8 VR S」開発者インタビューを掲載

Xitekがニコン「NIKKOR Z 70–200mm f/2.8 VR S」の開発者インタビューを掲載。2種類のコーティングやZマウントシステムによる強み、プラスチックパーツ使用の理由など、サクッと紹介しています。

NIKKOR Z 70–200mm f/2.8 VR S

Xitek:尼康Z70-200/2.8VR S开发者访谈问答实录

  • ズームレンジ全域でシャープかつクリアな光学性能を実現するためにはZマウント光学システムの利点を最大限に活用する必要がある。
  • 一眼レフ用レンズよりフランジバックが短いため、マルチグループのズーム機構やマルチフォーカスなど、新しい光学システムを構築することが出来た。マルチフォーカスにより最短撮影距離が改善している。
  • 18群21枚のレンズ構成のうち、FLレンズ1枚・EDレンズ6枚・SRレンズ1枚・非球面レンズ2枚を効果的に配置している。
  • SRレンズで特に軸上色収差を補正している。この特殊レンズはキヤノンのBRレンズと効果が似ている。BRレンズは樹脂を使うが、ニコンのSRレンズはガラスだ。
  • コーティングはARNEOコートとナノクリスタルコートの両方を採用している。ナノクリスタルコートはより広い波長と角度で反射を防ぐことが出来、ARNEOコートは垂直に入る光に対してナノクリスタルコート以上の反射防止効果を持つ。
  • ステッピングモーター駆動のオートフォーカスはレスポンスが良く、静かで動画に適した速度と動作に設定可能だ。
  • ズームリングの回転角は従来の70-200mm F2.8と同じ80度である。インナーズームで重心の移動が少なく、トルクは一定だ。
  • 三脚リングの接触面は1.5倍となり、三脚座も1.3倍と大きくなっている。このため、三脚へ取り付けた際の安定感が向上している。
  • 競合製品と比較して、70mm・200mmでの解像度・逆光耐性・ブリージング抑制・コントラストなどが優れており、テレコンバージョンレンズ装着時の解像度も高い。
  • キヤノンはRFマウントで伸びるズーム方式の70-200mm F2.8を採用したがニコンは操作性の維持にこだわり、ズームリング操作時の滑らかさを実現している。Fマウント同様の堅牢性も健在だ。
  • 70-200mm F4で伸びるズーム方式を採用するかお伝えすることは出来ない。しかし、ユーザーの声に耳を傾け、検討してゆく。
  • レンズ側にVR用スイッチがあると便利だ。しかし、撮影用途ごとに異なる手ぶれ補正の効果を期待でき、カメラ側からの操作も容易となっているので、レンズ側にスイッチを搭載しなかった。
  • Fマウントでは使用していないSRレンズなどの追加でより高解像な光学性能を実現している。
  • 外装は軽量化のためにプラスチックを使用している。これはレンズ内部で新しいマルチフォーカスシステムを導入しており、金属パーツの必要性が無くなったためだ。プラスチックだが、高い強度と耐久性を維持できる構造となっているのでプロでも安心して使用できる。

とのこと。
ナノクリスタルコートとアルネオコートそれぞれに強みがあるのは興味深いですね。他社でこのような使い分けをしていると公表しているレンズメーカーは聞かないので、ニコン独自の強みと言ったところでしょうか。確かにNIKKOR Zレンズは強力な逆光耐性を持つモデルが多いので、個人的にはサンセットなどで重宝しています。キヤノンRFレンズと比べて本当にフレアが少ないのです。
一眼レフ用の70-200mm F2.8Eと比べて、SRや非球面などの特殊レンズが追加されています。これが光学性能の向上に一役買っているのでしょうか。非球面レンズにより玉ボケへの影響が気になるところですが、各所の作例を見る限りでは問題無さそう。
高解像・高コントラストな光学性能に仕上がっているためか、背景によって口径食やボケが騒がしく見えてしまう状況があるように見えます。どちらかと言えばハイスピードレンズとしての役割が大きくなったと言えるかもしれません。ポートレートなど柔らかい描写が好ましい時はFTZアダプター経由でFマウントの70-200mm F2.8や単焦点レンズを使う選択肢も考慮したほうが良いかもしれません。

NIKKOR Z 70–200mm f/2.8 VR Sの最新情報を集めるページはコチラ

関連レンズ

一眼レフ用

関連記事

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Nikonレンズ, Nikon中・望遠レンズ, Z NIKKOR, カメラ, デジタルカメラ総合, レンズ
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER