PENTAXレンズ PENTAX標準レンズ PENTAX関連の情報 カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 特許情報

リコーの「APS-C用16-50mm F2.8・18-100mm F2.8」特許出願

【広告】Yahoo!ショッピングでソフトバンクホークス優勝セール開催中

2020年9月24日付けで株式会社リコーの気になる特許出願が公開されています。APS-C用と思われる「16-50mm F2.8」ですね。さらに「18-100mm F2.8」と思われる実施例が含まれています。おそらく実用化されないでしょうけども…。

16-50mm F2.8

  • 【公開番号】特開2020-154286(P2020-154286A)
  • 【公開日】2020年9月24日
  • 【発明の名称】ズームレンズ系、交換レンズ及び撮影装置
  • 【出願日】2019年12月23日
  • 【出願人】
    【識別番号】000006747
    【氏名又は名称】株式会社リコー
  • 【課題】小型化と高性能化と大口径化を図るとともに、長い焦点距離域を網羅し、好適なフォーカシングを実現可能なズームレンズ系、交換レンズ及び撮影装置を提供する。
実施例1 実施例2 実施例3
焦点距離 16.5-48.6 16.5-48.6 16.5-48.6
F値 2.9 2.9 2.9
半画角 42.0-16.1 42.0-16.1 41.9-16.1
像高 14.24 14.24 14.24
実施例9 実施例5 実施例6
焦点距離 18.5-101.9
F値 2.9
半画角 39.0-7.7
像高 14.24

スポンサーリンク

2020年にAPS-C一眼レフ用の大口径ズームレンズの特許出願が出てくるのは面白いですね。既に一眼レフ大手のキヤノン・ニコンは軸足が完全にミラーレスへと移っており、一眼レフ用レンズの特許はとんと見なくなってきました。
今回の特許出願は、既に開発発表されている「HD PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED PLM AW」を想定したものでしょうか?大口径ズームながら小型化と高性能化の両立を目指したものとなっています。
さらに面白いことに、レンズの実施例には「18-100mm F2.8」が含まれています。35mm判換算で「28-150mm」となる幅広いズームレンジを明るいF値でカバーしているのは興味深い。ただし、バックフォーカスが現実的では無く、これがそのまま実用化されることはまずないだろうと思います。

参考:DFAレンズ一覧

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-PENTAXレンズ, PENTAX標準レンズ, PENTAX関連の情報, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 特許情報
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~